奥美濃 明神洞の滝

スポンサードリンク


明神洞の滝
【岐阜県 本巣市 根尾上大須】

滝の記録

訪問日 2019年8月12日
活動の形態:3級下沢登り(ピストン) / 車
装備:7.3mm×40m(計2本), 沢タビ, 撮影機材
感動度:けっこう~かなり (全体的に)

①思考のリセット

朝、ラステン洞戸。
松谷洞の翌日。

ラステンとは、
大自然に囲まれて、
安らぎがある休憩地のような
場所を意味するドイツ語らしい。

起きて、鼻うがいを行う。

温泉が、体を流し、
ランドリーが、衣服を整え、
鼻うがいは、感情や思考のゴミを、
物理的にリセットする。

鼻腔の奥底には、
不必要な感情がこびりつき、
自身の判断を鈍らせてしまうことが多い。

②山の反対側へ

本日の目的地は、
昨日までの川浦谷から見て、
山の西の反対側。

揖斐川水系
根尾東谷川の
「明神洞(みょうじんぼら)」である。

WEBで見た、
5年前の駐車スペースと、
今とでは大きく変わっていた。

草はボーボーに生え、
落石も多く、変化の大きさに驚くばかり。

ゴーロを進んでいく。

F1の6m級の滝があり直登。

1m級の滝を過ぎると、
いよいよ主瀑の明神滝が現れた。

かつてこの地域がまだ、
根尾村であった頃、明神滝までは、
道が続いていた。

③「入口」であり「門番」

ここから始まる明神洞の世界は、
ここを越えないと見ることは叶わない。

直登と、高巻きの2ルートあるが、
高巻きとは名ばかりで、

直登ルートよりは、
やや遠い場所を登攀して、
落口トラバースする、
えげつないルートである。

僕らは迷っていたが、

滝ペーさんが、

「挑戦しなければ、何も変わらない!
まずはやってみましょう」

とのことで
空身で直登に挑戦する。

滝ペーさんは残置ハーケンに、
カラビナをかけてくれたが、
シャワーを思いっきり浴びて苦戦。

ロワーダウンで戻ってくる。

全く足の置き場がなくて無理です!!!

とのことであった。

④酸素の確保

しかし、冷静にみても、
高巻きルートの落ち口トラバースの方が、
よほどに危険であるので、
僕も挑戦をしてみる。

空身では初めての、
ロープをつけた登り。

シャワーを浴びながらになる、
後半の核心部前に、
ヌンチャクを1つセット。

そうして、降り注ぐ飛沫の中に入ったが、
予想よりも「ばっさばっさ」浴びていく展開。

空気が全く吸えなくて、
「んっ!!!」と、
すぐに胸が苦しくなる。

黄色いジャケットで、
一番上まで上げてしまっていたジッパーを、
少し下に戻して解除して少し楽に。

⑤ボルダームーブ

そうして少し冷静さを取り戻し、

この課題においては、
左足の外傾したスタンスが、
核心になると勘付く。

幸いなことに、
ガバホールドは多かったが、
問題は右足のスタンスが遠く、
一見して踏めるかわからないこと。

この時、心は、
少し宙に浮いた状態でもあったが、
先にスタンスを拾えることを信じられて、
流れ、勢いを生み出して、右上へ。

春からのボルダリング集中が活きたのか、
ダイナミックムーブが決まってくれた!

数手手を抜かずに、体が安定すると、
一気に心は落ち着いて行く。


僕以上に二人が、
喜んでくれていたのが嬉しかった。

パンダさんは、
大きな目をまん丸にして、
「めちゃめちゃカッコよかったで!」
と自分のことのようにはしゃいでくれた。

⑥意図的な水没には...

ザックを引き上げると、
例のハチミツ袋がもう、
空気を溜めこめなくなっていて、
中のアイフォンが、おかしい。

突如として電源が切れてしまった。

強いダメージを受けて、
お疲れモードに突入してしまったのだろうか?

後々確認したところ、水没だった。
アイフォンは8時間お風呂に、
沈めても大丈夫などというのは大嘘で、

特に小さな傷などがあったら、
そこから侵入し、一瞬で水没。

またアイフォンを身につけて泳ぐなど、
意図的に濡らすことは、避けるよう
規約に記載がされていたので
(アップルケアでも無償の修理対象外)
みなさん注意しましょう。

スポンサードリンク


⑦異世界の側壁・祠・トンボ

明神滝を越えると、
すぐ上には 釜を持つ3m滝があり、
左から細かいスタンスを拾って突破。

左右、そして上下を見渡すと、
両岸の側壁が、
高く高く上まで続いている。

7m級の滝は、
異世界へようこそといった雰囲気で、
僕らを歓迎。

振り返った釜!

そしてそれが、
曲がりくねって続いてく。

修行僧が通っていたという祠!!

俗世間から隔絶されて、
悟りが開けそうだった。

エメラルドグリーンの体を持つ、
ミヤマカワトンボ!

⑧岩のラビリンス

苦手ムーブを練習したスラブ滝

圧倒的V字側壁1

圧倒的V字側壁2

少し屈曲すると、

物凄い壁

このあたりは、
岩の力の凄さを体感できる場所。

⑨釜滝とともに

時折現れる釜滝が良い感じ。

3段10m滝

振り返る!

2段8m滝

7m滝

どんどんと高度を上げていく。

⑩藻と安全と

少し残念だったのは
黄緑色の藻が大繁殖していたこと。

この藻は、一部がヘドロのようになり、
また大部分が、ゆらゆらと不気味に
水に漂って揺らめいていた。


※あえて、写真は載せないでおきます。


二俣を過ぎ、左へ入り、
最後の目的地として設定していた、
15m滝がなかなか見えない。

ここは滝ペーさんに
偵察をしてもらうこととした。


その間、パンダさんとは、
安全管理のお話。

「あわや悲劇」
という事案を最近も耳にしたが、

幾多もの危険をくぐり抜けて、
健在でいらっしゃる言葉の重みは違う。


そして滝ペーさんが戻ってくる。

15m滝は遠くて、
「しょぼい!」とのこと。

引き返します。

⑪下降

帰りは来たルートを引き返すが、
時に際どいムーブを強いられ、
ドボンする機会も複数回。

コンパクトデジカメに、
連写モードというのがあって、
飛び込みの瞬間を捉えやすいのがポイント。

しかし、連写したい間は、
押し続けなければいけないので、
そこは注意が必要。

明神滝上の支点スリングが、
多少切れかかっていたので、
パンダさんが再構築。

明神滝は途中空中懸垂となるが、
空中懸垂への切り替わりがポイント。

日帰り引き返しルートのグレードは
IV級のムーブがあり、
二俣ピストンの総合グレードは2級上~3級下
登攀系ということにしておきます。

そんなこんなで、
たった1日の滝巡りでも、
ありとあらゆる角度で学びが多過ぎて

それらを1つ1つ昇華させるためには、
もっと時間が欲しい
というのが正直なところ。

⑫その後

この日も、宝泉、四季紅、
コインランドリーとつなぐ、
カオラースタイルを実践。

この日は初めて露天に進んだが、
そこはなかなか良いところだったし、

回鍋肉定食(おそらく)も、
満足がいくものであった。

この日は序盤と同じ、
運動公園に戻り、夜を過ごした。
(翌日は海ノ溝洞)

スポンサードリンク