竜ノ門の滝 / モーカケの滝

スポンサードリンク


下の沢敗退記【福島県 南会津郡 檜枝岐村 駒ヶ岳/七入】

用語集

訳のわからない言葉が多い場合はこちらを ↓↓↓

滝の記録

訪問日 2021年8月7日

活動の形態:中級滝めぐり (2名 / 敗退)/ 車

装備:8mm×30m(2本), ミラーレス一眼(広角), 三脚, 沢足袋(フェルト)

感動度:かなり

① 追憶の下ノ沢

なにかしら今、
記しておかなければならないと思った。

この年の7月から6年以上勤めた会社から転職。

拠点も東京中枢に移動。
全てが新しい激動の日々が始まっていた。

当週も序盤に九州出張があり、
慌ただしくも金曜深夜に東京駅に集合。

Kと福島県に向かってドライブを始めた。

檜枝岐村へのドライブはインター後に、
早急にコンビニが消失するので注意が必要。

最後と思われるコンビニはナビルートだと
分岐の片方で、道を通らないことがある。

道の駅で仮眠をした。

② アプローチと淵

さて、夜が空けて
アプローチ拠点へとすすむ。

僕ら以外にパーティはいない。

竜ノ門の滝は滝めぐりとしても有名な滝で、
見たことがなかった。

道が川にぶつかるところで入渓。

しばらく進むと淵が現れて
右岸には残置スリングがぶら下がっていた。

③ 淵での出来事

空四のへつり課題で鍛えていたので、
右岸から挑戦。

核心に到達するまでは
「若草」グレードだろう。

そこから、僕は空身ではなかったので
残置を使わずに登るのは不可能と判断。

1つめ、2つ目とスリングを掴みながら、
足上げの場所を模索する。

左手ガバ、右手はスリングの中、
濡れたスラブ面への超ハイステップの中、
多分左手を離す必要があったんだと思う。

ウェットスラブにスリップが発生、
あっと思った時にはスリング内右手に負荷、
水面に入水した瞬間に
強烈な痛みを一瞬感じた。

このまま泳ぎに変更し、小滝に突入。
ステミングを多用し、突破して上へ。

Kは最初から泳ぎで、
この小滝を登るのに苦戦。

お助けを出そうかと準備してたら
なんとか突破してきた。

しかし、右手小指の違和感が強い。
痛めてしまった感。

④ 下段から上段へ

下段。。。

下段の場

右壁からロープを出して登った。

ガバだらけの階段状なので問題はないのだが、
指が痛くて右手のホールディングが甘甘なので、
全ての動きを丁寧に慎重に登らざるを得ない。

中間で一本、ハーケン支点。

無事登り切った。

目の前には竜ノ門上段が
見事な姿を見せている。

その場は、発達した岩空間で
上部のアンカー作りに苦戦。

かなり離れた灌木にまとめて取り、
Kのフォローに努めた。

K合流後右手の手袋を外してみると、
小指が尋常ではなく紫色に腫れている。

お互い、これは骨折じゃんと
確信するような見た目で、
僕の方から撤退を申し出た。

この時点で、
空四のサマーチャレンジも終了😂

上記の写真の撮影を行なった。

⑤ 巻いて展望台へ

左岸の巻きから
展望台に向かうべく巻きを継続する。

小指が折れていようが、
樹林帯の高巻きは得意中の得意なので、
最短ルートで下流部へ展開。

無事、展望台に辿り着いた。

カメラのレンズが広角しかなく、
竜ノ門の滝をズームできなかったのは残念。

ここで後続パーティが現れた。

これは??

だいぶ距離があることから向こうが
展望台の様子に気づくことはなかった。

僕らの分の健闘を託して、
帰路についた。

ログ

⑥ モーカケの滝へ

この後、あまりにも時間が早かったので、
モーカケの滝の直下へ。

Kはなぜか早々に諦めてしまった。

この滝の直下はなかなかいいところで、
滝の源体験的な何かを思い出すことができた。

また、右手がほとんど使えない中で行ったことで
ギリギリ辿り着ける感が
達成満足度に繋がるかもしれないと実感した。

この後、温泉には寄らずに帰路へ向かう。

ログ

⑦ 小指の状態と対応

東京駅にて解散し、家へ。
その後土曜日でもやっていて
家からも行ける整形外科にギリギリ到達。

診断の結果、右手小指 基底骨の不全骨折

右手に包帯がぐるぐる巻かれた、
シーネ固定が始まった。

このシーネ固定というのは苦しい。

特にシャワーを浴びるときに
ビニール袋に突っ込んだまま、
タオルとガムテで手首をぐるぐるまきにして
行わなければならず不快だった。

入社直後にして、
滝とボルダリングが双方不能になり、
究極の仕事集中環境が完成。

シーネ固定は幸い2週間で外れ、
その後2週刊は小指薬指の2本同時テーピング。

1ヶ月立って小指1本のテーピングに切り替え。
完治は2ヶ月-2ヶ月半と言われている。

⑧ ボルダリング論

ボルダリングをやれば
安全に山に行けるようになるのか?

それは、そうとも言えるし、
そうとも言えない。
2つの側面がある。

僕は空四に行く前から
一般的な滝屋の中では登攀力を保持していた。

その中で9ヶ月ほど登り、
登攀力のグレードは2段階は確実に上昇。

しかし、普段やっているからこそ、
挑戦したい気持ちが生まれ、
そこでのトライでの怪我というリスクは増える。

なおかつ撮影をする滝屋は荷物が重くて、
練習と現場のギャップは大きくなる傾向にある。

僕の場合は突き指を拗らせていた小指には
もともとかなりダメージが溜まっていて、
怪我をしやすい個所だったのだとは思う。

⑨ 虚無感

リハビリを終えて、
秋に行きたい場所として、
1-2個所思案してはいたある日
一緒に計画を立てていた仲間(ペーちゃん)から
【笹穴沢 決行(済)】のお知らせを受けた。

笹穴沢は
長らく行きたいと思っていた場所で、
秋の訪問を楽しみにしてたが、
膝から崩れ落ち、骨とともに
塵になってしまいそうな虚無感に襲われた。

しかし全ては大きな自然の流れ、
意思なんだろうなと思う。

⑩ 大きな流れ

空四で圧倒的に登れるようになって、
それでトライしたい気持ちになって
怪我して仕事に集中。

目標となる沢計画が飛んで、
終わりなきKAL(高頻度アルパインライフ)
という円環の輪の中からの脱出を示してくれた。

人生には仕事に
集中しなければならない時がある。

僕はまたどこかで
滝の頻度を増やす時期があるだろう。

しかしそれは、
今の円環の中を回転するのではなく、
人生のステージを上げてからになると、
そう確信している。

スポンサードリンク