四十三万の滝

菊池渓谷
—【熊本県 菊池市 市原】—

スポンサードリンク

滝の記録

訪問日 2013年9月22日
活動の形態:ハイキング / レンタカー
感動度:まあまあ~けっこう

①4日目最後

九州4日目の最後に
菊池渓谷を訪れました。
(数鹿流ヶ滝の続き。)

この日は休日だったのですが、

17時以降に駐車場に着いたので、
人もそれほど多くありませんでした。

②菊池渓谷

渓谷の水は青く、
ほんとうに涼しいです。

下は黎明の滝

四十三万の滝までは
ゆっくり歩いて30分、
ダッシュで9分くらいで着きます。

③流れの中で

渓流瀑という形態で
緩い傾斜を急な川のように流れていきます。

滝の上は開けていて、
あらゆる所にポジションをとることができます。

渓谷の中の癒しスポットとして
凄く良かったです。

暗くなって誰もいなかったので、
30分くらいは四十三万滝を
独り占めにしました。

滝の流れの中に居ながら
必ずしもずっと滝を見ていない。
写真をとったりしない

そういうのが
実は一番贅沢と言うか、
滝を楽しめている瞬間なのではないか

と、このとき感じました。

④温泉と...

この後は「水の駅」近くの温泉が入れず、
記憶が若干曖昧ですが、
岩蔵』に行った気がします。

ホームページが凝りすぎてる感がしますが、
現地も滝の後に行くにはちょっと
場違いな雰囲気の高級感がある温泉でした。

夜は、大分県の道の駅
せせらぎ郷かみつえ」で過ごし、
翌日は鍋ヶ滝からです。

アクセス

車の場合:
Step1 菊池渓谷へ(菊池市街地から車で25分)
Step2 渓谷を歩く

あいのりタクシーの場合:
1日3便 1人900円
(バスはないようです。)

スポンサードリンク


滝色へ戻る