赤岩沢大滝

赤岩沢大滝
—【群馬県 多野郡 上野村 野栗沢】—

スポンサードリンク

コメント

こんなルートを
切り開いた滝の先人・先輩方は
本当に凄いなと、そう思いました。

↓野栗沢地域

滝の記録

訪問日 2015年6月14日
活動の形態:上級滝巡り(単独) / レンタカー
装備:サワートレッカー, 7mm30m
感動度:限りなく

①群馬へ

この日は群馬の滝めぐりをして、
麻苧の滝などを見てきた後午前中に、
赤岩沢大滝のアプローチ拠点に到着。

赤岩峠への看板があるところです。

時々、ここまで車で
行けない時もあるようなので、
その時は徒歩が増えます。

②ルート

沢沿いに赤岩峠への道があり、
ほとんど水にぬれることなく
進んで行けます。

大きな支流の合流はないので、
水の流れを見失わずに歩んでいくと、
やがてロープがかけられた小滝に着きます。

③小滝の突破

この小滝は実際ロープ
なくても大丈夫な感じでした。

お次は狭い流れの中の滝。

ここらへんは沢靴をはいてる必要ありです。

水量が多くなかったので
すぐに突破出来ました。

④現れた前衛滝

そしてすぐに現れたのが前衛滝と、
その上部に双瀑の赤岩沢大滝。

歩き始めから50分たらずだったので、
すこしあっけなかったですが、少し休憩。

道中の川の水量から予想してましたが、
右側の滝はほぼ枯れていて
ちょっとショックでした。

しかし滝壺にいけばきっと違うはずです。

そしてここからが赤岩沢大滝滝壺を目指す
唯一かつ最大の難所
となります。

滝の左から登っていくという事前情報の元、
ルートを見てみます。

残置ロープは3mほど上のバンドまでのみで
そこからは自力で登っていく必要があります

(時期によっては、
残置ロープがあったようです)

⑤生と死の

ぱっと見、安全なルートは皆無でした。
落ち口を直接目指す落ち口トラバースは、
足がすくむ傾斜と高さで絶対無理だと判断。

したがって、
落ち口トラバースではなくて、
左側の溝に逃げていくルートを選択します。

ほぼ岩にへばりついた形で、
直上していくルートですが、

この一歩を進んで滑ったら死ぬ!

という死の恐怖が何度も襲ってきて、
一進一退しながら
時間ばかりが過ぎていきました。

残置ハーケンにお助け紐をつけて
ハーネスに連結し、形的に確保されているような
お守りもやってみましたが、

実際にすべったら
終わりなのはわかってました。

おまけに左足の足場が徐々に崩れ始めて、
ザックも上の岩に引っかかったりします。

そうこうもがいていくうちに、
突破するなら、この足場に右足をおいて、
ここに左足で、一気にあそこまで
いくしかないみたいな

ゴールへの唯一の道
みたいなのが見えてきて、

ボロボロのなか、
最後のかけにでました。

2~3歩、生と死の狭間の
異常な緊張感の中、岩場を直上
します。

そしてついに
倒木を掴みました。

この倒木が結果的に安定していて、
ここでお助け紐の長さがちょうどつきたので、
解除して左の溝へ登っていけました

究極の安堵感でした。

⑥そこは秘境

一見絶望的に見える道を
クリアしたパーティのみが居れる滝直下は
秘境感がほとばしっていました。

水量は少ない。しかし、
こんなに素晴らしい空間だったとは。。。

左側の大滝を真下から↓↓

プロセス的なところも大きいですが、
隔絶された滝直下とそこにかかる
50M級の大滝の組み合わせには、

かつてないほどの感動
を味あわせてもらえました。

ここで水量が豊富だったら
MAX評価は間違いないところなので、

綺麗な双瀑状態を狙って、
また訪れたいなと思っています。

帰りはザイルを出して降りました。

アクセス

Step1 上野村の野栗沢地区へ
Step2 林道は進める所まで
Step3 沢沿いに進む
Step4 小滝を突破して直下へ
前衛滝の登攀は普通に死ぬ可能性あり。
自己責任となります。