西丹沢 悪沢の滝

スポンサードリンク


悪沢の滝
【神奈川県 足柄上郡 山北町 中川】

コメント

白水沢の転倒から1ヶ月半。

ようやく、違和感が小さくなってきて、
沢に戻りたくだなってきたこのところ。

今年も大活躍だった、
滝ペーさんのお誘いを受け、
丹沢に向かうこととなる。

滝の記録

訪問日 2019年11月16日
活動の形態:2級上沢登り(2人)/ 車
装備:8.0mm×30m (1本), 沢足袋, 撮影機材(三脚含む)
感動度:まあまあ~けっこう

用語集

訳のわからない言葉が多い場合はこちらを!

①失態

朝、目覚めると凄く違和感。

滝に行くはずだが、
異常にぐっすり睡眠できた感。

これは!!

と思って、時計を見ると、
5時45分。約束の時間を45分過ぎていた。

機内モードをオフにして、
通信を確認、1分前に電話があり、
急ぎ、コメントし、準備。

滝ペーさんは快く待っていてくれた。

まだギリギリ丹沢は間に合いそう。

②拠点

今回の悪沢は駐車地点が肝要。

丹沢湖より北側の、
自然教室へ向かう道は広くなく、
悪沢入渓地横に良いスペースがある!

と思って、出発始めたら、
そこは、工事用車両の拠点地でダメとのこと。

北側少し広めの邪魔にならない場所へ移動。

遡行を開始した。

③中規模の滝

最初の滝は人工物多し。

左から見下ろす。

次の滝は、暗い中、大きく落ちる。

20m級の滝

再度離れて。

右からシビアに登れるかもしれない。

が、極悪が予想されるので、左巻き。

白い

20m級の滝 (その2)

こちらも見事でびっくり。

滝ペーさんが登ってみたが、
階段状の下はともかく、上段はハング気味、
シャワーありで厳しそうとのことだった。

僕を鑑賞した場所から
すぐの崖を登り始めたが、
この崖が最悪。

ボロボロボロボロと崩れ続け、
次の一歩に足が伸びない。

姿が見えない僕に、
滝ペーさんから笛音が届くが、
悪すぎて通過に時間をかけてしまった。

悪い崖にいると、
自分の呼吸を感じることができる。

今、たしかに生きているんだなと
実感することができるが、
推奨されるものではない。

右巻き。

④悪い沢のナメ小滝

そうこうすると、
悪沢のナメ小滝エリア。

先日の台風の雨もあったのか、
ネット時期の内容よりも沢が綺麗。

快適に進んで行ける。

⑤掴んで乗り込む

そして奥まったところに、スラブ滝。

後藤さんのトポによれば、
右側凹角がIV+~V-。

突破は、できるのだろうか。

カメラを預けて挑戦させてもらった。


出だしはフリクション。

そこからは、カチが2~3だが、
ジム課題のものよりは容易い。

踏み込み系にて体をあげて、
下からも見えた残置ハーケンで、
ランニング支点を取る。

(滝ペーさん ご提供)

そこからさらに繋いで、
スラブが続く滝頭は避けて右へ。

唯、この抜けきるところが、
ホールドスタンス共に悪く、
時間を要した。

木でビレイ解除。

なかなか緊張感があるルートでした。

スポンサードリンク


⑥太もものしなやかさ

そうして滝は続き、
お次は2段8m滝。

フリーで上段近くまで行くも、
ハングした上段が難所。

一旦僕が下に降りて、
ビレイ役に入り、滝ペーさんがトライ。

トラバース、さらには
アブミでの突破を試みるが、
どうも難しい様子。

僕もトラバースを試したところ、
課題が何を求めているのかはわかった。

しかし、右手スローパーに重点を移し、
耐えきるためには、
両足太もものしなやかさ、筋力が必須。

これはケガで沢を1ヶ月以上休み、
ボルダリングも、4ヶ月サボっている身では、
とても厳しかった。。笑
(後藤さんによればこちらも IV+~V -)。

右巻きは沢慣れしていれば、簡単。

⑦滝はつづくよ

7m Y字滝

それからは小滝が連続する。

通過に困るところはない。

少し広い場の屈曲部に、
3段25m滝がかかっている。

水は少ないが、少し良い場所だった。

下部、傾斜は立っているが、
スタンスホールド豊富(III+)。

上はスリップにだけ気をつける。
ロープは使用しなかった。

この後も滝は連続し、水が枯れてから、
詰め上がるまでの距離は短い。

スラブ滝は真ん中を

1.5kmほどの沢なので、
大変コンパクトな凝縮された気分を味わえた。

⑧愉快な下山

下山はぐるっと回って、
大滝沢と箱根屋沢の中間尾根から下山。

途中に見えた噴煙は箱根。

紅葉

最後の方は、
両側2m以上の薄暗い竹やぶの中を、
30m弱進む箇所があって、肝試し気分。

最後は、法面(のりめん)スラブの上に出て、
ここが一番の難所なのか?!とビビるも、
すぐ左に道が繋がっていて、終了。

完!!!

⑨その後

特に寄り道はせず、帰路へ。

滝ペーさんとは
某登山サークルの話で盛り上がり、
また、車内にて沢尻氏逮捕の衝撃に驚く。

滝めぐりにも中毒性はあるが、
人の脳というのは多重人格的な構成。

いったい、どいつに、
自分の主人格の主導権を握らせるのか。

そこに関しては、
全ての滝好きが一度、
考えてみてもいいかもしれません。

⑩まとめ

悪沢は、悪かったけれども、
コンパクトで白くて、個人的には、
綺麗度でも満足。

「沢登り」という領域に、
久しぶりに戻ってこれたこの日。

体の動きそのものは悪くなくて、
スタミナ面も、そこまで落ちてなくて、
まあ良かったと思ったら、どんどん寒ってきて、
オフシーズンに。笑

IV級以上のクライミングというのは、
自分には無理だと昔は思ってましたが、

現場で経験を積み、
ボルダリングも頑張っていけば、
全然可能なことでした。

スポンサードリンク