白糸の滝

峯の白滝
—【秋田県 大仙市 協和峰吉川】—

スポンサードリンク

滝の記録 〜古風な滝〜

訪問日 2013年6月24日
活動の形態:お手軽 / レンタカー
感動度:あまり...

①遠征の最後に

回顧の滝の後、
秋田駅に向かう中で

地図に記載があって、
わりと簡単にいけそうな
白糸の滝というのを訪れました。

荒れた道もそれほど長くなく、
比較的簡単に駐車スペースに行けました。

②歴史的な滝

この滝は観光秋田30景
というのに選ばれていますが、
知名度はかなり低いと思います。

しかし、
菅江真澄が1826年に訪れたそうで、
歴史ある滝です。

到着すると行政の方
今後、整備を行うために
現場に調査に来られていました。

滝までの200mの道に動物の
巨大なフンが落ちていた
とのことだったので、

念のため熊対策をしていきました。

③古風

意外と落差はありました。

28mくらいです。
水はかすかに流れていました笑。

渇水状態で今回は景観が微妙でしたが、
あまり人が訪れない歴史的な滝に来たことで、
若干テンションが上がりました。

また水量が多ければ、
全く違う見応えがある滝になると思います。

菅江真澄に関しては
もっと調べてみようと思います。

秋田駅に戻って遠征を終えました。

第二次秋田青森遠征まとめ
1日目:秋田駅→大柄→青池→白神ライン→くろくま
2日目:松見→双竜→湯ノ又→弥勒→不動→湯瀬
3日目:茶釜→抱返渓谷→白糸→秋田駅

松見と茶釜が体力どころですが、
核心は白神ラインの運転だったかもしれません。

アクセス

徒歩の場合:
Step1 奥羽本線「峰吉川駅」から徒歩33分前後
(約2.5km)の道のりで駐車スペース。
Step2 駐車スペースから5分ほど歩く。

スポンサードリンク


滝色へ戻る