三頭沢・ボウメキ沢・ヨシスキ沢の滝

スポンサードリンク


三頭沢・ボウメキ沢・ヨシスキ沢の滝【東京都 西多摩郡 檜原村 数馬 → 西多摩郡-奥多摩町-河内】

用語集

訳のわからない言葉が多い場合はこちらを ↓↓↓

滝の記録

訪問日 2021年4月10日

活動の形態:2級沢登り / 公共交通機関

装備:8mm×30m(2本), ミラーレス一眼(広角), 三脚

感動度:まあまあ~けっこう

① 奥多摩バリ

今回はK氏との活動。
公共交通機関で奥多摩のバリエーションルートを描く。

武蔵五日市駅から都民の森までバス乗車。

臨時バスの方が圧倒的に空いている。。

② 檜原滝めぐり

すぐに入渓へ近づけるのだが、
檜原村の滝めぐりを進展させるため、
三頭沢の少し下流部にある、
「夢の滝」と「菅平の滝」の見物へ。

【夢の滝】

橋から滝前に降れる道があり、
付近のスペースに駐車してからアプローチ可能。

右側から登って上流へ進む。

小滝

4mナメ滝

【管平の滝】

これらの滝へは三頭沢沿いの道を利用できる。

K氏はサーフィンについて語っていた。

③ 三頭沢核心ゴルジュ

一旦道路に上がり、
再び沢に入るが、しばらく堰堤とゴーロが続く。

ナメ滝の前で入渓準備。

異様にぬめる。

すると、2段の核心ゴルジュ。

下段は中間にハーケン支点をとる。

その後、トラバースして進むが、
右手が冷水で一瞬で悴んでしまった。
指に力が入らず、危険なので、左直上ルートへ。

しばらくもがいて突破。
残置スリングを支点にKをフォロー。

上段を前にしたが、とりつく予定のKが転倒。
真っ暗なゴルジュで全身浸かってしまい、
僕がとりつくこととなった。

膝上まで浸かった上で、
空身で倒木左からとりつく。

レイバック気味のスタートが繊細で、
空四桃色グレード。支点は取れずに抜ける。

荷上げしたが、
結局ただ引っ張る形になったので、
ちゃんと工夫していきたい。

④ 大滝

ナメ滝を抜けると、
三頭沢一番の狭まって美しい滝。

階段状8m

三頭大滝

8年3ヶ月ぶりの大滝だが、
当時は橋の上からだったし、
雪が積もっていてよくわからなかったので、
この場所を体験できて満足。

ここは一人でいくことにして、
厳しくなったら無理せず巻くことにした。

しかし、登ってみると、
途中からは容易に巻けず、
また、2箇所ほど、ぬめるやばい箇所に
足を踏み込む必要があり、神経を使う。

ノーロープだが、途中スリングは掴んだ。
(必ずロープ出すべきです)

⑤ 詰めて山頂

登山道から眺める現頭部。

三頭山を頭頂。

道中の風景は、穏やかで、
ハイカーと三頭沢の源頭風景を楽しんだ。

頂上でコーヒーを飲み、温まる。

下山は北へ。。。

⑥ 岩の谷 ボウメキ

尾根沿いにボウメキ沢を目指すが、
なかなか悪い傾斜。

降り立つと、岩の量がすごい。

稜線の南北であまりにも違う渓相に驚愕。

ガンダム風な涸れ滝を2箇所クライムダウン。

左岸からの突如の湧水。

ほぼ全ての領域がガレで、
カス沢の名を欲しいままにできる可能性を秘めていた。。

⑦ 少し滝 ヨシスキ

ヨシスキ沢に入ると滝が出てくる。

【ゴルジュ 6m滝】

【4.5m滝】

【4m斜瀑】

やや狭まったところ

奥多摩周遊道路に合流。

⑧その後

この後なんとか頑張って峰谷橋に辿り着き、
着替えを済ませてバスを待った。

立川にて一風堂 野菜白丸を食して終了。

お疲れ様でした!

【ログ】

⑨まとめ

今回は、三頭山のピークも踏み、
登攀的にも、滝撮影的にも楽しめた、
アルパインルートを実現しました。

スポンサードリンク