池郷川 ネジ滝

スポンサードリンク


池郷川 ネジ滝【奈良県 吉野郡 下北山村 上池原】

用語集

訳のわからない言葉が多い場合はこちらを ↓↓↓

SUMMARY

HP『紀伊半島の滝』で見た強烈な世界。

今回、パンダさんご案内の下、核心部のネジ滝ゴルジュに突入した。

滝の記録

訪問日 2020年8月9日

活動の形態:キャニオニング(4人) / 車

装備:7.3mm×40m (2本), ミラーレス一眼(広角), 三脚, 沢タビ(フェルト)

感動度:限りなく~異次元

①IKEGOへGO

本日も晴れ。

昨日の洋服はあまり乾いていない。

きなりの湯周辺から、
池郷川はあまりにも近い。

下山予定地に一台車をデポし、
林道終点まで。

そこからしばらく林道を進み、
カーブミラーの地点で踏み跡を辿る。

川に降り立つとそこは支流の大又谷。

堰堤の上で、体を冷ます。

堰堤の下

②大又谷の景色

大又谷は素晴らしい景観で
僕らを迎えてくれた。

渓相

3条3m滝

大岩

可愛い岩

極端に難しいところはないが、
どの風景も印象的、胸に迫る。

テトリス岩

時に泳ぐ!

ひこさんがひょいひょいと登ったと言う、
クラックは登れなかった。。。

さすがひこさん!

③池郷の静寂

池郷川に合流!(上流を見て)

ここで小休止。

しばらくは本流を下降。

やがて顕著な地形となり、飛び込む。

2段2m滝

そこは、ネジ滝の上であった。

下に人の姿が!

遡行者である。

この圧倒的ゴルジュに挑む沢屋さんは、
どうやら3名のよう。

④ネジ滝の降下

交錯をしないように、
滝のすぐ近くではなく、
右岸側を岸向かってまっすぐ降りるルートへ。

沢屋さんは人が立てるバンドに、
支点をとって、登り始めている。

ここは僕が先行したが、
この面に人が立てるスペースはない。

滝壺にドボン。

そこからロープ解除して、
岸に向かって泳ぎ始めたが、
ロープが体に絡まってきてしまった。

足をばたつかせて、
なんとか解除しようとするも全く無効で、
だんだん体が沈んできた気がする。

命の危機を感じながら滝側に戻っていくと、
2番手のアンさんが降りてくる。

アンさんに絡まったロープを解いてもらって、
ようやく岸に向かって泳ぎ始めた。

岸につくことに成功。

アンさんが到着

はんぺんさんもこちらへ。

⑤交錯と回収

今回ロープ回収を考えると、
特殊なロープテクニックを使うか、
滝壺の直前で立てるスペースが必要だったが、

パーティとしてそこの選択を
曖昧にしてしまった。

2本のロープが滝壺で絡まり合っており、
このままパンダさんが同ルートで懸垂したら
ロープの回収は不可能になる。

みんなで合図して、右に移動してもらって、
3人目の沢屋さんが残るバンドに向かって、
降り立っていただいた。

そこでのロープの絡まりを解く作業は、
見てるこっちも心が折れそうになる程、大変な行程。

パンダさんには負担をかけてしまった。

この最中、遡行者と下降者の双方が、
笛を吹かせあったので、どっちの合図だか、
わかりづらい状態が生じてしまった。

はんぺんさんが再度滝壺を泳いで、
ロープの半分側を持って引き上げてくる。

ネジ滝での一件は、
今回の僕らパーティの活動で最大の反省点となった。

全員集合

⑥滝の前にて

エバーグリーンの滝壺をたたえた、
ネジ滝は荘厳な風景。

正面からの撮影では、
ゴーストが発生して、
全く対処できなかった。

日当たりの最高条件は過ぎていた。

とんでもない風景

スポンサードリンク


⑦池郷の圧倒的ゴルジュ

そして降っていく。

泳ぎ流される。

7mの滝上からは懸垂下降が必要。

この7m滝周辺のゴルジュは、
あまりにも凄く、はっきり言って、
屋久島の宮之浦川の僕が知る領域を凌駕していた。

支点を付け足して、降ったのち、
迷路のような岩の間を通過して、
岩のブリッジへ。

橋から振り返る

そこからジャンプは危険なので、
CSの隙間を支点として懸垂下降。

ここは、懸垂のスタート地点に移動するのが、
結構危険なエリアでした。

懸垂の距離自体は短い。

⑧ゴルジュ出口のジャンプ

ちょい泳ぎを交えて降っていくと、
岩の上に出る。

この岩が微妙な傾斜で結構滑る上に、
先頭で行ったアンさんによれば、
降りる場所を間違うと、
下の岩にぶつかると言う。

それがかなり恐怖で、
落差はそんなにないけれども、
変なところで滑って、落ちて、
岩に強打したくないと言う気持ちが、
一歩を躊躇させる。。。

5分ぐらい情けない感じだったが、
丁寧に先端付近まで近づいて、
えいやとジャンプ。

無事ドボンに成功。
メンタルが試される箇所でした。

⑨池郷が終わってしまう...

あとはひたすら美しい池郷川の一幕。

「ああ、池郷が終わってしまう。。。」

石ヤ塔

美しい

この先、沢屋さん(?)が
ツェルトを張っていた。

不動滝ゴルジュを突破されたんだろうか?

僕らは左岸巻きに入る。

⑩下山の遅延

このあたりでパンダさんのペースが落ちる。

極端に遅くなり、原因はわからない。

徐々に日は落ち始めて、
ヘッドライトを装着する。

パーティにも焦りが生じてきて、
暗闇で渡渉できなければビバークか?
と言う雰囲気にもなってくる。

しかし、モノレールのトロッコがあって、
そこを辿って降りて行ったら、
なんと橋があった。

これを渡ったところで、
あとはモノレール沿いに上がるだけだと安堵。

大休止の中、カップ麺類を食べようかと、
お湯を沸かす準備をしていたが、
その作業の最初には僕も視認した、
アンさんのガス缶が忽然と姿を消してしまった。

これでは何も食べられず、夕食は断念。

お風呂と夕食時間はもう過ぎている。

⑪濃い時間

僕は一番後方。

パンダさんは必ず復活するでしょう。

しかし、同時に
死に近づいていることもまた事実。

と言うか、僕らは全員、
毎日、そして毎日、死に近づいている。

そんなことを背中から感じていた、
数十分間の密度は人生の中でも濃かったです。

パンダさんにお話を聞くと、
どうやら加齢に伴って
一般的に現れる症状の一現象として、
体温の調整機能が狂ってしまっているようだった。

そのため、泳ぎで今まではありえない
体温低下を感じられたと言う。

昨今のテレワークの弊害として、
運動不足も原因としてあるのだろう。

コンパスに提出した緊急連絡先への
「下山できていません通知」は、
深夜の24時。

このラインは越えたくないところ。

そのため、パンダさんのザックを、
僕がお腹側にしょってみたところ、
幾分パンダさんも元気を取り戻し、
ぐぐぐぐぐっと高度を上げていく。

モノレールを上り切り、
22時40分にはデポの車に到着!

完!!!

⑫SOUMEN

僕とアンさんはここでお先に着替えつつ、
お二人が林道奥の車へ向かう。

合流して、スポーツ公園へ。

時間的に飯やが完全にしまっていたのだが、

なんと、昨日僕が買っていた、
「そうめん」があるではないか。

そうめんとダシを買っていたので、
それを茹でたり、カップ麺系や一部パンを出し合って、
皆さんで餓死を防いで、疲れを癒しました。

翌日は市老谷です。

【今回のジオ】

池郷川は白色の砂岩・泥岩の小石が綺麗。

そして白に薄く青い色が混じっている紋様が多く見られます。

今後ジオ知識がついたら、訂正が予想されます。

⑬まとめ

POINT

①ネジ滝を有するゴルジュは凄過ぎた

②滝壺は渦を巻いてなくてもロープが複雑に絡まりうる

③メンバーの体調不良時は全員で補い、助け合う。

距離:7km

スポンサードリンク