風折滝

宮の谷渓谷の滝
―【三重県 松阪市 飯高町 蓮】―

スポンサードリンク

滝の記録

訪問日 2014年11月1日
活動の形態:中級滝巡り+α / レンタカー
感動度:異次元

①宮の谷渓谷へ

白滝の続きです。

櫛田川水系の名渓は
支流である蓮(はちす)川流域に集中しており
宮の谷はアクセスが簡単な部類です。

というのも、
途中までは遊歩道が整備されているからです。

駐車場までは狭い道が続きます。

②分岐へ

見るべき滝は2本。
Y字型のコースで、それぞれの滝は
Y字の分岐した先に位置しています。

犬飛峡

眺める形ですが、
いつか下からもみてみたいなと思いました。

途中のステップ。

一部のルートは崩壊しているので、
沢歩きが必要になります。

最初の方でちょっと道に迷ったこともあり、
分岐まで48分かかりました。

③高滝

分岐から14分で滝が見えました。

予想以上の落差で落下スピードが高速です。

スケールや水量は素晴らしい滝でしたが、
どこか冷たい雰囲気が漂い
空間的には居心地が今ひとつでした。

④風折谷の試練

風折れ谷には即入渓し、
沢登りだとわりきって
がんがん登っていきます。

左岸にロープが張られた地帯
にたどり着きました。

見つかったルートは3つ。

かなり危険なロープ沿いでの急斜面トラバース
②沢に降りてロープ沿いの大岩を登る
③大岩の隣の蜘蛛の巣が張ってある大穴からロープ登る

一番簡単そうなのは③でしたが、
蜘蛛の巣が大きく張っていたのと、
①のルートに普通にロープが張ってあったので、
これが正規ルートではないかと思い、①を選択。

しかしこれが大失敗でした。

決死のトラバースを見せるも、
その先の足場は悪絶を極めており、
進んでも滑落は必至。

戻るのも危険すぎたため、
木にまたがってハーネス・
エイト環・カラビナを緊急装備。

既存ロープもつかみながらも
後退して事なきを得ました。

結局正解は③。
蜘蛛の巣を払って大穴経由で突破しました。

⑤風折谷の試練 その2

大きく時間をロスしてしまい急ぎますが、
またも難所が姿を現しました。

3m強の角度がある滝の、
残置ロープを使っての突破です。

雨で全体的に濡れている岩。
そして滝壺というか、水たまりには
切れたロープがひたひた浮かんでいます。

察するにこの場所は
今まで複数のロープがかかってたんですが、
それが傷んで今にも切れそうな
1本だけになってしまったのです。

そのロープに、
全体重を預けて登ることの恐怖、
濡れた岩と滑るフェルト底。。

これが正規ルートかわからないこともあり、
断念しかけるも、一か八か突っ込んでみたら、
なんとか突破成功。

しばらくしてようやく滝に到達です。

⑥美しきミスト

真正面から対峙すると、
滝の線自体は細いですが、
かろやかな水の舞いが美しいです。

斜面を草を掴みながら登ると
滝直下に行くことができますが、
ここはもう異次元でした。

さらに間近へ...

体が訛っていたなかで、
到達までには苦戦を強いられました。

限界ギリギリで滝壺に辿り着いたことで、
半ば放心状態であったため、
綺麗な写真は撮ることはできませんでした。

ただ、もうしぶきの一粒一粒が輝きながら
時に風に押され、時に直で落下するさまは
本当に極上の体験価値の世界
でした。

ざぶーん、
ぶっしゃーんと降り注ぐミストは
歴代最高かもしれません。

しかし、11月という日が短い時期に、
16時27分まで滝前にいてしまったので、

帰路の途中で完全に日没を迎え
ヘッドライトでの下山になりました。

アクセス

Step1 蓮川流域へ
Step2 駐車場にたどり着く
Step3 高滝までは遊歩道・分岐から風折までは沢登り


滝色へ戻る