大雲取谷の滝

スポンサードリンク


小魚止の滝・大雲取谷の滝【東京都 西多摩郡 奥多摩町 日原】

用語集

訳のわからない言葉が多い場合はこちらを ↓↓↓

滝の記録

訪問日 2022年5月3~4日

活動の形態:1級上沢登り (2名)/ 公共交通+Taxi

装備:8mm×30(2本), ミラーレス一眼(広角), フェルト足袋

感動度:けっこう~かなり (トータルで)

① 春の記憶・・・

大雲取谷は行きづらい場所であった。

東日原のバス停から八丁橋へ行き、
橋からさらに林道をひたすら歩き続ける。

日原をここまで歩くのは3回目になる。
(1回目 2014年4月、2回目 2020年7月)

日原川沿いに唐松谷出合を撮影。

今回はαは持たずにTG-6で対応することにした。

② 小魚止の滝

ちょっとした小滝を登り、
小魚止の滝に至る。

思いの外、素晴らしい滝で、
昨年訪れた少し下流の本流の10m瀑と
2本セットで重要視されて良い滝だと思う。

しかし、非常に険しい地形を形成していて、
小さく巻くのはままならない。

その場所から大きく巻こうとしたところで、
かなり崩壊しているガレ場を
登りつめる必要があり、危険を感じてしまった。

小さくうまくためには、
重い泊の荷物のままでは厳しく、
空身になって垂壁を4~5メートル登る必要があった。

ハイステップに加えて、
ルンゼを超える1歩に慎重さが求められた。

ロープで荷上げするが、
倍力が使えず苦慮した。(2名分・・・)

バンド

もう一箇所ルンゼがあるので、
斜め懸垂で越える。

この巻きは簡単ではない。

③ 大雲取谷の流れ

すぐ先で長沢谷との二俣。
穏やかで泊まってしまいたいところ。

左に進んでいく。

2.5m滝(トイ状)

2条2.5m滝

ゴンエ谷を左に見る。

1m滝

キノコ

④ 2条6m滝と小雲

岩に囲まれた木

2条6m滝

滝壺が広い2.5m滝

幅広の滝

小雲取谷を左に見る。
(倒木が重なる出合。それなりに遠かった)

⑤ 大地は生きている

小滝にて

2条3m滝

テン場の判断には迷ったが、
濃い踏み跡があったことから、
先行パーティの存在を認識。

六間谷出合は怪しいことを踏まえて、
手前の7m滝が少し見える谷間を宿とした。

毎度のこと、
焚き火はスキル不足でできなかったが
非常に穏やかで絶妙な谷間で、
温かいものが食べれて嬉しい。

久しぶりの沢泊で全てが五感を刺激する。

電波が全く届かないのが嬉しい。

自分の全細胞がリフレッシュ
されているような気がした。

⑥ 詰める

2日目

渓流の歌鳥の音色で目覚める朝。

本日は沢下降ルートも案にはあったが、
久々の沢登りで荷の積み方も悪かったか、
どちらかの膝周辺が痛くなってきた。

そのため雲取山から最短で降りれるルートで決定。

朝っぱらの2条7m滝は滑りそうで少し悪く感じた。

ノーロープ

六間谷出合では予想通り、
先行パーティが朝の支度を行なっていた。

我々は左の六間谷に入る。

美しい水の流れがあった。

4mトイ状滝

その後ゆっくりと詰めに向かっていく・・・

⑦ 長い長い下山

雲取山荘にてメインの沢装備を解除。

さらに100m弱高度を上げて

雲取山に登頂!

南へ舵を切った。

ダンシングツリー

雲取山は東京都の中で奥深いこともあり、
下山路のコースタイムも5時間越えの長い道のりとなる。

バスに乗って駅に帰ることも想定したが、
鴨沢駐車場スペースからバス停まで
徒歩20分程度さらにかかりそうなので、タクシーを手配。

到着までに着替えを済ませて乗車。

無事奥多摩駅に帰り、
立川で寿司を食べて締めた。

完!

ログ

POINT

生命力・優しさがある谷。

ゆっくり穏やかな渓谷で1泊すると、より自然のダイナミズムを感じることができる。

総歩行距離:26.87km

スポンサードリンク