水無川本谷の滝

水無川本谷の滝
―【神奈川県 秦野市 戸川】―

スポンサードリンク

コメント

登攀的な沢です。
滑落が許されない高さと微妙なスタンス。

普段の滝めぐりでは要求されない
登攀能力」が試され、

ロープワークも学習した
スリリングな沢体験でした。

林道歩きで途中通った作治小屋↓↓

滝の記録

訪問日 2014年11月15日
活動の形態:沢登り(3名) / 電車+バス
装備:サワートレッカー, 8mm20m×1, 8mm30m×1
感動度(F8):まあまあ~けっこう

①表丹沢へ

沢仲間と秋の沢登りを企画しました。

沢の難易度は1級上であり、
9月に2級上の豆焼沢に行っていたことから、
なんとかなるだろうと思っていました。

(滝めぐりの基礎がある人の沢登りでは、
この総合グレードよりも、
登攀グレードのほうがはるかに重要です
。)

②電車とバスで入渓点へ

早朝7時に渋沢駅に集合。
バスで大倉に行って準備した後、
渡るは風の吊り橋です。

その後左に
ひたすら林道を登っていきます。
入渓点まではおよそ90分。

途中には新茅ノ沢が横切り、
一番手前の滝は見えました。

入渓点そばの
戸沢キャンプ場までは車で行けます。

キャンプ場を無視して進むと、
それっぽい沢に出ますが、これは支流の、
源次郎沢になります。

堰堤にもちゃんと書いてあるので、
大丈夫だと思いますが、
間違えずにもう少し進むと、
ちゃんと水無川本谷にぶつかります。

③F1で講習

最初の堰堤を左から越えて、
特に問題なくF1にたどり着きます。

左の鎖を伝えば容易に越えれます。

今回は沢登り初めての青年と
ロープワークがわからない僕のために、

沢ガールのあーちゃんにここで、
ロープワーク講習をしてもらいました。

・リードフォロークライミングの基本
・スリングの巻き付け方と自己確保
・支点の取り方と回収の仕方
・中間者のプルージック移動

学びが深まりました。

④F2とF3

F1の上ですぐに
セドノ沢との分岐があります。

左の本谷に進むとすぐにF2。
右から取り付いてみるも、
最後の一歩でびびり、動けずダメでした。

一人左から越えました。

なんとも情けないので、
次の重大事故多発と言われるF3は
右から取り付いていき、

残置ハーケンにところどころで
一時的な自己確保を取りながら登り、
ロープ無しで突破しました。

が、しかし、
かなり危険なルートであったため、
二人には右岸から、
鎖沿いに巻いてもらいます。

こちらのルートも
かなり高度感があり危険なので、
F3は1つの核心だと思います。

⑤F5

もう一つの核心がF5です。

滝自体には虹も出ていました。

一見頑丈な鎖がついているので、
簡単そうにも見えますが、

実際取り付いてみると、
意外と足の置き場がありません

ここはリードに挑戦し、
途中で支点を取りながら
3〜4分で突破しました。

自己確保をして
笛を鳴らし後続を待ちます。

もう目の前には、
すぐ書策新道が横切ってます。

⑥頂上へ

時間的にはちょっと遅めであり、
登頂を目指すと帰りのヘッドライトは
確定しそうですが、

山頂に行きたい!

ということで
エスケープせずに先へ登ります。

間違えずに進むと次はCSのF6。

ルートがわからなかったですが、
滝右のスリングに
手を伸ばしたらギリギリで届き、
足で踏ん張ってモンキー的に突破
します。

スリングを補助してみんなF6を越えます。

F7は崩壊したため今はありません。

⑦F8とその先

三段落差30mの大きな滝で、
この沢の主瀑と言えます。

巻いている最中での、
左岸からの全景が一番綺麗で、
丸い滝壺と合わせ、秀逸な姿だと思いました。

この高巻きに関しては、
傾斜とか石の感じとかで
落ちる気がしなかったです。

(ただ、落ちたらダメです)

F9も高巻きになります。

⑧厳しい詰め

石積みの堰堤を超えたら
左の尾根に上がるとの記述で、
早めに左側に逃げましたが、

これが結果的にルートミスでした。

本当の石積み堰堤はもっと大きく
僕らがみたのは、
人の背丈ほどの小さなものでした。

この間違った尾根道は、
急で終わる気配を見せず、
25分以上はかかったような気がします。

やがて登山道に合流して、登頂できました。

最高の達成感に包まれます。

⑨下山とまとめ

下山は大倉尾根で
一気に大倉バス停までのルートです。

歩きやすいですが7kmもあるので長く、
やはり途中で日没を迎えます。

F3とF5の登攀は
普通の滝めぐりの範疇を超えているので、
ロープワークの準備と技術を持って
臨むべき場所になっています。

この日は温泉によらず、
帰路につきました。

アクセス

Step1 小田急渋沢駅へ
Step2 バスで大倉まで行く
Step3 風の吊り橋を渡り左へ進む
Step4 源次郎沢を通りすぎて本谷に入渓


滝色へ戻る