養老の滝

養老の滝
—【岐阜県 養老郡 養老町 養老公園】—

スポンサードリンク

滝の記録

活動の形態:お手軽/レンタカー
感動度:けっこう

1回目

①養老の滝と伝説

養老の滝は、 養老山のふもとにあり

年老いた父のために、
息子がこの滝に流れ出ていた
「酒」の香りがする水をひょうたんにつめて、

父にのませたところ、
父が喜んだという伝説がある滝です。

その後、その噂を聞いた
元正天皇がやってきて、

この地を養老と名付けたそうです。

日本の滝100選に選ばれています。

有名な居酒屋チェーンの
名前の由来にもなっています。

②個人的な思い出

最初に見た滝は、
おそらく日光の華厳や、湯滝、龍頭の滝ですが、
この滝の印象は今でも記憶に残っています。

100選の滝としては、
決して大きな滝ではないし、
かなり人も訪れる観光滝です。

③その他(周辺観光)

この滝の後、
この養老地域でもう1つの有名なスポット

養老天命反転地という場所に行きました。

変な名前のついた建造物に
それぞれ仕掛けがしてあって、面白かったです。笑

2回目

訪問日:2013年9月15日

①再訪

12年ぶりに養老の滝を訪れました。
(龍双ヶ滝の続きです。)

上の駐車場から階段を降りて行きました。

すると脳内に覚えのある景観が。

滝に近づいていきます。

まさに滝の典型ともいえるべき姿
懐かしさもあり、心を打たれました。

養老の滝は観光滝ですが、
個人的には好きな滝です。

台風が近づいていたので、
日曜日ながら訪れる人は少なめでした。

翌日は、庵座の滝です。


②養老改元1300年祭

2017年の3月に、
養老改元1300年祭が計画されていて、
養老の滝も祭りに先立ち、2016年の秋に
壮大なライトアップが行われました。

アクセス〜岐阜駅からの場合〜

Step1 岐阜駅-東海道本線→大垣駅
Step2 大垣駅-養老鉄道→養老駅
Step3 養老駅-バス→養老の滝

スポンサードリンク


滝色へ戻る