焼石 尿前沢の滝

スポンサードリンク


尿前沢の滝
【岩手県 奥州市 胆沢若柳】

コメント

その名は「しとまえ」。

不思議な青色に気を惹かれたのが最初。

4年前に、単独で岩手遠征に出た際、
行きたかったのだが、
どうしても死の恐怖が脳裏から離れず、
課題として残っていた。

今回、何段階も大きくなって(?)、
再び岩手の地に足を踏み入れた。

用語集

訳のわからない言葉が多い場合はこちらを!

滝の記録

訪問日 2019年8月24日
活動の形態:3級沢登り(2名)/ 車
装備:7.7mm×40m 2本, 沢タビ, チェーンスパイク, 寝袋, ツェルト, 撮影機材
感動度:かなり~限りなく(全体的に)


①緊急修理

僕の街に、
滝ペーさんがやってくる。
どうやら物語が始まろうとしている。

出発のお知らせだ。

ところが、高速に乗って、
しばらくというところで車の様子がおかしい。

カランコロン。。。。

コロロロン。。。

と、2回音がなったかと思いきや、

「バスコ!バスコ!バスコ!!!」と、

明らかに異音が車内に響き渡り、
路肩に停車。

見ると、バンパーがイかれている。

ここは、車両整備士になりきって、
左右両面から緊急補強。
こんなんで、大丈夫かな?と、
不安も強かったが、

以後今回の旅中で問題になることはなかった。

②第九を流そう

常磐道を選択し、
途中でスイッチしたが、
基本一車線で、前に遅い車があると、
みんな一緒にそのペース。

最近、煽り運転が問題になっているが、

そうやって煽ってしまう人や、

煽らないけど技量や精神が、
未熟なドライバーに対して、
差別的、攻撃的発言を行ってしまう人は、
クラシック音楽を流そう。

オススメの1つは第九。

第九というのは、
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの、
人類の最高傑作と呼ばれている楽曲で、
深みの次元が違う。

音楽に関わらず、
自分がどの世界(雰囲気)に、
感応しているか(心地よいと思うか)?

これはめちゃくちゃ大事!!

第九の世界に感応するということは、
抽象度の高い、煽り運転とは無縁な、
状態に近づけるということ。

ちなみに1楽章から第4楽章までで、
だいたい一時間ちょっとあって、
運転の時間の目安にもなる。

(上のYoutubeは少しテンポが遅め)

岩手に到着した。

③雉を見て、いざ!

二人だと快調に岩手。

コンビニに立ち寄って、
さらに進んでいくと、
途中からダートへと変わった。

岩手県の滝はダートが多い気がする。

途中、が歩いているのを発見!

雉なんて、桃太郎でしか、
見たことがない気がするが、
すぐに、そう判断できたのは、
なんなんだろうか。

広い駐車場は、
中沼登山口と言われている。

緩い道を辿って、
尿前川本流へと進む。

24分で到着した。

④豪流の尿前

荒れた渓相、脆い岩、濁った水。

どうも水量が多いよう。

幅広、威圧感ある滝。

右から進む。

水の力が強くて、失笑。

しかし、ハタシロ沢、フロ沢と、
支流の合流が減って、少し水量も落ち着いて安心。

(フロ沢の出合3m滝)

⑤ミニゴルジュ

方円沢のところでは、
本流は2段8m滝をかけている。

ここは、乏しいスタンスを拾って、滝上に。

吹き出す。

ここからはミニゴルジュ。

底が見えないミルキーカラーで、
トラバースをしたりすると、しんどく、
一回落ちてしまった!!

しかし、落ちたら浅くて突破笑

弘田さんの記録よりも、
ずっと水量が多い!

最後は、2mトイ状滝を、
つっぱりから上手くかわして終了。

なかなか、アスレチックでよかった。

⑥三ツ折の滝とチェンスパ

そうして、三ツ折の滝。

滝ペーさんは頑張って近づいていた。

意外と悪いようだ。

しばらく休憩したら左側から巻く。

ここは、戻らずに巻き始めると、
ドロドロで、悶絶。

高巻きを考えると、
フェルトよりも、ゴムが推奨されていたが、
僕はいつも通りフェルト。

苦戦しながら、楽なところまで登る。

ここで、秘密兵器
「チェーンスパイク」を装着。

これは、数ヶ月前に、
志水哲也さんにオススメされたもので、
その場で購入。

沢足袋でも使用可能なことを確認していた。

その泥斜面を捉える動きの鋭さに、身震い。

羽が生えた感覚。

調子に乗っていたら、
気づけば片方の足から
なくなっていることに気づく。

速攻で戻って発見したが、
これは、ベルトをしっかり巻かないとダメで、
アイゼンのように固定が必要なので注意です。

三ツ折滝上に懸垂下降。

⑦白髪と大滝の集積

そうすると、こんな滝。

10mで、谷が曲がる箇所に、
轟々と水を落としている。

名付けるなら「白髪滝」。

一見厳しそうに見えるが、
左岸から小さく高巻きの道がある。
2分程度で終了。

落ち口からの風景はいい感じだ。

谷を曲がると

「おお!」

という感じで大滝の姿に少し興奮。

大滝前ではずーっと、雨。

少しだけ止んだタイミングで、
カメラを持って近づいた。

滝壺の色は独特で綺麗。

尿前の大滝前は、
ガレが山積していて、
全てのゴミが集積されていく場所に見えた。

尿前沢一の落差のこの滝の前と後で、
何か変わっていく。

⑧右岸トラバース

大滝は右岸巻き。

あんまり、いい噂を聞かないトラバース。

ガレ場を登っていき、
途中草付きに入ったりしながらトラバース。

そうしてトラバース開始地点に行き着く。

ここでロープを出す。

さらにチェーンスパイクを装着。

一箇所、小樹木の枝をまとめて、
ランニングを取り、進む。

チェンスパを履いていたことと、
ランニングが取れたことから、
全く緊張せずに終了。

真新しい残置スリングが、
2本ある箇所でビレイ解除。
ここから上段に降り立った。
(40m一本だと、上段滝壺までの下降は、
少し距離が足りなかった。)

⑨上段とミルキーブルーフォールズ

上段滝前は絶品。

水がとっても綺麗だし、
振り返った高度感も素晴らしい。

30m以上はある高さ。

この場所が一番の思い出かもしれない。

右側から登っていける。

3m滝

5m滝

お次の5m滝

最近、沢の中で一番感銘を受けるのは、
必ずしもメインの滝ではなかったりする。

尿前沢に来る直前、
やり残した課題とか、
終わっていないことがいくつかあり、

全てを終わらせて、
滝に集中できる状態を作ってこないとダメだなとか
ごちゃごちゃ考えていましたが、

ここで来るミルキーブルーの滝群は、
そういったことを吹き飛ばす綺麗さ。

僕が尿前に求めていたものが、
ここにはあった。真に良い場所。

目の前のものは全力で楽しむ
それはとても大切なこと。

スポンサードリンク


⑩気まぐれな雨雲

晴れたり

曇ったり

砂時計型

逆Y字型

7mの整った滝前で休憩。

後ろのナメも綺麗。

出発し始めたら、
また天気が崩れてきてしまった。

しかも、かなりの大雨。

次の滝も連続して巻いて、
沢に降りる前に、木々の中で、
雨宿りをすることに。

「やんでーー!」

と、何回もお願い。

そして、仮眠。

岩手までの遠距離ドライブで、
不足していた睡眠をここで補った。

雨宿り時間はおおよそ40分。


沢は水量が明らかに増えてしまった。

増水したナメをゆく。

しかしやがて快晴に!

左岸支流の滝は見事な感じに!

夫婦滝もスラブの奥底で絶景!

水は濁っているが...笑

⑪夫婦の登攀

夫婦滝の登攀。

それは右岸の岩場。

支点が取れない7~8mの岩場が核心。

油断はできないところ。

決して登りやすくはないが、

うまく登ってくれた!!

僕も上に上がっていくと、
緩くなった場所に草付きが生えて、
それよりも上はまた岩がそそり立っている。

上に向かうのは非現実的だ。

とにもかくにも、
この場は密度が濃かった。

お互いが、この場で、
集中力を失えば「死」というのを、
なんとなく勘づいていて、
ピリリとした感じがなんとも心地よい。

ここは落ち口トラバース。

水流の手前に残置のボルトが2本あったので、
ここはつるべ方式で、リードを交代して進む。

ランニングが残置ボルトから取れたので、
緊張はしなかったが、滝横の登攀は、
高度感がなかなかあるところ。

⑫混乱とミス

上は沢幅いっぱいにナメが広がっていて、
残置のボルトやハーケン類が一切見当たらない。

別に、支点を構築すれば良いのだが、
どこも脆くて、かなり取りづらい。。。

少し奥まったところで2枚取ったのだが、
どちらもバチききとは言えない、
6割と、8割といった感じの効き方だった。。


普段使用している、
アクメという笛をこの沢で紛失してしまったため、

登攀前に滝ペーさんの予備の
モンベルをお借りしたが、
あんまり響かない。

向こうからの合図もあんまりわからず、
凸の字に出た岩の反対側にお互いがいて、
しかも滝の瀑水が横にあるため、
意思疎通が困難になった。


ハーケンの支点構築に時間がかかり、
急いでロープを引いた後、ビレイ体制を構築。

今回のビレイポイントが大きく違ったのは、
まず、支点に100%の信頼ができないこと。

なので、そこからロープを伸ばして、
フォローが登るのが見えるところまで、
いってビレイすることができなかった。


さらに、引っ張ったロープ
全てが水に流されて、
全部、下側に行ってしまい、

普段見慣れている景色と
変わって頭が混乱。

その状況下で、動き始めた?と見えた、
滝ペーさんの動きが全く止まってしまい、
これはひょっとして、
ロープの流れもなんか違うし、

「全然違うところを確保していて、
彼はまだスタートすらしていないんじゃないか?」

と勘違いをしてしまう。

そこでシステムを冷静に
把握していれば良かったものの、
確保器からロープを一度外してしまった。

⑬越えてフェルティーな世界へ

そしたら当然だが、
全ロープが勢いよく流れて、
再び、ロープを引いていく。

も一度、確保器にセットする
というタイミングで、

「こわかったーーーー!!!」

と滝ペーさんが登ってきた。

残置ボルトから、
ランナーを外すのに手間取っていて、
さらに滝横の登りのところにいたら、
ロープがふってきて、焦ったとのこと。

ビレイされていないことに気づき、
残りのロープを掴んだのか?
なんとかまとめて這い上がってきたようだ。

本当に申し訳ないところだったが、
このあたり、成長してくれていて、
僕のミスを帳消しにしてくれて感謝しかない。

この後は、小滝が続いていくが、
徐々にフェルト優位な沢に変容。

水の色も、
もうブルー要素はなく、
白くなっている。

大ナメ滝は落差あり、感動。

左をヒタヒタと登るが楽しい。

⑭スタスタと雪渓

この後はペースを速めて、
スタスタと滝を越える。

10m滝は登ってる記録もあるが左巻き。

9m滝も同じく登らずに右から巻き。

振り返ると優しい山容

それを越えると、
沢には大きな雪渓があった!!

どうしたもんかと思って近づいてみると、
突然、「ゴゴゴゴゴーーーン」
爆音が沢にこだま。

崩落したんだろう。

僕らは顔を見合わせる。

実は雪渓の左横が歩けるようになっていて、
乗らずに進むことができた。

絶景!!!

休憩。

ここは二股で滝になっている。

⑮〆る

もう顕著な滝はなくなり、
後は忠実に沢筋を詰めるが、

最後の最後でヤブが多くて沢筋が面倒になり、
強引に右岸を掻き分けること、5分。

登山道に這い上がることができた!

下山路は緩くて歩きやすく、
途中、「」が迎えてくれるのも嬉しい。

このような沼のほとりで
ゆっくり時間を過ごすのも悪くないかもしれない。

完!!

コースタイム

6:44 出発(カメラ忘れて戻る)
7:11 入渓
7:20 最初の滝
7:39 ミニゴルジュ IN
8:07 三ツ折滝
9:40 大滝前
10:01 高巻き開始
10:55 大滝上段前
11:45 7m滝前で休憩
12:14 大雨で待機開始
12:53 出発
13:03 夫婦滝
13:58 夫婦滝登攀終了
15:18 雪渓の上
15:47 登山道着
16:26 避難小屋
16:58 上沼
17:13 中沼
17:42 駐車場着

⑯その後

温泉がまた良かった。

場所は国見平温泉 はごろもの湯

匂い、プライス、周りに何にもない感じ。

温泉に入るタイミングで、
いやに目が腫れていることに気づく。

行動中は気にならなかったが、
随分とやられてしまったようだ。

今回は十分やりきったので、
翌日は滝に行かず、夜のうちに、
戻り開始。

金成→阿武隈まで運転した後は、爆睡。

早朝、岩槻ICで降りて、
川口市の吉野家で食事をして、
赤羽駅で解散。

筋肉痛の体とは裏腹に、
気持ちは澄み切っていた。

⑰システム

早速、家に帰って、システムを復習。
アクメも、予備を含めて3つ購入。

通常だと、左写真のように、
セカンドの登攀側には
ロープが一本しか行かないが、

水で流されると
3本が登攀者側に向かってとたんに、
見慣れない風景へと変貌します。

納得がいくまで部屋でトレーニング。

これは安全登山に欠かせないことです。

⑱まとめ

尿前のキーワードは
強弱、緩急、ギャップ、楽園、調和、雨雲の気まぐれ、成長、密度、ミルキーブルー。

僕は2~3年、主に単独で沢に行ってきた。

だから、現在の方が
客観的には難易度の高い沢に行っているが、
フリーソロの連続だった昔の方が
はるかに怖い思いをしていた。

去年滝ペーさんが現れて、
ここまで飛躍的に成長してくる中、
僕も真剣にロープシステムや撮影を学んだ。

今回、あってはならないミスもあったが、
間違いなく僕らの今までやってきたことが、
1つの形になった結果。

日帰り3級沢のスタンダードである、
尿前沢を遡行できたということは、
多くの3級沢に挑戦できる状態に突入したのかもしれない。

僕にとって、
下から遡行した日帰り沢では間違えなく最難。

けれどまだ余力が残っていたところが、
なんだかじわっと嬉しかったです。

スポンサードリンク