障子ヶ瀬 雲間の滝 連瀑帯

スポンサードリンク


雲間の滝 連瀑帯【長野県 松本市 安曇野】

用語集

訳のわからない言葉が多い場合はこちらを ↓↓↓

SUMMARY

雲間の滝は秘瀑のクラシックルート。

連瀑帯の中の世界はあまり知られていないが、
一部要塞のようにピリリとした世界が存在する。

滝の記録

訪問日 2020年8月16日

活動の形態:中級+α滝めぐり+沢下降(単独) / 車

装備:7.5mm×50m, 8mm×50m, ミラーレス一眼(広角), 三脚, 沢タビ(フェルト)

感動度:かなり~限りなく

①雲間の滝へ

家をスタートして20分運転したところで、
ナイフを忘れたことに気づく。

今回はナイフがないと死ぬかもしれないので、
引き返すことにする。

長野は最近縁遠いところで、
ここはだいぶ遠い距離に感じた。

障子ヶ瀬。レポートは、
「瀑へ」と「滝の引力」を
参考にさせていただいた。

雲間の滝下流部にあるという
連瀑帯の見学も視野に入れています。

兵庫のTAKUさんが
以前見に行ったというのを、
聞いた気がするも、

あえて詳細は確認せずに、
お楽しみにということで向かいました。

②障子ヶ瀬に入渓

チェーン交換場を拠点に、
トンネル手前の足場から梓川へ。

道なりに進んで支流の障子ヶ瀬に突入。

堰堤を右から2つ越して、
壊れた堰堤を過ぎると右側に支流が流れ込む。

5m滝

これを左から越えながらそのまま尾根へ。

③地図読み、ガレ場

それぞれ微妙にルートが異なっているが、
それは人それぞれ。

途中崩壊地を通った。

最初から高めに行ったほうが安全。

僕は途中で連瀑帯に接近し、
連瀑帯を高巻きするような形で到達。

④快晴を新三脚で!

明るい二段の滝。

「有名な秘瀑」に訪れられて嬉しい。

今回から新三脚、レオフォトを導入。

箕面の滝と、池郷ゴルジュぐらい違う

と、パンダさんに教えて頂き決意したが、
やはり、間違いのない買い物だったと思う。

写真のブレが少なくなった。

上段を上から...

余力と経験のある人は、
ぜひ上段滝壺にいきましょう。

今回はこの後の、下降もあったため、
行く気力が起きなかったです。

⑤ゴルジュスタート

すぐ下は水流沿いだとハーケン支点になるため、
中間尾根から木をつたいに降る。

最後に、次の滝の懸垂支点も兼ねた木を確保。

50mロープを1本分では下まで届かず、
2本連結体制とする。
スリングをナイフで切って、
ロープの回収をスムーズに仕立てる。

降りて、屈曲部の滝の撮影に向かう。

明暗差が強く、
上部の雲間の滝は白飛びしてしまう。

⑥35m滝

滝の下降は、
水流に揉まれると大変なことになりそうなので、
なんとかスラブ沿いに避けて、下降。

これが連瀑帯の高巻き中に目撃した、
威圧感ある大きな滝に間違いない。

倒木まみれの荒れた滝下で、
ロープ回収後下流側へ移動。

この滝は撮影の画角やポイントを、
なんだか間違えてしまったようで、
印象的な姿を残すことはできなかった。

⑦2段40m滝

沢は下流で屈曲した途端、
トイ状の10m滝がスタート。

さらにその滝は間髪入れずに、
飛瀑と化し、視界が開けていた。。。

ここは右岸側の樹林帯から懸垂を試みる。
ぱっと見の高度感は30mあり、
50m一本では微妙に足りないと判断。

先ほどと同様に連結して、懸垂。

ここは木が多かったため、
スリングに加えてマイロンを使用。

滝というよりも単なる樹林の壁を降りたという、
面白みにかける懸垂ではあったが、
無事下降、回収に成功する。

シンプルな、飛沫系。

滝前は意外と飛沫が飛ばない安息地があり、
ゆっくりと息を整えることができた。

日が全体に当たらなくなってきていて、
明暗差も強く、撮影条件はよろしくない。

⑧3段の滝

すぐ下はなんと壊れた堰堤と一体化した、
8m滝となっている。

左岸のガレ場を
バイルを使用して慎重に移動し、
クライムダウンして下へ。

その下には3段の段瀑が待っている。

ここは右岸からロープ一本で
下降開始。

1番上の段

2段目

落差で見た場合
3段25m程度のはずなのだが、
斜めに長さが出るため、
上二段分で長さが尽きる。

最終段は左岸から
巻き降りる取り付きが悪かったので、
大きな倒木を支点として懸垂を仕掛ける。

3段目

回収ができて安堵。

⑨下って終了

5m滝の下流部は開けているのが見えるので、
ゴルジュはここまでかなという感じ。

5m滝は左岸のクライムダウンが悪く、
右岸のややもろい溝状を慎重に降った。。
(丁寧に行くならロープを下ろすべき)

しばらくで支流が合わさって、
GPSを確認したところ、行きの分岐と一致!

あとは少し小石を拾って、
車へと帰還した!

ログ

⑩迫る時間

この時点でまだ14時前後であったため、
時間には余裕があり、少しずつ帰路へ。

八ヶ岳PAで見た入道雲

ところが、小仏周辺で17km渋滞が発生。

レンタ返却期限が危うくなってきたため、
上野原-調布間を下道走行するなど奮闘。

事前連絡もあって、
少し待ってくれていて、
帰還するや否や、
大勢の女性スタッフが一斉に出てきて、

車の処理を手厚く、
重要顧客のように扱ってくれたのが、
初体験でした。

【今回のジオ】

障子ヶ瀬は崩壊が激しいところなので、
剥き出しの角ばった石も多い。

特に礫岩や火山礫凝灰岩系が多かった印象で、
石英の塊のようなチャートが見られました。

⑪まとめ

POINT

①雲間の滝はそこまでタイプな滝ではなかったが、青空で良い風景

②雲間の滝の連瀑帯は、異常な難易度の危険空間とは言えない。

③2段40m滝から雲間の滝に至る区間は要塞の渓相で側壁が発達。

④沢下降は支点工作とロープ回収が命。

⑤レンタカー屋の女性スタッフが総出で対処してくれたのは、僕によって発生した残業を直ちに終了させるため。重要顧客ではない。

沢遡行の場合、
直登は絶望的でも巻きはなんとかなりそうな
そんな地形が多かったです。

スポンサードリンク