橋倉川本谷の滝

スポンサードリンク


西上州 橋倉川本谷の滝【群馬県 多野郡 神流町 平原】

用語集

訳のわからない言葉が多い場合はこちらを ↓↓↓

滝の記録

訪問日 2021年6月20日

活動の形態:2級沢登り(+α) / 車

装備:8mm×50, ミラーレス一眼(広角), 三脚, ラバー足袋

感動度:けっこう~かなり

① 空会始動

本日はクライミングジム 空四のアクティビティ、
【空会】に飛び入り参加することとなった。

当初予定していた計画の関係から、
支点工作関連のアイテムは持ってなかったが、
問題はないだろう。

早朝、ジム前で集合し、
N区でFJM氏を Pick UP。

コーさんの車にはなんと6人が乗ることができ、
かつてない賑やかさで西上州へ向かう。

長めの峠道を越えて、
神流町に辿り着いた。

② メンバー

今回のパーティはこんな感じ。

FJMさんは空四のスタッフさんで、
丹沢最難と名高い
西沢本棚(V+)を単独で登った男。

沢への情熱は凄まじいが、
常に穏やかな人柄はリーダーの器。

コーさんは空四最初期から通われている、
ジム内のトップクライマーのお一人。
とにかく頼れるお兄さんという感じ。

KJMさんは、
チャレンジ上位常連のクライマーで、
僕と時間が被ることも多い。
今回は2回目の沢登り。

イトマリさんは、
外岩ボルダー初段を落とす実力者で、
かつムードーメーカー的な存在。

KMRくんは高校生で一番若い。
空四スタッフで、今回が初の沢登りとなる。

③ CS滝

駐車地点からは集落に戻る形になり、
上流側しばらくで川に近づいていく。

堰堤横で懸垂下降し、入渓する。

左から簡単に巻ける4m級CS滝も果敢にも挑戦。

足が完全にない中で、
キャンパシング的なムーブが必要で、
これはFJMさん・コーさんしか無理。

僕らは張ってもらったロープとスリングで、
安全に越えた。

④ 小ゴルジュ

小滝

しばらくすると、ゴルジュが始まるが、
わいわいと越えて行けて楽しい。

こんな場所も...

景色もなかなかのものだ。

⑤ ストロングスタイル

そうして4.5m滝。。。

この滝は右岸から簡単に巻ける。

しかし、我々は空会。
普段の練習の成果を試す必要がある。

増水で絶望的な水量だが、
FJMさんが果敢に突っ込み、見事突破!

コーさんも行き、
後続が登りやすい体制をセット。

KJMさんが果敢に攻める。

僕はラストで登ったが、
豪快な水圧を楽しんだ。

⑥ 回らない三脚

その後しばらくは穏やかな渓相。

CSが橋を作った特異な滝があった。

トライした小滝

そうこうしていると、
スリットゴルジュが姿を現す。

ここでついに三脚を出したのだが、
なんと雲台のネジがいかれていて、
カメラに取り付けることができなかった。。

そのため、地面の床置きで、
苦し紛れのスローシャッターを図る。

KJMさんが見つめる。

スポンサードリンク


⑦ 核心ゴルジュの登攀

僕が撮影しているうちに、
奥の滝の方で、FJMさんとコーさんが
ルート工作をしてくれていた。

僕がKMR君を奥の滝まで導いた頃には、
既にFJMさんは登りきっていた。

振り返る。

2ndのイトマリさんがトライを開始した。

されど、かなりの増水で通常よりも難易度増。。

ここが本沢の核心となる。

何度か跳ね返されてしまったが、
それでもめげない強いメンタル。
渾身の登攀が見れた。

KJMさんのトライ

KMR君はかなり苦戦していたが、
コーさんの肩貸しによるスタンスで上部へ。

この滝でもラストとなり、
支点を回収して合流し、スリットゴルジュを完遂。

⑧ シャワー6m滝

さらに先には6m級の滝が。

これも超絶シャワーとなり、
トライ者は半数だったが、
僕もスッキリと登ることができた。

滝の登攀においては、
まずスタンスの見極めが必要。

そして上部では
プッシュと手に足ムーブで這い上がった。

⑨ 詰めへ

コロシアム型の滝

ここでは少し記念撮影も

滝が合わさる二俣で少し休憩。

FJMさんは前に来たとき、
右俣の出会い滝をソロで登ったそうだが、
落ち口のマントルが悪いとのこと。

本日は登らず、
左俣の少し上から林道に詰め上がった。

⑩ 下山

下山は林道をやや東に進んだのち、
地形図にない林道と登山道を経由して、
集落の道に降りてくることができた。

秩父の星音の湯は、
人が多すぎたが、疲れを落とすことができた。

小鹿野のわらじかつ屋さん『東大門』にて
美味しい生姜焼き的な丼を食して帰路へ。

練馬にておろしていただく。
ありがとうございました!

【ログ】

⑪ まとめ

POINT

① ストロングスタイルという力技の習得。

② リアルなコミュニティからの活動 [普段の努力を知っている / 共通の優先順位]

③ 新しい仲間達 → 全員の運命が書き変わった

④ ウェア選択が重要。少し厚めに用意。

⑤ 橋倉川は古い地質の岩が多いのか、全体的に硬くラバーばちきき。

⑥ 三脚は中に謎の粘土状物質が → 掻き出しに奮闘し修復完了。

⑦ セブンの塩むすびが美味しいらしい...

スポンサードリンク