箕面の滝

箕面の滝
—【大阪府 箕面市 箕面公園】—

スポンサードリンク

滝の記録〜鮮烈な紅(あか)〜

訪問日 2012年12月1日
活動の形態:ハイキング/電車
感動度:けっこう

①滝に行くまで

大阪の名所で、
大阪随一の名瀑だと思われます。

箕面公園内にあります。

午前中に金引の滝、天の橋立を見た後、
延々と電車を乗り継ぎ、
(宝塚、石橋乗り換え)箕面駅に到着。

土曜日でしたが、
大勢の人が滝を目指して歩いていました。

駅からは明確な道が延びていて、
30〜50分くらいのハイキングとなります。

滝から徒歩10分程度のところに
駐車場があるので、車のほうが便利です。

②滝をみた感想

ついたらやはり大きく、
落差は30m程度
でした。

滝壺はかなり広くて、
夏だったら泳ぎたいような場所でした。

むかって右側にある、
赤い葉っぱが滝に彩りを与えていて、
美しかった
です。

12月になっていたのですが、
紅葉が見れて良かったです。

思っていたよりも立派で良い滝でした。

③その後

通り道では、
名物【もみじ天ぷら】が売られています。

このあと、

箕面→石橋→梅田
御堂筋線→なんば→道頓堀

と道頓堀を訪れ、
おいしいタコ焼きを食べれて幸せでした。笑

翌日は早朝大阪から神戸に電車移動し、
布引の滝へ向かいました。

④箕面の滝、人工論

箕面の滝は人口の滝に
なってしまったという話があります。

すごく、平たく説明すると、
工事によって、箕面の滝へ流れる水の一部が、
滝へ十分流れなくなり、
滝の水量が減ってしまって、

市がお金をかけてポンプで汲み上げて
なんとか滝の水量を維持しているという話です。

箕面市ホームページ

水量が減ったと報じられた年は
年間の降水量が少なかったようなので、
この人口論は完全なデマのようです。

アクセス 電車+歩き

Step1 阪急の石橋駅→箕面駅
Step2 箕面駅から徒歩35分〜50分で滝


滝色へ戻る