滝のグレード分類

スポンサードリンク

情報の整理

滝に関する情報の中で、
わかりにくい箇所というのは、
到達難易度に関する体系的な情報です。

これは、それぞれの滝までの到達に関して、
必要なパラメーターがバラバラなことと

個人ごとに「何」に難しさを感じるのか、
それもバラバラなことが原因だと思われます。

ただ、万人に共通するものでなくとも、
一個人がどう捉えているのかというのも、
参考にならないことはないのかなと思ったので、
以下に到達難易度に関するクラスを分類します。

経験と共に変更が予想されるので、
絶対的なものではありません。

「このグレードを元に、
◯◯滝に行ったが重大な事故にあってしまった」

ということがあっても、
まったく責任はとれませんので、
ご了承ください。

①一般的な滝巡りの領域

レベル1 お手軽滝

観光ついでに行ける滝。
2009~13年頃行くことが多かった。

詳しくはお手軽滝巡りページ

レベル2 ハイキングの延長線上

整備されたコースはあるが、
短くはなく、場所によっては長め。
頑張って歩けばたどり着ける。
2010~13年頃行くことが多かった。

根尾の滝・田立の滝・百尋の滝(東京)・西沢本棚

番外編1 ダートや酷道が厳しい

滝へのアプローチを
開始する拠点に行くまでが大変。

ダート:前川本谷大滝・醤油樽の滝・滝頭不動滝

酷道:轟九十九滝・くろくまの滝(西から)

番外編2 雨後や冬季でレベルUP

雨後:桜江 龍頭が滝・庵座の滝

冬季:田立の滝

②滝屋の世界

ここからは、
少しずつ難易度が上がっていきます。
沢登りのグレードに滝も当てはめていきます。

A 登攀系
例えグレードが低めでも、
登攀系の場所は技術がないと本当に危険です。

B 体力系(沢泊含む)
そのグレードの中で、
特に体力が一番必要な部類。

C ゴルジュ
へつりやつっぱり、泳ぎなど
ゴルジュの通過が核心。

D スラブ
スラブ登攀が核心。

E 高トラ(高巻き,トラバース)
どこかしらの渋いトラバースが核心。

F 下降系
下降ルートで目的の大滝を目指す活動で、
その部分が一番痺れる活動。

G 総合系
各分野の力をバランス良く求められる。

レベル3 中級滝巡り「1級下」

道がないか、わかりづらい。
もしくはあっても、難所があるようなコース。
多少の滝巡りの経験・装備や心の準備、
さらに事前にルートを調べることが必要。
2012年に早戸大滝で初体験。

B 体力系:松見の滝・三条の滝

E 高トラ:伊勢沢大滝・北精進ヶ滝

F 下降系:殺人の滝

G 総合系:グミの滝・大ヘンジョウ滝・早戸大滝・茶釜の滝・常布の滝

レベル4 初級の沢1「1級」

片道が3時間以上かかったり、
クライミングや少し渋いトラバースが必要であったりなど。
2013年釜ノ沢両門滝で初体験。

A 登攀系:小草平・軍刀利沢・雨棚

B 体力系:釜ノ沢両門滝・九蔵川本谷・社台の滝・天女滝

E 高トラ:五ヶ所滝・赤滝(霧ヶ滝渓谷)

F 下降系:赤川御滝(下降ルート)

G 総合系:御来光の滝・蔵王不動滝・双門の滝(遠望)・モロクボ沢・野門沢布引滝・葛葉川本谷・赤滝(阿武隈川)

レベル5 初級の沢2「1級上」

トラバースや下降で
ザイルを出すことが多くなり、
懸垂下降の必要性も増してくる。
また滝の登りも高度感が出て来る。
体力系はさらに長いコース。
2014年に岩屋谷雄滝で初体験。

A 登攀系:水無川本谷・根羽大薙沢・那須井戸沢

B 体力系:東黒沢・鷹ノ巣谷

C ゴルジュ:大常木谷・水根沢

E 高トラ:澗満滝・蓮川布引滝(沢遡行)・二十女沢

G 総合系:岩屋谷雄滝・小足沢大滝・小河内沢雨乞滝・矢納谷(コーリン滝)

③沢屋の世界

ここからは、
さらに厳しい世界となり、
常日頃からの修行が必要になります。

レベル6 初~中級の沢1「2級下」

かなり難しい難易度の滝巡り。
厳しい登攀・体力・下降と登り返し・スラブ登攀など。
2014年に豆焼沢で初体験。

A 登攀系:赤岩沢大滝(無雪期)・鳥屋待沢右俣・竜喰谷(曲り滝直登)

D スラブ:米子沢

F 下降系:双門滝壺・九階滝直下

G 総合系:豆焼沢両門の滝
(間隙を縫う高巻きと冷水シャワー、8kmを越える下山路)

レベル7 初~中級の沢2「2級」

登攀・ザイルワーク共に確かな技術が必要。
体の柔らかさ等も十分保っておく必要がある。
下降もシビア。
2015年巳ノ戸谷で初体験。

A 登攀系
・川苔谷逆川:2段10mのF1の落ち口への一歩はえげつない。後半の滝も登るなら要ザイル
・日原川 巳ノ戸谷:忌山の悪場の通過が険しく、下山も難しい。

C ゴルジュ:小川谷廊下

F 下降系:篠沢大滝滝壺(到達した場合)

レベル8 初~中級の沢3「2級上」

油断ならないスパイシーな世界。
2016年に初体験。

E 高トラ
・戸倉谷V字滝

レベル11 中級の沢3「3級上」

総合的な力が試される中級沢登りの世界
2016年に初体験。

G 総合系:中津川(白滑八丁~詰めまで)
体力・登攀・泳ぎ・トラバース・高巻き等あらゆる要素がハード

スポンサードリンク