壇鏡の滝

壇鏡の滝と隠岐の滝
—【島根県 隠岐郡 隠岐の島町】—

スポンサードリンク

コメント

この島は100選があるから訪れました。

壇鏡の滝が100選に選ばれていたからこそ
隠岐の地を踏めました。

フェリーだったり、
離島のレンタカーだったり、
壇鏡の滝の夫婦杉だったり、
振り返ると貴重な体験でした。

滝の記録 〜雨後の姿〜

訪問日 2013年7月5日
活動の形態:お手軽/レンタカー
感動度(壇鏡):かなり

①隠岐の島へ

松江→七類港と移動した後、
フェリーに乗って隠岐の島に向かいました。

フェリーは約145分かかります。

隠岐の島には100選の壇鏡(だんぎょう)の滝など
いくつか見応えのある滝があります。

夜明けまで雨が降っていたので、
水量に期待しつつ、向かいました。

(隠岐でレンタカー利用)

②雄滝(おだき)と雌滝(めだき)

県道44号沿いを進んで、
その後、滝を目指した方が迷わないそうです。

大きな木が入口です。
(壇鏡の滝の夫婦杉)

滝までは徒歩4分くらいで、
途中に大きな水たまりができてました。

突然視界に2つの滝が入ってきます。

実際にはちゃんと
2つの滝を同時に見れます。

③風にたなびく

まずは雄滝へ接近。

壇鏡の滝が100選に選ばれているのは、
歴史的な理由に加えて雄滝が大きいと思います。

ただ普段は水量が少ないようで、
落胆の滝レポートも散見されます。

しかし、

水量は非常に豊富
吹きつける風に流身をたなびかせていました。

さらに裏側へ!

裏側から見れる滝の流身はかなり高く
爽快な景観です。

裏見の滝としてのレベルが高かったです。

水量が多い雨後に訪れたいですが、
離島なのでそう簡単にいけず、

組んだスケジュールが
雨後に重なるかの運次第
になると思います。

④雌滝

雌滝も水量豊富でした。

予想を越える滝の姿がうれしかったです。

⑤そのほかの滝へ

実は島での滞在予定時間はわずかの3時間半。

急いで他の滝に向かいます。

【那智の滝】

油井地区にあります。
はるか高い場所から豪快に落下する
上部のみ見えました。

接近中に道がダートになったので
断念しました。80m以上ありそうでした。

【白糸の滝】

44号を五箇方面に進むと
正面に見つかりました。

普段は涸れ滝だそうです。

【深浦滝】

白糸滝を見てすぐに
右側の視界に入ってきます。

深浦滝は熱帯っぽい雰囲気で、
なんだか面白い滝でした。

もっとゆっくり
この滝に対峙していたかったんですが、
船の時間が迫っています。

3時間でかなりギリギリでした。

短い時間でしたが、
現地の方といろいろ話すこともでき、
濃密な隠岐の島となりました。

翌日は寂地峡五竜の滝です。

アクセス

Step1 隠岐の島へ
Step2 レンタカーを借りて滝へ
(名称を打ち込むと集落を通る
分かりづらいルートを選択するらしいです。)

スポンサードリンク