庄川西岸 草谷支流の大滝と脇谷の滝

スポンサードリンク


草谷の大滝と脇谷の滝【富山県 南砺市 西赤尾町】

用語集

訳のわからない言葉が多い場合はこちらを ↓↓↓

滝の記録

訪問日 2022年5月21日

活動の形態:トータル2級[1級沢登り+沢下降] (単独)/ 車

装備:8mm×30(1本), ミラーレス一眼(広角), 三脚[故障], ラバー足袋

感動度:かなり~限りなく

① 北陸の谷へ

北陸の大滝探訪と沢歩きを是非やってみたく、
出張に合わせて地域を選定した。

エリアは庄川の西岸と呼ばれる地域で、
南砺市のタカンボースキー場の近くとなる。

ゴルジュ地形の先に「大滝」が記載されており、
web記録でも良いであることが確認できた。

この滝を見た後、右俣の本流をたどり、
脇谷を下降するプランとなる。

② 草谷の遡行へ

全ての本流となる草谷(くさだん)の林道に入ると、
すぐ土砂崩れで通行止めのゲートが出てくる。

下降路となる脇谷はこのゲート近くなので、
この位置での駐車は問題ない。

林道歩いていくと深刻な路面崩壊に出くわした。

ここをそのまま通過するのは容易ではなく、
少し手前から沢に降りて本流を沢歩きすることにした。

途中小さな堰堤が現れたが左からの登攀が
なかなか難しかったことを記憶している。

しばらくすると小さなゴルジュが形成されて
2段滝が落ちている。

ここは非常に深い滝壺を形成しているため、
泳ぎを余儀なくされるかと思いきや左岸からのへつりで、
無事釜に落ちることがなく突破することができた。

本流の小滝

さらに小滝

ゴルジュ感が増していくところ・・・

大きめの2段堰堤がある。

ここは堰堤直登に惑わされず、
安定の左岸巻きをこなした。

③ 草谷支流の大滝

この後草谷は本流と
大滝を秘める大滝沢に二分し、
大滝に近づいていく。

大滝まではゴルジュ地形となっているが、
実際にはそれほど厳しい地形は無い。

釣り人に追いつき滝を見てきたことを告げると
すぐ先にあることを教えられる。

圧倒的な水量の滝が
非常にかっこいい岩盤から放たれ、
素晴らしい滝を形成していた。

ちょっとした岩場を登り大滝に近づいていく。

釣り人は達人でありイワナを見せていただいたが、
非常に美しかった。

昨年は怪我や転職がありほぼ滝が見れなかったが、
久々に素晴らしい滝を見ることができた。

この滝を左岸から小さく巻くのは、
かなりデンジャラスな登攀が必要。
(僕ならもう少し離れて大高巻きを仕掛ける)

④ 滝谷の風景

この後しばらく済んだ後に連瀑帯があり、
その前で達人が休息をとっていた。

ここで引き返すらしい。

僕はこの連瀑帯を超えて先に進むことにした。

滝谷の本流と思われるこの谷には
あまり整った場所はなく、顕著な滝も少ない。

1カ所2段滝があり、そこが山場であった。

途中

振り返って

またその上部に比較的美しい滝場が1カ所あった。

何かの群生

さらに上部になると雪渓に遭遇。

そろそろ脱渓を決意。

脇谷側に取り付くが非常に笹薮がきつく苦戦。

その途中で地形図には顕著に見えない小支流に遭遇。

この支流沿いに登ったところ、
かなり時間短縮することができ無事乗越に成功。

⑤ 脇谷の左俣

謎の湿地帯

対岸に進み脇谷への下降路を探るが、
こちらも笹薮がきつく降りていくのに非常に苦労する。

さらに谷に入っても雪渓が多く、
上部を慎重に降りたが、いくつか緊張する時間があった。。

ようやく雪渓がなくなり、大きめの滝の上に出る。

ここはロープを使わずに左岸巻きで降りて、
近づいてみた。落差は12mほど。

(この辺り宮城の大倉川本流下降を彷彿とさせた)

ここはまだ脇谷の左俣の世界

2段5m滝も下降し、ようやく二俣で
本流を下降していくことになる。

スポンサードリンク


⑥ 小ゴルジュと簾状の滝

3.5mの迫力ある滝

ナメ滝

下にも滝が・・・

その下の2条の滝 (上のナメ滝と2段11m滝を形成)

小ゴルジュの様相を呈する美しい場所。
(2段6.5m滝)

下に大きな滝が見えたため30mロープを出して懸垂下降。

簾状の美しい滝がかかっており撮影。

落差は13m程度

しかし今回大変残念なことに
三脚・雲台のパーツをロストしてしまったため、
手持ち撮影でしか記録を残すことができなかった。
撮影のクオリティーが悔やまれる。

⑦ 大滝

小さな滝だが滝壺を恐れて、
左岸からロープを出してしまった滝。

さらに下っていくと巨大な滝を感じ、
右岸から緑を伝った後、懸垂下降開始。

30m 1本では非常に足りないところではあったが、
着地点を工夫しギリギリ下に降り立つことができた。
(下部はフリーで下降, 危ないところであった)

文字を描くような見事な段瀑

脇谷の大滝と呼べるのかもしれない。

8mの斜瀑もなかなか楽しい。

⑧ 屈曲点の名瀑

そして谷を下っていくと、
さらに圧倒的な地形が確認できた。

懸垂下降の開始点の見極めに注意を要する場所であり、
ロープ長が足りない事から慎重に選択を行った。

この滝に降り立ったもののロープを抜きさらない限り、
さらに下に降りることができない。

ひとまず撮影に集中する。

シワガラの滝上部の小又谷の段瀑を、
ミニスケールにしたような空間。

脇谷No.1 の風景だと思う。

今回軽量化と仕事絡みのため、
ハーケン・ハンマー類を置いてきてしまい、
頼りない木の根っこしか支点を取れない。

その下の滝は落差5m程度のため死ぬことはなさそうだが、
支点の脆弱さには大変緊張させられた。

崩壊することはなく、滝下に。

⑨ 下部の滝

この後、近くに堰堤があり、
その左岸に明瞭な道が確認できた。

これで速攻下山だと思っていると、
途中、よさそうな滝を見つけてしまう。

滝マインドが発動し、結局近づくことにした。

2段17m級の滝で特に上部がよかった。

⑩ その後

道に戻って、出合へ。
(途中の滝はスルー)

そうして、林道に復帰。

車はすぐにあった。

富山駅まで車を返して終了。無事帰路についた。

完!!!

ログ

POINT

① 比較的雪渓は少ない谷ではあるが、まだ5月だったこともあり、早すぎた感はあった

② 滝谷本流(大滝に入らない方)の遡行価値はない。

 ・ただ、脇谷の下降をメインと考えるのなら大滝も見れてGood

 ・ロープは30m一本では足りない (推奨 45m 以上 1本 or 30m 2本)

③ 大滝は名瀑なのでぜひ訪れてほしいが林道崩壊がネック・・・

スポンサードリンク