御来光の滝

御来光の滝
—【愛媛県 上浮穴郡 久万高原町 若山】—

スポンサードリンク

コメント

石鎚スカイラインは
12月に入ると中に入れなくなります。

吹雪く中での御来光アタックです。

滝の記録

訪問日 2013年11月20日
活動の形態:中~上級滝巡り / レンタ
感動度:かなり~限りなく

①特別な滝

格が高い滝です。

遠くから眺めるのは簡単なものの、
滝の真下に行くのは険しい滝の代表で、

茶釜・双門と並び、
100選の三大難攻滝の1つになっています。

石鎚スカイラインという道路の
途中にある展望台から眺めます。

②悪天候が

唐岬の滝の後でしたが、
スカイラインに行くまでは、

けっこう細い道が続きました。

しかし、天候が思わしくなく、

なんとついた瞬間から
雪が降ってきました笑

滝壺を目指してやってきましたが、
終了。。。(苦笑)

下はかすかに見える御来光。。。

なんて言うわけにはいかず、
沢装備をして防寒装備をしました。

雪が降ってたので、
普通に氷点下くらいあったと思います。

上5枚来て挑みました。

③遠征のプランニング

御来光の直下を
遠征の初日に持ってくるか、
それとも最終日にまわすかは

愛媛に到着する
直前まで悩んでました。

前者の問題点は
日没までに山を抜け出せない可能性があること
(しかし、晴れそう)

後者は時間的には余裕があるが、
曇りの天気予報になっていた。

ここは安全重視で
最終日にまわしたのでした。

④さあ、滝へ

道路を少し登ったガードレールの後ろ
沢に降りる道の始まりです。

こうした情報は全て
先人の方々のおかげです。

延々と続く下りの道を
降り続けると沢に降り立ちます。

そしてすぐ対岸に

ブルーの目印が。

これが高巻きルートの入口です。

⑤ざっと、途中を

普通に橋もあり、
かつて整備されたことがわかります。

下は【七釜

御来光の滝ルートの名物で、
なかなかの渓谷美です。

下はおそらく【魚止めの滝】

(はっきりとは断言できないです。)
ここら辺までは、
まだ普通の写真です。

⑥吹雪化

雪は降り止まず、
勢いを増して降ってきました。

辛抱しつつ、
上流に進みますが、

決定的に通れない地点にたどり着きました。

このちょっと前まで
普通に赤テープが示しており、

多少の崩壊があったのかなと思い、
何度もトライ。

しかし、
そのたびにロープをだして、
引き返すなど危険がつきまといます。

落ちたら、
けっこうな確率であの世行きの場所です。

でも引き返したら
滝壺には行けないと思うと、
簡単には諦められません

⑦ダミー突破

精神的に限界を迎え、
引き返し始めましたが、

最後の悪あがきで
ちょっと上側に登ってみました。

そしたら、なんと、
正規ルート発見。笑

ダミーの赤テープに惑わされました。
最近このケースが多いです。

その後は難所もなく、
25分くらいで直下に到達しました!

⑧神々しい直下

ぎざぎざの柱状節理
ひたすらかっこよかったです。

直下からだと50mくらいに見えました。

無事辿り着けて安堵です。

滝壺は今まで見た
どんな場所とも違いました

ここだけ違う水が流れているのか
という感じです。

あまり人を受け付けない
秘境の滝にふさわしい神々しさ
御来光の滝、直下にはありました。

時間は、ルートミスの40分くらいを含めて
2時間45分でした。

ちなみにこの御来光の滝のルートで
一番きついのは
帰りの川から道路までの上り坂
です。

ここに体力を残しておかないと
悲惨な目に遭います。

アクセス

Step1 石鎚スカイライン展望所へ
Step2 踏み後をたどって川へ
Step3 滝まで登り詰める


滝色へ戻る