潜り滝

くぐり滝
【山形県 南陽市 小滝】

スポンサードリンク

滝の記録

訪問日 2013年10月20日
活動の形態:ハイキング+α / レンタカー
感動度:けっこう~かなり

①源流にかかる

潜り滝は山形県、
南陽市吉野川の源流の国有林内にあります。

鈴ヶ滝から山形方面に戻り、
国道348号から細い道に入り、
これ大丈夫かな?、とちょっと思う運転。

そのまま頑張ると、
下の駐車スペースにつきます。
(意外と広めの駐車スペース)

140kmぐらいあり、
休憩含めて3時間超えの大移動でした。

②崩壊、増水

滝までの道は、
なんとなく示されており、

その道中、
橋が一部崩壊してたり、
水が増水してたりと、
近くに行くのにけっこう苦戦しました。

しかしそこは、
意地と気合と根性で
川を飛んで進み、濁流を乗り越え、
滝の真ん前に到達しました。

③感動の穴滝

写真の通り、
ワッカの間から水が落ちている、
奇抜な形状です。

色んな昔の滝の記述を、
読み返していたりすると、
明らかに崩壊してしまった大滝や、
形が変貌してしまった滝は多数あり、

こういう、穴滝も
いつまでも見られるわけではないです。

岩を登って行き、
ワッカの近くまで行きました。

そこから振り返った眺め↓↓

濁流で水が濁っているのは、
あれでしたが、不思議な滝と、
遊べるアスレチック的な環境が、
童心を思い返させてくれました。

この後山形駅まで戻って、
2泊3日に及んだ山形中心遠征も終了です。

アクセス

Step1 国道348号から案内に従い小道へ
Step2 駐車場から歩く

スポンサードリンク


滝色へ戻る