川苔谷の滝

スポンサードリンク



【東京都 西多摩郡 奥多摩町 氷川】

ひとこと

東京で最もディープな滝の世界が、
慣れ親しまれた川苔にありました。

滝の記録

訪問日 2019年6月23日
活動の形態:キャニオニング/ 車
装備:8mm×30m (2本), 沢タビ, 撮影機材
感動度:かなり~限りなく(聖滝・2段22m滝)

①川苔に行こう

百尋の滝は3回目。

2011年、震災の直後に友人と。

2度目は2016年の5月に逆川の下山時に。

梅雨時で、週末も雨が多くなってきた。

今回は奥多摩の川苔谷のキャニオニングを計画。

川苔谷は百尋の滝が有名で、
そこに至るまでのハイキング途中に、
様々な滝を少し遠い場所から、
眺めることができるコースだ。

滝巡りでは下流部の聖滝も有名。

一方沢登りでは、
本谷を通して遡行されることはまずなく、
逆川の遡行が全体の9割以上を占めている。

②アプローチ手段

今回はバスではなく、
滝ペーさんの車にて訪問。

川乗橋よりも下流部の、
TOKYO トラウトカントリーさんの、
駐車スペースに、1日1000円を払い、
停めさせていただく。
(ここは7:00~17:00 までのようなので注意)

川乗橋までは車道、
そこからは3度目となる、
林道歩きへと入った。

その途中にて滝ペーさんから、
僕がずっとマムートだと思ってきていたジャケットが、

マムートではなくて、
マーモットである
と、

驚きの事実を指摘される。

去年の夏から、大冒険を共にし、
窮地を切り抜けてきた戦友の、
メーカーが違っていたのである。

言われてみたらロゴが違うなと、
感じてはいたが、
(マムートは象さん、モーマットは稲妻)
些細な違和感に気づくことができないでいた。

③3度目

とりあえず、
百尋の滝は見ないとあかんね!

ということで、歩行を進めるが、
予想以上に多い、滝の数々。
川苔谷の長大さに気づいてしまう。

一度も休まずに百尋の滝に到達したが、
全谷を撮影しながら、
下降するのは不可能であると判断。

初めてα(ミラーレス一眼)を持って、
向き合った。

④長滝の衝撃

長滝までは登山道を戻っていく。

長滝は、明らかに今までも、
近づければ良い滝に違いないと確信していたが、
そういう機会がなかった。

実はロープが張られていて、
気をつければ、滝の前に行くことができる。

右岸から広がる層の積み重なりが見事。

左岸に形成された洞穴も見事。

落差9mほどだが、
名瀑と言っても過言ではない。

⑤直滝の壺

この下を直接降りようと試みたが、
ちょうど下流部から、釣り人さんが接近して来られ、
釣りを始められた。

そのため、ここは一旦巻き上がって、
再び登山道が、川に接近するポイントで再入渓。

しばらく降りると、
通常は、導水管が邪魔になる、直滝の上に。

左岸の木から懸垂下降で滝前に。

なかなかの雰囲気!

落差はそうでもないが、
下からだと導水管は気にならないし、
滝壺も広くて良い感じである。

⑥スライダーともち麦

そこからさらに降れば、
突如吸い込まれるような水流の場所へ。

ここはスライダーで降りる。

↑↑このように、
滝を豪快に流れているのが、
滝ペーさんだ。

その下の7m滝はロープを出して降りるが、
ここは滝壺が深くてロープの解除には注意が必要だ。

滝ペーさんがここの下降の途中で、
ハーネスが緩んでしまい、
危ない目にあう。

どうやら、CAMP(カンプ)社
特有の締め方をしていないとダメなようであった。

バシャバシャと濡れてしまったので、
少し冷えてしまい、最近はまっている、
セブンイレブンの

もち麦もっちり 焼肉ビビンバ

等で、エネルギーを補給。

先日街中のセブンに行ったが、
別のもち麦シリーズが発売されていて、
焼肉ビビンバをまた食べることはできるのだろうか?

スポンサードリンク


⑦どっぷりと

この後普通の川原をさらに降りてゆけば、
5mほどの深い淵を形成した滝がある。

僕は左岸の微妙な地形を渡って、
まき降りたが、滝ペーさんは滑り降りていった。

そうして橋の下には、
犬吊るしの滝と命名される、
2段S字9mほどの滝がある。

特に上から見下ろした時の、
左岸のえぐれ方が顕著。

川苔谷の見どころの1つである。

下からも。

2条6m滝

これもなかなか。

⑧2段22m滝

そうしたら、大きな滝の上に出た。

ここを下降していくのは、
しっかりとロープワークを
身につけていないといけないが、
水にまみれて、面白い。

途中で止まるシーンがあったので、
ATCアルパインガイドで初めて、
仮固定を行なったが、

ここでリズミカルに歌っていたら、
一回振られて右に落ちてしまうという
ポカをやってしまった。

今回は30mロープ2本の連結であったが、
この長さで下までは足りる。

(写真を撮っていただく)

しかし、最後の6m級の箇所は、
瀑水に突撃するような懸垂下降になり、
勇気が試されたが、滝裏に潜ると、
ほとんど水はこない場所があった。

ここは撮影。

さらに離れると、
左岸の突き出た岩塔が滝を極めて印象付け、
素晴らしかったのだが、

上部が白飛びしてしまい、
また構図的にも全くまとまらない形に。。。

⑨夫婦滝と逆川

その下がいよいよ、夫婦滝。

中央部分を下るが、滝壺は深い。

ぽちゃ!は確実なものの、
この日の水量では、この滝の登攀は
大変厳しいものになるだろう。

そこからは穏やかになって、
左岸からは3年前に遡行した逆川の合流を受ける。

⑩石灰岩

その下で1.5mの吹き出し滝、
2条の滝となりながら、
石灰岩の谷に姿を変える。

1.5mは右岸から巻き降り、
2条の滝は、ダイブはしないで、
左岸沿いに水流をまたいで越えた。

実はこの滝、
3年前に聖滝を見た後、
巻いて姿だけは確認していた。

ここからは物凄い景観で、
そして、すぐに聖滝ゴルジュの出口も確認。

一通り撮影した後、
残置ハーケンから伸びるスリングの先に
お助けを繋げて、3m級の滝下まで下降。

⑪聖滝ゴルジュの核心

この場所が異常だった。

川苔谷本谷の水の流れは、
この聖滝ゴルジュにて極まっている。

とにもかくにも白い。。。

美しい。

いままでの滝体験にない異質で、
水飛沫、場の力が異常に高く、
心を奪われてしまった。

水を浴びるごとに、
体内の水分バランスが、置き換えられ、
塗り替えられていくかのような感覚。

さらに2段分泳いで降っていけば、
聖滝ゴルジュは終了だが、

残り時間を惜しむようにゴルジュを堪能する。

聖滝

あとは、林道に這い上がり、
車まで戻って終了。

ありがとうございました。

⑫まとめ

川苔谷の聖滝~直滝+長滝を通したことで、
こんな世界が東京・奥多摩にあったのか、
と衝撃を受けました。

空間の高いエネルギー。
様々な場、水しぶき、光景、音。
それら全てのものが、まとわりついて、
バリア、ホールドされた48時間ぐらいを過ごしました。

と同時にがっつりと滝モードになりました。

しかし、滝めぐりは切り替えが重要。

良い体験を循環させるためには、
時にインターネット環境を遮断することが
非常に大切だと実感しています。

以下、滝の循環マップ(仮)

キャニオニングは、
通常の滝巡りの領域ではなく、
独自で行うには経験値が必要です。

体験には、ツアーを運営されている
会社さんにご連絡をしてみてください。

スポンサードリンク