桃源仙谷

桃源仙谷(たおゆえんしえんぐ)
—【北京市 密雲県 石城郷 南石城村】—

スポンサードリンク

コメント

北京の滝シリーズの第2弾は
黒竜潭のすぐ近くの桃源仙谷。

水の涸れ具合は半端ないですが、
岩の造形美はなかなかのものです。

滝の記録

訪問日 2011年11月6日
活動の形態:ハイキング/バス+タクシー
感動度(桃源瀑):まあまあ

①桃源郷??

黒竜潭の続きです。
こちらは密雲ダムのすぐ西側にありますが、
水の流れは少ないのか、

地図にも水線が書かれていません。

これが最初の滝でさらに進んでいきます。

②桃源瀑

そしてこの渓谷で一番大きな滝、
桃源瀑】です。

桃源瀑は北京の滝の中では
かなり大きな部類です。
(40〜50M)

ここでもボートが浮かんでいます。
立派な滝ですが人の手が加えられ過ぎています。

先に進むためには
滝の真横に作られた階段を上っていきます。

なかなか緊張する高度感でした。

ここで渓谷の
第一ステージは終わります。

③谷は続く

合計4名で来ていたんですが、
僕はこの先の滝を時間内に見たかったので、
1人で走って先を見に行きました。

地図の所から12分で
天画】につきました。

この荒々しく豪快でむき出しの岩は
なかなか日本では見られないと思います。

④聖水瀑

天画から1分たらずで次の滝につきます。

これがこの渓谷では
一番タイプだった【聖水瀑】です。

水が圧倒的に少ないのは残念ですが、
半円状に抉られた岩場がかっこ良かったです。

⑤2つの滝

聖水瀑から10分程度で、
懸空瀑、さらに5分で龍泉瀑です。

両方とも水がほぼありません。
本来この渓谷は水不足のため全て
こんな感じのはずなのですが、

先ほどの桃源瀑の上で
水の貯水とコントロールがなされていて

見せ場の下流部では
水が流れているという状況でした。

龍泉瀑はすぐ隣の下の方の岩が
空洞になっている珍しい滝です。
水さえ流れていれば……

⑥ラスボス

龍泉瀑から6分で案内に到着します。

目的は観音瀑です。
果たしてどんな滝なのか??……

800Mの道を進んでいきます。

………

すると、、

岩が濡れている程度でした!笑

まあまあでも、
ここまで足を運ぶ人は多くなく、
比較的マイナーな滝も見ることができました。

ロックガーデン、
という言葉がふさわしいなと思います。

この後長らく滝にはいかず、
中国語の勉強に励む日々が続きました。

第3弾は帰国直前の時期の双龍峡です。

アクセス

Step1 東直門へ
Step2 長距離バスで密雲県へ
Step3 タクシーで桃源仙谷へ