蛇之口滝

スポンサードリンク


鈴川 左俣 蛇之口滝
【鹿児島県 熊毛郡 屋久島町 尾之間】

滝の記録

訪問日 2019年5月1日
活動の形態:ハイキング+α / 車
装備:キャニオニア3 撮影機材
感動度:けっこう

①改元

朝、令和改元。

場所は「ぽん・たん館」である。
(大川の滝の翌日)

歯磨き含めて外へ。

朝の時間を利用して、
このところの出費を整理した後、
トローキの滝の昨日との水量差を確認しに行った。

減ってはいる。
しかし、感覚2割減レベルだ。

②鈴川の渡渉

鈴川を橋から行くのではなく、
尾之間温泉からハイキングコースが伸びている。

準備を始めようかというところで、
温泉の女将のような方にお話をいただく。

今、そこの何でもない小川が、
「ゴーゴー」音を立てている。

蛇之口の滝へのルートには鈴川の渡渉がある。

何名もの方が、流されて命を失い、
そうした方がこの温泉口に運ばれてくるのを、
何回も目にされているとのこと。

「無理に渡ろうとすれば、死にますよ!」

と、教えていただいた。

僕らは無理に渡らないと心に決め、
あくまでハイキングに向かった。

③蛇之口滝とは

屋久島最大の滝と言われている。

30m+ナメ状の100mだが、
今回は下から30mを眺めるだけ。

素晴らしい絵が描かれていた。

④おっかなびっくり

そんな、蛇之口。
予想よりも遠かった。。。

そして、下流部、
ゴーゴーとした水量が聞こえてきて、
先に進んでも意味があるのかと思いながら進んでいく。

途中支沢の6mスラブ滝

他にも支沢には滝がかかる。

途中渡渉シーンがあって、
想定よりも明らかに水量が減ったので、
支流だろうと思ったら、やはりそうだった。

その支流にかかる滝

⑤渡渉して滝に

2本目の渡渉こそが、鈴川の渡渉。

しかし、岩は露出しているし、
沢慣れしている人には、全く問題のない水量。

到達。

開けた場にどでんと落ちる幅広の滝。

滝の水量は思っていたよりも少なかった。

曇りの天気は残念。

スローシャッターを切り始めたらすぐに、
雨が降り始めて、そそくさと退散へ。

⑥温泉

途中に書いてあった
「気づきましたか??」
で始まる、地面の岩盤が堆積岩系から
花崗岩系に変わったことをお知らせする看板は
なかなか親切で面白かった。

温泉に戻って、温泉に入る。

何と、ヒルに二箇所やられていた。
足首とお腹だが、お腹は赤紫色に変色。

温泉は200円で猫ちゃんも可愛らしくて、
源泉の掛け流しで最高だった。

しばらく自由時間でくつろぐことに。

⑦雲水峡へ

北沢がダメとなったので、
その北沢の下山ルートの中の
もっとも挑戦的なものとして、

候補に挙げていた、宮之浦川下降を、
雲水峡→辻峠→大株遊歩道経由で
狙いに行くことにしたのである。

午後は雲水峡へ。

スポンサードリンク