根尾の滝

根尾の滝
—【岐阜県 下呂市 小坂町 落合】—

スポンサードリンク

コメント

この滝は、形の良さ、【根尾】という名前の良さ、
醸し出す雰囲気の良さ、

そしてサークルの仲間との思い出も相まって、
個人的に色あせない名瀑です。

下のマップ内での位置は、
アプローチ拠点を指しています。

滝の記録

訪問日 2011年8月13日
活動の形態:ハイキング+α / 電車+宿の車&Taxi
感動度:限りなく

①岐阜県の小坂町へ

2011年8月にサークルの夏合宿で訪れました。
小坂町は滝が多い市町村として有名です。

青春18切符で東京から
高山本線の飛騨小坂駅まで、
ひたすら移動しました。

②駅→民宿→根尾の滝入口

泊まる民宿に荷物を置いて、
タクシーと民宿の方の車の2台の車で

根尾の滝の入り口まで
連れていってもらいました。
途中結構道があれていました。

③根尾の滝へ!

ルートは片道45〜50分程度の山道です。
途中わりと起伏がある道です。

13分ほど歩くと河原に出ます。

一回濁河川を対岸に渡って、
さらにずっと進むとたどり着きます。

一般的に滝を見る場所からでも
かなり迫力があるのですが、
もちろん、接近しました。

見事な直瀑で落差40m
接近性◎、秘境感◎、規模水量◎

滝壺Diveもしました!↓↓↓
滝壺の広さがわかると思います。

滝体験における感動度は、
自分自身との経験値もあり、
スキルと関係した集まる仲間との
関係性にも影響されます。

この時、この場所、この方向性の感動を、
味わうことはもう難しい。。。

それほど根尾の滝での体験は特別でした。

④滝の姿(追記)

根尾の滝はかつてもっと水量があり、
その分形も違っていたのですが、

濁河川上流で水力発電のため、
取水を行うようになってから、
僕が訪れた時のような水量になっている。
とのことです。

⑤温泉

帰りも同じく、運んでもらいましたが、
ひめしゃがの湯】という
日本トップレベルの炭酸泉の温泉に寄りました。

ものすごく気持ちよく
いままで行った温泉の中で、
最高の印象が残っています。

⑥紛失騒ぎからの...

実は帰りの鈍行列車での移動中、
4万以上の現金や印鑑、各種カードが入った、
財布を紛失してしまいました。

青春18切符も失ったため、
戻ってきた東京の駅では、
駅員室に連れて行かれ、大変な目に合います。

ここは、今回同行した友人が
料金を建て替えてくれて、釈放。

しかも数日後、財布がまるごと
愛知県のどこかの駅で見つかり、帰ってきました

エピソードには欠くことがない、
伝説の合宿でした。

アクセス〜岐阜から〜

Step1 岐阜駅-高山本線→美濃太田駅
Step2 美濃太田駅-高山本線→飛騨小坂駅
Step3 飛騨小坂駅- タクシー→根尾の滝入口
Step4 根尾の滝入口-徒歩45分→根尾の滝


滝色へ戻る