玉簾の滝

飽海 玉簾の滝
—【山形県 酒田市 前田】—

スポンサードリンク

コメント

高さがある滝です。

後ろの柱状節理と水のスダレ
がいい調和を見せていました。

滝の記録

訪問日 2013年10月19日
活動の形態:お手軽/レンタカー
感動度:けっこう~かなり

①飽海郡

飽海郡(あくみぐん)とは山形西北部のエリアで
現在は遊佐町だけを含んでいますが、

明治期には
現酒田市の一部を含んでいました。
(この滝がある地域)

そんな旧飽海地域で
三名瀑と言われた滝の1つが玉簾の滝です。

元滝の続きです。

そんな玉簾の滝ですが、
滝がある所在地しか調べず、

まったく予備知識がないまま訪れました。

②高簾の滝

よく整備された駐車場から歩きます。

滝名の「簾」という言葉はもっともです。

やや太めの幅をもつ流れが、
50mの宙を舞いながら落下します。

奥入瀬の双竜の滝を高くした感じで、
雰囲気は双竜のほうが好きですが、
迫力はこっちが優っています。

「玉簾」よりも
「高簾」のほうがしっくりくる感じです。

GW連休・8月のお盆には
ライトアップがされ

夜に訪れるのも一興です。

③一日の終わり

この後は、同じく三名瀑の
十二滝に行きました。

そちらも素晴らしい滝で感動しました。

翌日は白糸の滝からです。

アクセス

徒歩の場合:
羽越(うえつ)本線「遊佐駅」から
徒歩200分前後(14.7kmの道のり)

スポンサードリンク


滝色へ戻る