高隈山の万滝

スポンサードリンク


高須川 左俣 万滝
【鹿児島県 垂水市 新城】

滝の記録

訪問日 2019年4月29日
活動の形態:ハイキング (単独) / 車
装備:キャニオニア3 撮影機材
感動度:けっこう

①大隅半島へ

改元をまたいだ今回のGW10連休。

今年は屋久島を選択。

鹿児島空港に降り立つ。

僕は一日、鹿児島の本土で
自由時間を作っていた。

天候は雨。
行き先は大隅半島に絞った。

②垂水市 高隈山

まずは高隈山の万滝と白滝へ。

この2本は高須川の左俣と右俣に別れているのだが、
結構分岐から離れており、
アプローチ拠点が異なっている。

まずは、万滝へ。

拠点となる、国立大隅青少年自然の家、
キャンプ場のつどいの広場が駐車場であるが、
広い駐車場、連休だというのに、車はゼロ。

最近は有効に活用されていないのかもしれない。

歩き始めると、
サバイバル万滝コースなるものが道を示す。

なかなか厳しい登りが続き、
登りきったら、とんがり山。

同じくらいの等高線が続いていく。

渡渉はないが、支流。

川の様子は荒れていた。

③過酷な風

55分ほどで到達。

落差は45mくらいあり、
雨で普段より水は多いはず。

撮影条件は劣悪。

突風で骨組みがひっくり返る、傘。

容赦無く注ぐ、雨。

④苦行

滝巡りとは何なのか。

沢ルートではない場合特に、
「苦行」的な時間帯は多い。

必ずしも、滝前の感動で
報われているかと言えばそうとも言えない。

ある意味、徳積みなのかもしれない。

自らに苦行を課すことで、何かの罪を、
洗い流そうとしているのかもしれない。

けれどあまり、
頭で考えてもいけない気もする。
滝は、腹で感じる必要があるのだ

下りに見た、
鹿児島湾を含めた丘からの景色は良かった。

何かが洗われた気がした。

高塚林道の起点。

この丘から見渡せるルートは行きとは異なり、
勾配が緩く、景色も良いが、
結果的に林道歩きはかなり長くなってしまった。

神川大滝へと続く。

スポンサードリンク