白谷雲水峡の滝

スポンサードリンク


白谷雲水峡の滝と森
【鹿児島県 熊毛郡 屋久島町】

滝の記録

訪問日 2019年5月1日
活動の形態:ハイキング / 車
装備:キャニオニア3, 撮影機材, 7.7mm×40m(2本), テント, シュラフ等
感動度:かなり~限りなく

①雨降って荷、固まる

蛇之口滝の続き。

スタート時、雨が降っている。
最大3泊ともなり得るプランで荷物が重い。

僕にはザックに、
レインカバーをつける習慣がない。

今まで苦しんだことがないから、
その延長線上で、流れに身をまかせる。
降るんなら、降れといったところだ。

しかし、この重さで
雨のビシャ濡れはスタートから荷物
重量を激増させた。

荷物が重過ぎて、
雨もひどくて、
全くやる気が上がらない。

②雲水峡から

しかししかし、雲水峡は美しい。

飛竜落とし

すれ違うハイカーの皆さんは、
ほとんどが下山される方だ。
それはそう、これから夕方になっていくのだ。

くぐり杉。

苔むした森。

辻峠に到達。

岩小屋

③調和した森

峠を降りるとそこは、トロッコ道だ。

何という森、
屋久杉伐採開発のためのレールだが、
今は森と恐ろしいほど調和している。

通り過ぎる、ガイドの方の一部が、
僕らに北沢や、宮之浦川の水量について教えてくれる。

どちらも問題はないと。
(特に宮之浦は)

安房川北沢左岸支流の流れ

ほんとだろうかと悩ましいところだが、
頑張ってレールを進むと、
ついに、大株遊歩道と、
北沢の方へ進む道が分かれる分岐点に。

そしてわかったのは、
少なくても安房川の北沢は
左右が分かれる前の時点で
水量は半端ないということ。

これは、遡行できんしょ!という感じ。

明日、大株遊歩道で一般登山道を進むことで、
本日、河原で宿を取ってもいいのだが、

まだギリギリ時間があるということで、
荷物を一部滝ペーさんに渡して重量均衡化の上、
大株遊歩道へと入った。

④大株独占の贅沢

謎の株

ウィルソン株

大王杉

縄文杉

など、これは絶景だった。

特に、後半の美しい森をこの時期、
他のハイカーに会わずに、
堪能できたのは奇跡かもしれない。

天気と、時間帯が成せた妙。

⑤寒い夜と翌日

高塚小屋に着くと、
すでにテントがいっぱいで、
かなり微妙だったが、
ギリギリ2つ分スペースを見出し、設営。

そして想定してたことだが、
高度が上がり、風も強く、寒い!!

僕はシュラフを用意していて、
テントもあったので、
(個人的にはやや忘れ物もあったが…)
何とかしのげたが、滝ペーさんは寝袋なく、
恐ろしく寒い夜を過ごすことになる。

残された予備日的に翌日午前中での、
宮之浦岳登頂は見送り、
ここは宮之浦川に全神経を注ぐべきだろうと判断。

僕らは記録のないルートに挑もうとしていて、
何が起こるかわからないのだ。
(結果的には何も起こらない可能性もあるのだが)

それにしても、レインカバーは必須。
全体的に軽量化を怠ってしまったが、
同時に、冬に山を、
サボり過ぎてしまったのも大きいだろう。

そうして僕らの令和初日は終わった。

(宮之浦川へ)

スポンサードリンク