女郎小屋沢の滝

スポンサードリンク


女郎小屋沢の滝【神奈川県 足柄上郡 山北町 玄倉】

用語集

訳のわからない言葉が多い場合はこちらを ↓↓↓

滝の記録

訪問日 2020年11月14日

活動の形態:2級上沢登り(登攀) / 車

装備:8mm×50m, 7.5mm×50m, 8mm20m×1, 15mフローティング, ミラーレス一眼(広角), 三脚

感動度:まあまあ

①沢納め?

秋のひと時。

今回はまいちゃんにK氏、
という初のパーティで丹沢へ向かう。

季節の割に寒さは耐えられるレベル。

今回は女郎小屋沢を遡行し、
モチコシ沢を下降するというプラン。

②アプローチ

玄倉林道を歩いているが、
パーティ編成から、
新作感動映画のアイデアが浮かんでくる。

赤い実をつけたマムシグサを発見。

トンネル

林道の距離は長かった。

河原に下降すると、
そこはジオポイント。

少し上流で女郎小屋沢に出会う。

③ 15m滝へ

緩やかな小川といった印象で、
堰堤を2つ越える。

途中から沢感が出てくる。

こんな感じ。

3条15m

結果的にこの沢で一番居心地が良く、
かつ最も困難な滝となった。

④激シャワーでサイドへ

しばし休息。

K氏にフォローしてもらって取り付く。
まいちゃんにはたわしを借りた。

かなり厳しめに見え、無謀はよくないが、
トレーニングの成果を試さなければならない。

下記の残地位置画像は、
オンサイトを目指す方は見ないでください。

(クリック→表示)

最初の残置ハーケンの箇所で、
スマホを防水ケースにしまう。

2:30 ダイニーマで1個目のランニング
3:50 激シャワー右横に到達 困惑
4:21 さみー!!!と叫ぶ
5:30 ダイニーマで二つ目のランニング

この辺りで浴び続けて、
まともな思考が働かなくなってくる。

⑤サイドで耐えてエイドへ

7:00 少しクライムダウン
8:00 横に活路を求める, K氏から心配の声が飛ぶ
8:40 足上げ成功

良いホールドがなく苦戦…
さらに右に逃げるルートは断念。
右端直上へ。

13:00 掴めば突破できるホールドにターゲット設定

13:30 フリーを諦め、
エイドクライミング(A0)に切り替える

14:30 下からもさわれていた
スリングに第三のランニングをとる。

16:00 たわしで懸命にスタンスを磨く

17:30 左手スリング引っ張りと
右手ホールドでムーブ起こして浮上。

17:45 ターゲットを両手でマッチ

⑥回復を待ち、ラストトラバースへ

18:30 指の感覚なくなり回復を待つ
(指の付け根まで入る横向き三角柱抜きのガバ)

19:30 バンドに立ち込む

20:45 第四のランニングをとる

23:30 ラストトラバース地点(落ち口への道)
<ヌメりを恐れてたわし作業>

なかなかスタンスが信用できず、
踏ん切りがつかなかった。

26:30 ラストトラバース開始

27:30 登り切って手を振る

ビレイ体制を構築してゴープロを切った。

⑦やり切る

50mロープはK氏が持っていたものを使用してしまい、
なぜか自身は50mロープをザックにしまい続けていた。。。

もっと軽量化していたら、
体が振られずに足がスムーズに上がっていたと思う。
(A0 IV~IV+)

二人とも大きなテンションかからず、
ライン通りに上がってきてくれた。

28分間も登り続けて、
もう今日はやり切った感。
今日の任務は終わった。

なお、右岸から簡単に巻ける。

⑧岩とF2

さて、しばらく穏やかな流れ。

女郎小屋沢の岩はこんな感じ。

F2に到達した。

滝前は少し荒れているが、
岩盤と流れが美しい8m滝だった。

明暗差が強かった。。

直登は左壁をIII級の登り。

しばらく小滝が続いたのち、
野猿棚の連瀑が始まる。

スポンサードリンク


⑨YAEN DANA

僕は野猿棚は4本の滝と認識する。

(後半の2本だけを、
野猿棚と見ることも極めて自然だが、
その場合の落差は20mそこそこ。)

最初の3段17m滝はまいちゃんリード。
細かいスタンスを丁寧に拾って突破!

中段から振り返って。

中段から見上げて。

6m滝

直登困難なため、
左のバンドに乗り上がることになるが、
良いスタンスは少ない。

バンドを慎重に通過して、
野猿棚の主瀑級に対峙。

既に二人は上の方へ向かっている。

滝としても見応えは微妙だが、
中を通過する過程が楽しめる。

上部に向けて、
ステミングや地味なムーブで登ると、
最後が途端に悪くなっていて、
ぶっとい残置ロープ🪢に助けられた。

野猿棚ラストの滝は逆層で、
右から登ったが、ヌメヌメで終始神経を使う。

最後はマントルを返して終了。

⑩CS滝の応接

この上から途端に水がなくなり、
詰めのV字状ゴルジュへと至る。

5~6mのCS

残置スリングを掴んでの、
カンテ乗り越しムーブが、
疲労と荷物に振られて断念。
(本当はつっぱりでそのまま上がるらしい。。)

2人はすたすたと左端を
微妙なムーブで通過していったが、
僕は詰まった。

お助けを出してもらって掴んだが、
それを掴んでも前進においては
意味をもたせられなかった。

しかもボディビレイなので、
僕が落ちたら止まらないだろう。

左上の灌木を掴んだことでクリア。

さらにかつて穴が空いていたという、CS。

これは穴が塞がっていて、
K氏が見事なダイナミックムーブで突破し、
僕は地味なムーブで続く。

リーチが要求される課題であったため、
まい氏にはロープを垂らした。

⑪モチコシは持ち越し

その後最後の詰めは、
時折落ち葉なだれが発生する。

ここの詰めでまいちゃんの足が滑り、
肩を痛めてしまったようだ。。
(ガコッと外れたような違和感だそう)

モチコシの下降計画は
かなり時間が怪しかったが、
これでまさに「モチコシ」することは確定。

小川谷方面へ向かい、
50mロープで懸垂。落ち葉ルンゼを降る。

⑫小川谷東沢の滝

東沢に着くと滝。

さらに時折滝。

幅広の滝。

数段の滝。

2度目の小川谷に到達。

ジオをここで追加。

鹿の立派な頭の骨が散見された。

⑬下山

途中下山時にルートを見失う。

それは去年の台風ハギビスによって、
デッチ沢中流部がズタズタに切り裂かれ、
ルートが消滅してしまったからのようだ。

今年の小川谷は釜が埋まってしまったようだし、
この辺りの影響が出ているのだろう。

秋の終わりを感じる。

長い小川谷右岸経路を終えると、
林道に出た。あたりは暗い。

星が凄く輝いていた。

首都圏でもここまで星が見えるなんて感動。

あとは80分歩いて完!!!

⑭その後

この後、ラーメンガキ大将へ。

コテコテスペシャルを食して、
健康的には脂質と塩分、飽和脂肪酸を
取りすぎてしまった可能性があるが、
トータルプラスの良いお店だった。

大量の里芋を200円で購入。

ありがとうございました。

今回のジオ

代表的な丸い石英閃緑岩が一つ。

トーナル岩は見つけられず、
安山岩質とチャート系、堆積岩がそれぞれ。

中でも右下のマイロナイトは
丸く磨かれたもので初めて認定しました。

⑮まとめ

POINT

① 各々が持ち味を発揮した良い活動であった。

② この沢で個々の滝のクオリティに期待はできない。

③ 日常的なトレーニングと現場での挑戦のサイクル

④ 狙いをつけて、遠めを取りに行く感覚, 悪いスタンスへの踏み込み

⑤ 登攀における「荷」が重いとまず足が上がりづらくなる。

⑥ スリングを解くのに時間を取られた。一瞬で使えるように準備を。

⑦ まい氏の肩の怪我は軽症で済んだとのこと!

⑧ まだラバー靴には慣れない (しっかりと履いたのは9日目)

⑨ Go-PROの飛沫対策が必要。

スポンサードリンク