湊川 梨沢の滝

梨沢不動滝
—【千葉県 富津市 梨沢】—

スポンサードリンク

コメント

千葉県の沢歩き第一弾です。

千葉県の中にこの滝を見に行きたい!!って
強く思うような滝は今ないんですが、
体力トレーニングには可能性を感じています。

6m不動滝がなかなか良く、
沢歩きも面白いの場所になっていました。

滝の記録

訪問日 2016年1月11日
活動の形態:沢歩き / レンタカー
感動度:まあまあ~けっこう

①梨沢公民館⇒入渓

一本狙っていたところが
車で近くに行けなかったので、
直接アプローチ起点の梨沢公民館へ

地域の方に聞いたら、
車を停めても大丈夫とのことでした。

ザイルは持ってきましたが、
ハーネス類は車に置いていきました。

入渓地点はちょっと汚い感じですが、
しばらく進むとナメが出てきます。

②不動滝

不動滝は手前が狭まっていて、
秘境の雰囲気があります。

ここに突っ込んでいくと...

この滝がどーんと落ちています。

不動滝 (梨沢大滝) ~6m~

水量は少ないですが、
空間的にはなかなか素晴らしかったです。

この左側が登れるようになっていて、
ここを直登して先に進みます。

釜が楽しませてくれました。

③七ツ釜

ここが七ツ釜の入り口で、
真ん中のあたりが倒木で壊滅しています。

両岸の崖を見渡しても、
こんなに大きいものはないという大きな木の根が
落ちてきており、水量的にも
僕が生きている間にはなくならなさそうです。

七ツ釜全体を1つの小滝とみなしました。

④鳥と詰と泥と

この先、終盤に
大きな鳥の死骸にカラスが群がっていました。

分岐で右に進んで22分で堰堤について終了。
少し手前の崖を上って
中間尾根、大塚山経由で下山。

降りてきて民家が見えてから、
遠回りして戻ろうとしたら、
膝まで浸かる沼地に入って泥だらけに。

一番の難所が待っていました。

入渓⇒94分で堰堤。
その後56分で民家の裏。

⑤活動の位置づけ

最近は滝に関する焦点も変わってきました。

かつては、
滝壺を目的地としたアウトドア」活動
と位置づけていたんですが、

今回は滝を通じて
冬のミニ体力トレーニング
というテーマでした。

スイッチを完全にオフにすると、
再び同じ場所に戻るのに
結構苦労する感覚があって、

実際に現場に出るという、
色のついた一滴を
絶えず透明な水が流れ込む水槽に
垂らすような...

そういう意味があった活動でした。

この後帰路につきました。

アクセス

Step1 富津市の梨沢公民館へ
Step2 案内に従って進む


滝色へ戻る