鯛ノ川 千尋滝

スポンサードリンク


鯛ノ川 千尋滝 / トローキの滝
【鹿児島県 熊毛郡 屋久島町 麦生】

滝の記録

訪問日 2019年4月30日
活動の形態:お手軽滝 / 車
装備:キャニオニア3 撮影機材
感動度:かなり

①フェリー

雄川の滝の翌日、
鹿児島市の漫画喫茶にて宿を取り、
翌朝、早朝にレンタを返却。

タクシーで港へと向かう。

日帰りで隠岐の島に行って以来のフェリー。

鹿児島湾が巨大すぎて、
なかなかその湾を抜け出さない船。

普段の生活ではあまり見ない、海上。
タダでいただけた酔い止め。船は最高。

二等室は、タコ部屋。
みんなで雑魚寝。

この日はGW4日目と言うこともあって、
少し船内にもスペース的に余裕があった。

島に近づいて行く感。
何だか、これはワンピースな感覚。

普段の滝や沢では味わえない、
真の冒険気分が高まる。

上陸してしまった。

②小田汲川の撤退

だが、天気は悪い。
曇っている。

レンタカーを借りて、南へ。

お金の見立ては甘かった。
郵便局でたくさんおろすことになった。

小田汲川へ向かったが、濁流で、
全くもって遡行の余地がなかった。

③乱舞する千尋

気を取り直して、鯛ノ川の千尋滝へ。

滝が見える前の県道から、
右岸花崗岩の圧倒的岩壁にその存在を気づく。

遠望である。

絶景。

乱舞する滝。

凄まじい水量に、盛り上がった。

上の滝はまた別の滝である。

④トローキの滝

その後下流部のトローキの滝も訪れる。

濁流と化していた。

見つけた沢ガニ

西部の大川の滝へ。

スポンサードリンク