越後湯沢 滝沢不動滝

大ゼン・小ゼン
—【新潟県 南魚沼郡 湯沢町 湯沢】—

スポンサードリンク

地図

滝の記録

訪問日 2016年9月4日
活動の形態:お手軽~ハイキング/レンタカー
感動度:まあまあ

①越後湯沢へ

米子沢から始まった2日間の新潟も、
この場所で終えることになります。
(善根の不動滝の続きです。)

堰堤の近くまで車で進めて、
そこからは徒歩。

途中分岐があり、
右に降りていくのが小(こ)ゼン。
左に登っていくのが大(おお)ゼンへの道です。

②大ゼン

大ゼンは落差16m程。

水量が多いと2条に割れ
この写真の滝(左側)が男滝、
右側に現れる流れが女滝だそうです。

観光地であり
ちょこちょこ人は訪れています。

③小ゼン

小ゼンは大ゼンの滝への
道の途中でも見下ろせます。

分岐に戻って右へ...

普通の靴だとこのあたりで眺めます。

比べてみて落差はそう小さく感じません。
渓流と合わせた流れはなかなか良かったです。

帰路につきました。

④まとめ

新潟県は百選として、
2012年に1日(苗名),
2013年に2日(惣滝鈴ヶ滝)。

それに加えて沢を1日。
お手軽滝を1日ぐらいでは
全く掴めない新潟県の滝々。
(実働5日 42本)

もちろん、百選の3本が
中心であることは間違いないですが、
米子沢は満点に近い沢登りで、
そうした沢を中心にしながらも、毎年新潟県で
フィールドワークを重ねて行きたいです。

アクセス

徒歩の場合:
越後湯沢駅から徒歩10分程度で駐車スペース
そこから7分ほどで分岐。
左が大ゼン・右が小ゼンへの道。

スポンサードリンク


滝色へ戻る