滝好きに滝に誘われた時に、持っておくと良いもの

スポンサードリンク

執筆日時:2019年2月18日

①様々な良い点

今回は滝好きに滝に誘われた時に、
持っておくと良いものをまとめてみます。

滝好きの人は、
いろんな魅力のある「滝」に関して、
紹介しようしているあなたに、
様々な良い点を存分に味わって欲しいと、
そう思っています。

それで実際問題、
運動神経とか、体力とか、
そういうのももちろんあるんですが、
それはさておいて、

あの、アイテムさえ持っていれば、
こんな滝にも紹介できるのにな。

とか、あの滝の魅力を、
より体感できるためにも、
このアイテムあったほうがいいよな。

みたいなものがあるんです。

なので、あなたがもし、
そういうものを全て揃えてしまったりすれば、
すごーく誘いやすい
んですね。

なので、そんなものを少しだけ紹介します。

②足回りと水のフィールド

スニーカーでいいよ。
軽登山靴でいいよ。

と言いたいんです。本当は。

それでいける滝も多い。

ただ、滝というのは
そもそも水であり、
水に濡れる可能性がある場所です。

そういう「水のフィールド」に、
向かっているのに、濡れたくない!
濡れてしまってはいけないというのは、
そもそも不自然なところがあるんです。

滝に行くまでの道中もそうですが、
着いた後の滝前の過ごし方も変わってきます。

じゃぶじゃぶと
滝壺から流れ出る水流に足を浸らせたり、

様々な角度から
滝に接近して姿形を眺めることができます。

③沢靴がお勧め

それはなんなのかっていうと、
いくつかパターンがあって、

・沢靴
・スパイク長靴
・マリンシューズ

があります。

スパイク長靴は履くのが簡単なのが長所ですが、
一旦浸水するとおしまいです。

マリンシューズは海用ですが、
くるぶしの辺りが無防備になり、
滝では怪我のリスクがあります。

なので、僕がお勧めするのは
「沢靴」です。

沢靴というのは、裏底がフェルトソールか、
ゴムソールか2種類あるんですが、
最初はどっちでも大丈夫です。

そして、沢靴専用の靴下と、
足首を保護する「スパッツ」を
セットで購入します。

足に合うものが良いので、
必ず実際にお店で履いてみてください。

「私、沢履持ってるよ!」なんて言ったら、

滝のお誘いが殺到するかもしれません笑

デメリットは着脱が、
他の靴よりもやや面倒なことです。

スポンサードリンク

④万が一とヘルメット

ヘルメット??

そんな大げさな!!

私はそんな危険なところにはいかない!

と思われたかもしれません。

えっと、 これは滝好きの気持ちに
なってもらいたいのですが、

紹介する以上、万が一が怖いんです。

僕は今までたくさん
滝巡りをする日がありましたが、

正直、ヘルメットに助けられたシーンが
2~3回はありました。

でもそれは、ハードな、
沢登りの世界での道中を散々こなした、
一シーンだったりとか、

それこそある程度
危険なことをしている時の話です。

初心者の方を紹介するような場所の、
目の前で起こったことはありません。

⑤今日も滝道が始まる

しかししかし、
大自然が相手なので絶対はありません。

そんな時に、

「ヘルメット持ってるよ!」

と言う人がいれば、
すごく誘いやすいんです。

万が一の、落石で頭が守られるから。

千に一の、ずってんころりでも、
頭が守られるから。

後、ヘルメットをつけると、
なんだか気持ちが引き締まりますよ。

すっと落ちついて、
今日も滝道が始まったな」と思ったりもします。
(誰もがそうとは限りません)

ちなみに僕は1個であれば、
紐が切れてガムテで固定したメットを貸せます。

⑥ゴム手と気づき

足回りと、ヘルメットに比べたら
かなり優先順位は下がりますが、

ゴム手袋があると、
茂みで手を切ったりしないので安心です。

この記事を書いていて気づいたこととしては、

自分が「安全、安心」って準備していくことが、
実は他人の、安心につながっていく
んだ。

いうことでした。

今回は厳選に厳選して、
上記3点を紹介しましたが、

余裕があれば、是非どれも揃えてみてください。

スポンサードリンク