滝口沢の大滝

スポンサードリンク


滝口沢の大滝
—【神奈川県 足柄上郡 山北町 神縄】—

滝の記録 ~ドーム状ゴルジュに落ちる静かな名瀑~

訪問日 2018年11月25日
活動の形態:中級滝巡り+α (2人) / レンタ
装備:8mm×30mm×1, 沢タビ
感動度:かなり(20m大滝)

①2回目

実はこの滝は、
今年の元旦に訪れていて2度目。

大変感動しましたが、
色々な理由で記事化してませんでした。

2018年1月1日

(距離がお手軽なわりに危険があることや、
車を停めるスペースが不明だったことなど。
元旦はバスで)

滝壺沢から戻って、
滝ペーさんと滝口沢へ。

ログです!

(またも途中から計測)

②滝前へ

車はひだまりの里PAに停めることで、
事なきを得ます。

ここから沢までは15分ほどの徒歩なので、
車に気をつけながらおしゃべりをしていると、
目的の橋に到達。

沢に入るとすぐに前衛滝が見えてくる。

元旦は寒かったため、
この滝は直接、登らなかった。
(左から斜面を登って、途中で横移動)

今回は直接登って行ったら、
すんなりと滝前にいくことができた。

③素晴らしい場

元旦はハンディカムによる撮影。

「スイングパノラマ」を駆使し、
少しでも狭い空間を捉えようと試みた。

しかしやはり今は
「α」で撮ってみたかった。

後ろを大きく迫り出した、
岩が覆っていてドーム状の滝前。

良い滝は何度来ても良い。

特にそれが道から近ければなおさら。

滝ペーさんも大満足していたようだ。

スポンサードリンク


④脱出劇

しかし、脱出にはそれなり工夫が必要。

登って来たスライダー状滝は、
止まれないと、一気に放出されて、
大怪我のリスクがある。

ロープをかけるための、
支点の木はかなり高い場所から生えている。

(前回僕は単独で、
横からロープを張りながら来て、
それを掴みながら戻った。)

なので、今回僕らは、
適度な石にロープをぐるぐる巻きにして結び、
投げることによってロープを
木にかけようとした。

投石隊長がこれに挑戦するが、
なかなかきまってくれない。

であればと、
僕がクライミングで直接、
木まで登ってみようかと検討。
(細かい支点をつないで5~6m登る)

しかしやはりリスキーなので、
ぐるぐる巻き度を強めにして、
投げてもらったら、それが成功!天才!

ロープがスルスルと落ちてきた。

⑤脱出劇 その2

ロープは木の高めにかかったので、
1人目がロープで降りると、
ロープがピンと伸びて空中に伸びます。

すると、2人目がいざ降りようとしても、
ロープに手が届かなくなる可能性がでてきた。

ここは、持参のスリング4つを
連結させたら4.5mぐらいの長さになって、
それをロープにもくくり付け、
2人目が手に持っておくことで対応!

その後、少しトラブルもあったが、
安全に降りることができた。

⑥お気をつけて

今回のように、
滝口沢のこの滝は、
ちょっと頑張って小滝を登れば行けますが、
帰りには何らかの工夫やスキルが要ります。

なので、初心者の方は、
必ず腕の立つ人とロープを持っていきましょう。

晩秋から初冬の丹沢滝めぐりでしたが、
源五郎・滝壺・滝口という
3箇所を楽しめました。

冬の沢トレは個人的に大切と思っています!

頑張っていきましょう。

スポンサードリンク


滝色へ戻る