田立の滝 〜天河滝と霧ヶ滝〜

田立の滝 (天河滝 霧ヶ滝)
—【長野県 木曽郡 南木曽町 田立】—

スポンサードリンク

コメント

田立駅から歩いて、
軽登山靴で突っ込んできた
伝説のアプローチです。

滝の記録 〜雪道の果てに〜

訪問日 2013年1月20日
活動の形態:中~上級滝巡り(冬)/電車
感動度(天河):限りなく

①最終日

名古屋駅で旅行最後の夜を過ごし、
翌朝、名古屋→多治見→中津川→田立
と移動しました。

7時50分には田立の駅に着きました。

②古典的アプローチ

この滝は普通、車で訪れます

滝入口の駐車場までの距離はおよそ6km。
時速4kmペースで、90分かかります。

急ぎめで滝へ向かいました。

滝の最寄りの駅から滝の駐車場までは普通、
滝がある山間部に近づいていくために、
ほぼずっと坂道だったりします。

今回もそのパターンで、
5kmは登りの坂で
しかもけっこう路面が
凍結していて時間がかかりました。

駐車場にいたる最後の坂道の積雪量が
30cmくらいあってきつかったです。

75分かかりました。

③雪道行軍

この滝は百選としては、 到達が簡単な部類ではありません。

まず最初の滝が見えるまで
結構時間がかかります。

最初の方は凍結のスリップに
注意しながら登って行きましたが、
登れば登るほど、
積雪量が多くなり、大変になります

この滝はこの時期、
普通の装備で来てはいけない状態でした。

スノーシューの装備など、
雪道の対策が必要でした。

しかしそうした装備もなく、
苦戦が続きます。

④雪のパラダイスへ

必死に40分ほど進むと、
螺旋滝と霧ヶ滝・天河滝方面の
分岐点に着きました。

螺旋滝は今回
後回しにすることにしました。

霧ヶ滝に至る直前では、
積雪量は50cmを有に超え、

まず埋まった階段を、
軍手をはめた手で雪をどけて、
道を作って先に進みました。

橋も積雪が多すぎて、自分がのったら、
崩壊すると思ったので、
雪を下に落としながら進みました。

しかしなんとか、
霧ヶ滝に到着!

氷瀑になっていました!!!

こんなに見事な氷瀑は初めてで感動です!!

「く」の字に折れ曲がる滝筋が
そのままほぼ氷結
していました。

滝壺周辺も雪のパラダイスと化していて、
本当に来て良かった滝になりました。

⑤ぼろぼろの闘い

霧ヶ滝も良かったのですが、
天河滝もそれ以上に良い
とのことで、場所ももう近いので、
当然目指しました。

しかし、積雪量はさらに増し、
ひざくらいまで雪に埋もれたり、
転んだりしながら階段を進みました

一瞬もう戻れないのでは。。。
と後悔もしましたが、
なんとか頑張って前へ進み、滝に到着!

目の前には圧巻の絶景が広がりました。

薄茶色の直角な岩盤に張り付いた氷の化身

青い空

」という文字が
もう少しで描けそうな形になってました。

来るのが大変で、苦労した分、
到着時の感激も大きかったです。

水が外側のシェルターに守られながら
落ちている箇所
↓↓↓

下部のカッコよく固まっている箇所↓↓↓

⑥帰路

結局、天河滝到着までに76分かかり、
滝にも15分以上いたので、
もう12時の電車は無理でした。

。。。しかし、ここから粘りを見せ、
40分で駐車場に到着

さらに残り50分のところを、
走りに走って43分で田立駅に到着

無事電車に間に合い、
塩尻駅東口を出て左の
「あかい靴」という店で
おいしい竜田揚げを食べました!

アクセス

車:田立の滝駐車場を目指す。
徒歩:田立駅から徒歩90分+徒歩60分で天河滝

スポンサードリンク


滝色へ戻る