海沢川中流部の滝+天狗岩の滝

スポンサードリンク


海沢川中流部の滝+天狗岩の滝【東京都 西多摩郡 奥多摩町 海澤】

用語集

訳のわからない言葉が多い場合はこちらを ↓↓↓

滝の記録

訪問日 2022年7月3日

活動の形態:1級沢登り (2名)/ 公共交通+Taxi

装備:8mm×30(2本), ミラーレス一眼(広角), フェルト足袋

感動度:かなり~限りなく (天狗岩)

① 避暑へ

この日は奥多摩の半日活動。

暑いので避暑のため、
海沢川中流部+井戸沢を企画。

前日に車を予約し、奥多摩駅から近くまで送迎。

林道で出石窪の滝を視認したが、
水量少なく見応えがなかった。

② 泳ぎが始まる

川に降りると、前日泊まったのかという
パーティが河原で撤収作業をされていた。

僕らはその先で着替えて準備。

比較的すぐ泳ぎのフィールドがやってきた。

泳ぐと奥に2m級の滝があって、
よじ登って越えるのが楽しい。

振り返る

先ほどの泊まっていた
学生さんパーティも近づいてくるが、
楽しそうに泳いでいた。

3mナメ滝

泳げたりする。

③ 海沢ミルフィーユと3m滝

面白い岩の滝

接近して

見事な奥多摩ミルフィーユが形成された場所。

この場所をピックアップした記載を見たことがないが、
非常に秀逸な景色で、体験価値が高い。

さらにその先に3m級の滝があって、
広々とした場で良いアクセントとなっている。

水を浴びるK

この滝には梯子で
林道から降りてくることができるようだ。

直登が可能。

④ 中流部後半

折り重なる2m滝

後半も小滝が連続し、
体を動かして遊べるし、
たまに飛び込みを行おうとすればできる。

地層ある岩

そうして井戸沢の出会いにたどり着いた。

⑤ 天狗岩の滝

一番下の滝

左岸の巻き道で滝に近づいていくと、
巨大な本体滝が見え始めてくる。

巻き道にはロープもあり、万全な感じ。

だが、本体の滝の前に降りるにはロープが必要。

ロープで降りると凄まじい場が形成されていた。

天狗岩の滝、というのは納得の
超巨大CSが滝の上に挟まっており、
磨かれ方含めて異様な好風景。

滝壺も深く接近すると、腰以上が浸ってしまう。

直登は非常に難儀だろう。

また、その下は釜になっており、
支点もあってキャニオニングの練習場になっているようだ。

あまり紹介が少ない天狗岩の滝の本体だが、
ちゃんとしたリーダーがいれば安全に楽しめる。

⑥ 井戸沢の先

さて、この先も少し探索ということで、
左岸巻きを続ける。

上部で降り立つ瞬間が少し危ない箇所がある。

落口から下を覗くと、
上部スラブはツルツルで
とても登れないだろうという代物。

平凡な河原をしばらくすると、
屈曲部にすぐ滝が現れた。

なかなかカッコ良い感じで、
ちょっと容易には上部の直登はできない。

攻めるならちゃんと
ハーケン支点をとって工作する必要がある。

通常は巻きを選択することになるだろう。

振り返って

今日はこの後雨天が予想されていたので、
この滝で引き返して、井戸沢の直後のロープから脱渓。

⑦ 帰路へ

林道に上がり、適当なところで着替えて、
白丸駅まで徒歩で帰路に着いた。

途中、豪雨に襲われて、
しばらく雨宿りをすることになる。

立川で何を食べたのか忘れてしまったが、
早々に東京に帰ることができた。

完!

ログ

POINT

天狗岩の滝は必見

中流部には見るべき景観があった

水量が多いとより楽しめそう

スポンサードリンク