玄倉川 鍋割沢の滝

スポンサードリンク


鍋割沢の滝
【神奈川県 足柄上郡 山北町 玄倉】

用語集

訳のわからない言葉が多い場合はこちらを!

滝の記録

訪問日 2020年5月30日
活動の形態:2級 (2人) / 車
装備:8mm×30mm×2, 沢タビ
感動度:けっこう


①朝の試練

列島のコロナショックに、
一旦ではあるが、区切りがついたこの週。

早朝にあっきーさんと合流し、
E駅近郊の老舗ファーストフード店「M」の、
ドライブスルーに立ち寄る。

そこで、テレフォンに向かって、
注文しようとするあっきーさんに対し、
バイトリーダーなのだろうか、
そう思しきおば様が応じる。

このおば様、ツンデレなのか、
質問をしないと何も答えてくれず、
注文もたびたび終了させられそうになる、
ドライバーにとって苦しい接客を展開。

しかも、一時的に、
マスクを外していたあっきーさんに対し、
次回からは必ずマスクをしてくださいねとお叱りが入った。

そんな愛のかけらも感じられない、
肉と小麦と糖が僕らの朝飯となり、
一日が始まることになった。

② ザバーン

ラジオからは、パーソナリティの男性が、
ハイキングのお話を届けてくれる。

目的地もまだ決まっていないが、
走りながらの微妙な時間の中で、
一つずつ候補を絞っていった。

ラジオの男性は、今度は登山の話に移った。

累計200時間はラジオを聞いてきた僕が、
その違和感を尋ねると、FM横浜土曜日AMの
アウトドア特化型ラジオ「ザバーン」であることを伝えられる。

③ 歳に負けない

様々な候補の中から、鍋割沢が決まった。

あっきーさんの、課題の一つ。
今回はその同行、サポートをさせていただく。

玄倉林道が通行止めのため、
中津川 寄沢 沿いの雨山峠へ向かう道を選択。

林道が終わると登山道となり、
時に寄沢を対岸に徒渉したりしながら進む。

それにしても、
エンジンのかかりの遅さというのは
近年感じ始めていて、

歩き始めてから1時間ぐらいするまでは、
体が重く疲れてペースが上がってこない。

しかし、あっきーさんがこれだけ動けるのだから、
僕がまだまだひよっていてはダメだろう。

きっと、冬の運動不足が原因なのだ。

④ 雨山峠

渓流の歌姫、ミソサザイが鳴いている。

ちっこくて可愛らしい鳥だ。

上りの道を続けていくと、次第に沢沿いになる。

と言っても、水はもうなくて、
ゆるやなか寄沢源流のU字谷を、
すこすこ歩いていけばいい。

雨山峠に至った。

ここから、鍋割沢にいくには、
西の林道に降りて林道を長く歩くコースと、
標高300mを登り、鍋割山を越えた後、
小丸から下降するコースが考えられた。

しかし、ここで標高差300mはナンセンス。

西の沢沿いに降り始めた。

⑤ 癒しの雨山沢

沢の右岸に設けられた道を辿る。

しかし、途中途中で、綺麗なナメ滝が見える。

水は少ないが、癒し系の沢。

思わぬ風景に感銘を覚えながら、林道に合流した。

⑥ 手拭いの女

林道歩きが始まる。

かつてはここまで自転車がこれたそうだ。

玄倉川には時折、支流が合流していくが、

どれも味わい深そうな様子を漂わせていた。

茅ノ木棚沢

トンネル

後ろから颯爽と、
北アルプスにいそうな健脚な単独女性が現れる。

頭の手拭いの結び方がとっても上手であった。

一度僕らが先をゆき、
鍋割沢の出会い付近のゴーロで、
入渓準備兼、お休みをしているときに、
再びお会いした。

⑦ 切り替わる世界

ゴーロを越えるとF1がある。

日が照りつけるゴーロから、
ちょうど陰の滝の世界へ切り替わっていくところ。

滝の向かって右側に、
大きな木が生命力豊かに根を伸ばしていたが、
あまりうまく撮れなかった。

さて、どうしようかというところで、
登れるんじゃないか?という見立て。

僕が先に取り付いてみるが、
めちゃくちゃぬめる。

フェルトなので、
ギリギリのところを攻めつつ
高度を上げるが、見た目よりも悪い。

上の方は有効なガバがなくて、
泥を落としながらのホールド探し。

足もやや微妙だったが、
冷静につないで切り抜けた(III+)。

ステルスソールのあっきーさんは、
ぬめりのため、左岸巻き。
ロープで降りて合流。

⑧ 弓の戦士

連瀑を越えると、
F2の8m滝が待っている。

弓を放つあっきーさん

近づくと両サイドが迫力を増し見事。

この沢の見所の滝だ。

後藤さんのガイドでは左岸巻きで、
それが意外と悪いという。

しかし、右岸を見ると、
ガレルンゼが登れそうではないか?

とのことで、
間隔を空けて僕が挑戦してみる。

スポンサードリンク


⑨ 鍋割の脆き壁

堆積した岩の塊のお山は問題なく登り、
ガレルンゼの真下に着く。

岩場は想像よりも立っていた。。。

そこから取り付いてみるが、
各ホールドスタンスが微妙に遠くて苦戦。

そうこうしていると、
突如、右足のスタンスが飛んだ。。。

他の二点支持でなんとか持ち堪えて、
さらに上へ。垂直パートが終わったら、
緩くなる斜面を登る。(IV + 以上)

有効な木々はなく、新しい僕の右手、
ロックテリクスの「ゴルジュハンマー」が音を立てる。

自宅の日々の最中、オンラインで注文し、
最初に握った時の重さには、絶句したものだが、
パワーは物凄くある。

ところが、ここの岩どこも脆く、
リスが打ち込まれるやいないや岩ごと崩れ去って、
しまう。。。

なんとか、2本隣合わせに打ち込んで、
確保に入るが、あっきーさんは少し登り始めている。

そこからは掴んできていただいたが、
僕が取り付く前にもう少し連携を、
確認すべき箇所であったと反省。
(この状況になったらこうしますなどのパターン)

ここからは真横少し上のラインをトラバース。
無事あっきーさんにラインを張ってもらって、
僕は楽をさせていただいた。

ロープを回収

⑩ 見所が連発

3m滝は左岸の張り出しが見事。

個人的に一番見応えがあったのが、F3。

2段8m程度の落差だが、
段階的に張り出している岩が格好良すぎる。

一番の思い出の風景。

次に待つ5m巨大CS滝は、
かなり巨大な岩でびっくりする。

黄緑が終始鮮やか。

そうこうしていると、
細い小滝の奥に2条の滝が見える。

9m級の滝で、上部に丸い岩があるのが特徴的。

露出がおかしくなってしまった一枚。

この区間は良い滝が続いた。

⑪ 『岩が俺を避けていった』

ここの右岸巻き。

斜面は良くない感じ。

登っている突然触った、
前斜面の岩が大きく崩れた。

僕の腹から首近くまでありそうな、
そんな大きいな直径の岩が突如崩れて、
ぶつかってきた!!!

破片がスネを打った。

衝撃でよくわからず、後ろをみると、

あっきーさんは無事だった。

「大丈夫。岩が俺を避けていった」

そう仰っていた。

あんなにでかい岩が触っただけで、
突如崩れるとは思わなかったし、
ぶつかったのにほぼ無傷なのは、
微妙にコースがそれてたんだろう。

2人とも無事で何より。すんませんでした。

⑫ テーブル岩とツツジ

落石の衝撃か、異常なペースで高巻きを掛け、
この沢床に復帰。

しばらく進んでいくと、
「テーブル岩」が目の前に。

今回僕らはここで尾根へと抜ける。

主要な滝場は終わり、
終盤は登れない赤土に阻まれるらしい。

尾根は最初登るまでが嫌らしかったが、
その後大体は平和。少し道を逸れて、
上部には美しいツツジの群生が!

もうしばらくで稜線に出た。

⑬ モクモクとバリエーション下山

ここから最短で下山するだけであれば、
大倉尾根を降りておしまいであるが、

車が停まっている、寄沢の方まではかなり遠い。

金冷し、大丸、小丸といって小丸で休憩。

稜線は曇っていて、
時折幻想的な雰囲気が良い。

鍋割山は初登頂。

この後、雨山峠までいっていては
ルート的にロスが大きい。

地形図を判断して中間尾根を使用して、
寄沢源流部をカットする
スーパーショートカットコースを実現させる。

⑭ 沢靴の崩壊

しかしここにて、
あっきーさんの沢靴、大峰が崩壊

なんでも前の夏に、
屋外の物置で管理されていたそうで、
その高温さで接着がイカれてしまって、
寿命が早まった可能性があるのだとか。

何度かボンド修復を施して今回に至られていた。

日の長いこの時期でも、
すでにあたりは暗くなっています。

真っ暗闇のゴーロ帯。

片足が外れ、また、もう片足がだめになり、
さらには暗闇が近づくゴーロの中で片足が、
完全に靴下同然になってしまった。

ヘッドランプを装着した状態で、
スリングを巻きつけるなどして、補修を試みるが、
結局は取れてしまう。

そこで僕が、かつて、
島根の掛橋川の龍頭ヶ滝などで、
裸足のまま遊歩道を15分ぐらい歩いて、
苦労の果て、到達したお話などして、
元気を出していただこうとする。

あの頃は何かがおかしかった(苦笑)。

歩き始めて、もうしばらくで、
登山道が終了。

真っ暗な中、林道になってもう安心。

さくっと着替えて終了になりました。
(19.3km)

完!!

⑮ 結婚観

その後セブンで食料を補給して、
E駅まで載せていただく。

そこでいろんな滝好きの方の、
結婚を振り返りながら、
現実的なところの結婚談議。

結婚して子供が生まれて、
その子が小さくて手間がかかり、
嫁さんが肉体・精神共に大変な時期に、

ふらっと滝や沢に消えて、
1日中、ましてや2~3日連絡が取れないとか、
そういうのは基本的にあり得ないということ。

自分の欲望が最優先な男には、
子供を産んでもらい、そして
育てていく資格はあるのだろうかということ。

逆に言うならそう言う大変な時期に、
山に行かなくても家族3人で幸せであると確信できるような、
そういう人と結婚しなければならないという事。

まだまだ考察が及ばない深いテーマです。

⑯ まとめ

たくさん歩きました。

まさか、丹沢で闇下山になるとは。

でも、玄倉の一端を味わえて、とても充実です。

沢靴に関しては、
仮に山のど真ん中で靴が崩壊した場合、
パーティ全員が遭難する可能性も出てくるので、

沢で靴を崩壊させないように、
準備することは肝に命じたいと思います。

また、落石にも気をつけます。

そして、流れを感じること

次にいくべき、滝・沢は
常に毎日にヒントがあると思ってます。

今回の鍋割も、
無理してではなくて、強引でもなくて、

いろんな意味で、
自然と、流れに従って、
気づけば訪れてました。

そういう、流れを、
今後も大切にしていきたいです。

スポンサードリンク