原尻の滝

原尻の滝
—【大分県 豊後大野市 緒方町 原尻】—

スポンサードリンク

滝の記録 〜大地の割れ目〜

訪問日 2013年9月20日
活動の形態:お手軽 / レンタカー
感動度:けっこう

①大分南部

大分県最後の滝が、
この原尻の滝となりました。
(乙原の滝の続きです。)

70~80分ぐらいかけて
豊後大野市のあたりへ降りてきました。

JRからもそう遠くなく、
緒方駅から3kmの距離なので、
10分のバスに乗るか、
40分ほど歩けば滝に行くことができます。

②ナイアガラ

九州のナイアガラ
と言われており、
そのスケールはなかなかのものです。
(落差20m,幅120m)

水量はこれでも少ない方で
多い時は、この岩が見えないほど、
全て水で埋まります。

②滝壺

やはり滝壺に行かないと、
ということで滝壺へ!

個人的には原尻はこの
真正面からの構図が一番好きです。

ところどころ移っているのは人です。

滝の大きさがわかると思います。

③落ち口

とくに制限はされていないので、
滝の真上まで行くことが出来ます。

少し上の川原の様子↓↓↓

滝の上からは、
見えました。

いろんな角度から
観ることができるのが良かったです。

④宮崎県へ

この後宮崎県に入り、
行縢の滝へ行きました。

アクセス

車の場合:
Step1 道の駅原尻へ
Step2 駐車して滝へ

バスの場合:
JR緒方駅よりバス10分「原尻の滝」下車

徒歩の場合:
JR緒方駅から徒歩40分。


滝色へ戻る