五色滝

ドンドコ沢
—【山梨県 韮崎市 清哲町】—

スポンサードリンク

コメント

鳳凰三山の1つ地蔵岳
の山頂を結ぶ登山道コース
【ドンドコ沢】は高低差が激しい
滝めぐりコースです。

五色滝に憧れて目指しましたが、
あいにくの曇天。

体の冷えによって早期撤退となりました。

滝の記録

訪問日 2013年6月16日
活動の形態:登山(単独)/レンタカー
感動度(五色滝):かなり

①小遠征

山梨の小遠征記録です。

初日はドンドコ沢に行くため、
拠点となる青木紘泉へとやってきました。

青木紘泉という紘泉(≠温泉)と
鳳凰三山の1つ地蔵岳の山頂を結ぶ
登山道コースがドンドコ沢です。

青木紘泉」までたどり着く
道自体がけっこう荒れていて大変です。

②出発

五色滝という滝を目指します。

雨がふり続いていて、
かっぱを装備しましたが、

雨の中の長距離アプローチは
体力を削られました。

③途中の滝

南精進ヶ滝

縦構図...

真正面からも
眺められるみたいですが、
雨と霧でその場所がわからなかったです。

鳳凰の滝

滝壺へは巨岩を登っていく必要があり、
けっこう危険だと思います。

今回は引き返しました。

二つの滝が合わさる名瀑です。

鳳凰滝—白糸滝間は
等高線の感覚がものすごく狭くなってます。

実際登りがずっと続き、
かなりきつかったです。

【白糸滝】

④雨は止み、滝に着く

白糸滝の後は、
たまに川を反対側にいったりしながら、

さらに登り続けると、
ついに最終目的地五色の滝に着きます。

この滝は3年くらい前に、
MUTHOさんのHP「迸る水」で見て以来、

行ってみたいと思っていた滝でした。
(迸る水 五色滝)

五色滝

天候が悪く曇っていて、
今までの雨で体が冷え切っていました。

寒さに負けず、撮影

直下周辺 ↓ ↓

立派な滝だけに、
晴天の日に訪れたかったです。

⑤その他

タイムは行きが200分、
帰りが109分でした。

帰りは晴れていて、
全てショートカットの下りだったので、
速く降りれました。

(6:10出発→9:30五色
9:53出発→11:42青木)

下山後は青木紘泉
(1000円)のお風呂に入り、
汗を流しました。

青木鉱泉は1000円するわりに、
江戸~明治時代の温泉なんじゃないか
ってぐらい古くて

ある意味、貴重な体験でした。

温泉効果もむなしく、
午前中の五色滝ピストンで、
とてつもなく疲れたので、
それほどきつくなさそうな
尾白川渓谷に行くことにしました。

アクセス

Step1 青木紘泉に行く(駐車代750円)
Step2 道に沿ってひたすら進む

スポンサードリンク


滝色へ戻る