中野俣川 白糸の滝

スポンサードリンク


中野俣川 白糸の滝
—【山形県 酒田市 中野俣 (旧平田町)】—

コメント

お盆の酒田には気をつけよう...

滝の記録

訪問日 2017年8月12日
活動の形態:中~上級滝巡り / 車
装備:8mm20m×1, 沢タビ
感動度:かなり~限りなく

①東北遠征

初日は県南の某大滝に挑みました。

できる準備をし、
当日も懸命に目指しましたが、
想像をはるかに超えた道中で
到達なりませんでした。

翌日はお手軽巡り予定でしたが、
1本だけ少しは骨のある白糸の滝に、
向かうことになります。

②ダートとガーディアンズ

朝は村上市のお滝さまを眺める。

その後7号で北上し、酒田の市街地も通って、
相沢川沿い、さらに中野俣川沿いへと進む。

道は次第にダートへと変わり、
BALさんの強靭な愛車でも
一回下をすることになります。

本来のルートの入口の部分に
少し車止めのスペースがあり。

そこで待っていたのは、
おびただしい数の吸血生物、
アブだったのである。

できる限り車内で
準備をしてから出ようとしても、
途中で仕方なく扉は開けてしまう。

足元を沢靴に替え、
今回の東北遠征に備えて、
購入したばかりの防虫ネットを装備した。

これで顔の心配がなくなる。
例えば誤って吸い込むことも。

アブはたかるが、とりあえず道へ。

けれどもすぐに崩落で通行不能となり、
近くの急斜面を登り上がって林道へ。

③林道歩き+川歩き

途中で工事の方々がいたが、
快く先へ通して頂いた。

結局この林道を終点まで進むことになるが、
アブのつきまといは全く終わる気配を見せない。

スマホのGPSで、
林道終点まで来たことを確認。
スタートが11:24で、終点が12:24だったので、
ちょうど1時間の林道歩きであった。

もともとこの滝は、
北中先生の滝本に紹介されていて知って、
それだと難所はあるが、
徒歩60分と紹介されている。

林道はかつてあった道よりもだいぶ遠回り。

川が改めて見えたがドブ川であり、
かなりの増水中であることがわかる。

河原に降りた瞬間から、アブの猛攻は
次の次元に進むことになる。

だいたい今まで
15~20匹ぐらいにたかられてたのが、
河原からは常にその倍の
30~40弱にたかられるイメージ

ところどころ、
ネットの上から顔を刺されて痛みが走る。

通常はなんてことない
河原歩きだと予想されるが、
この日はダメ。

腰から深いとこでは
胸まで浸からないと先に進ませてくれない。

でも、胸までは浸かりたくなくて、
右岸沿いをへつれないかと模索してみる。

④お別れ

そんなちょっと緊張するシーンで、
より冷静さを失わせるのは、
怪物「アブー」たち。

とにかく立ち止まると猛攻がすごい。

へつりに失敗したらドボンで、
GPSの役割してくれてたスマホが水没するので、
左胸ポッケから、防水パックに
移動させることにした。

そして、普通に移動させた。

はずだった。。。



スマホは防水パックの口に入らず、
そのままドブ川に一直線


あああああああーーーー


落ちた瞬間にスマホが御陀仏は確定。

問題は取り返せるか。

ドブ川で底が全く見えず、
深いとこでは胸までの深さの水がある。

捜査は難航。

BALさんの手までお借りしてしまったが、
ここまでのガイドであった彼が、
僕の手元に戻ることは、ついぞなかった

こんだけ濡れたことで、
もはや胸渡渉など余裕になります。

⑤ルート模索

道中僕はアブーたちに反抗し、
彼らの一定数を川に落としていったが、
多勢に無勢もいいところで、
夏の陣の幸村の気持ちが少し腑に落ちる。

しばらくして
大岩の左側の深いところを越えると、
5m弱の滝が見えた。

これが、
白糸の滝がかかる沢の出合滝らしい。

しかし、ルートがなく、
対岸には濁流を渡る必要がある。
直登ルートは考えにくい感じ。

ちょっと北の矢櫃沢から
尾根をのっこすのでは?と
そっちも見てみるも、

現実的ではなかったので濁流を渡って、
少し怪しかった左岸の支流へ入る。

地形図的には白糸の滝がかかる沢から
離れて行ってしまうとのことでしたが、
すぐに二俣となり、左俣へ進み、
途中で中間尾根に登ったら
ピンクテープを発見!

ここでまさかのデジカメが
右ポッケから落ちたことに気づき、
スマホの時よりも血の気が引くも、
少し下って行ったら、落ちてました。

助かった!

スポンサードリンク

⑥到達

沢への下降は最後がどこも傾斜がきつく、
ザイルを出すことになります。

20mロープだけだったので、
シングルで白糸の滝の沢に降りたつ。

そこから4mの滝を越えてしばらくで白糸の滝!

水量が増してたこともあって、
素晴らしい美しさ。

落ち口では小さな流れが滝の岩盤の中で、
ここまで見事に広がっている

洋梨みたいな形に見える。

悪夢なのは、こんなに美しい滝の前でも、
アブーたちが消えてくれない。

なぜかBALさんにはそうたからず、
僕の方にばかり猛襲が続くのは、
仲間を倒され続けたから、
その復讐的な感じなのだろうか。

持って来た食料も水もアブが多すぎて、
防虫ネットをとって、摂取できる環境にない。
反対もまた同様で、色々と辛い。

もどかしさと不快感は尽きないけれども、
これも大自然の一部。

撮影をしたら来た道をひたすら戻って車へ。

水に埋もれた中の写真撮影。

こんな感じで戻る その1

こんな感じで戻る その2

あとは林道歩き1時間。

⑦ホラー映画

車の扉を開けたら、
40~50匹ものアブが車内に侵入....

ホラー映画さながらの光景
異様な精神状態のまま即出発。

BALさんはダートの運転に集中して、
僕の方がアブ退治に専念。

徐々にハンターとしてのスキルが高まり、
手際よくつまんで車外に捨て去っていきます。

外の虫が減った箇所でようやくの装備解除。

山形屈指の美しい滝だと思いますが、
ダートと季節だけには注意が必要でした。

【コースタイム】
11:25 踏み跡へ→すぐ林道へ上がる
12:24 林道終点
〜ドブ川に落とす〜
13:06 出合滝着
13:49 尾根乗っこした後4m滝
13:52 白糸の滝 着
14:18 白糸の滝 発
14:49 渡渉中...
15:05分ごろ 林道
16:05分ごろ 車着

アクセス

Step1 酒田市中野俣地区へ
Step2 ダートを進み踏み跡付近で駐車
Step3 林道歩き1時間弱
Step4 沢歩き+左岸支流へ
Step5 尾根またぎ+下降+遡行

スポンサードリンク


滝色へ戻る