日原川本流の滝

スポンサードリンク


奥多摩 日原川の10m滝【東京都 西多摩郡 奥多摩町 日原】

用語集

訳のわからない言葉が多い場合はこちらを ↓↓↓

滝の記録

訪問日 2021年7月19日

活動の形態:2級沢登り (2名) / 車

装備:8mm×20(2本), ミラーレス一眼(広角), ラバー足袋

感動度:けっこう~かなり

① 忘れられた本流遡行

今回も奥多摩へ向かう。

僕のやり残した課題の回収、
忘れられた本流遡行の魅力を確かめに日原へ向かう。

東日原でバスを下車し、
八丁橋へと歩いていく。

僕の日原川との出会いは、
2015年7月に巳ノ戸谷へのアプローチで
渡渉した時からだった。

巳ノ戸谷に入る直前、
少しだけ本流を遡行するのだが、
その時の素晴らしい渓相は忘れられず、

「東京の滝」
という写真集でかつてみた豪快な姿、
山登魂さんの記録で、道迷いした
というアツイ記録が心から離れなかった。

去年の唐松谷遡行時に
一部本流を遡行しており、
ここより下流部であろうという目星もつけていた。

② 遡行開始

八丁橋の手前で河原に降りる。

最初は明るい河原

水量は平水かやや多めだろう。

八丁橋を過ぎてから、
時に川は狭まりを見せる。

おおっという水圧に阻まれて、
右岸からの流れで前進不可な箇所があった。
(左岸巻き...)

水量激しく、緊張させられる箇所と、
比較的穏やかに通過できる箇所が交互に現れる。

絶え間なき豊かな流れ

③ 瀞場と躍動する水

瀞場を望む...

非常に美しい瀞場...

奥の風景

1m級の美しい滝壺を持つ滝

日陰名栗沢出会い

地形図上はゴルジュの核心は
前半で終了かと思ったが、
そんなことはなかった。

躍動する水!!

④ ゴルジュは続く

赤岩ある1.5m滝

景観、緊張感ともなかなかなもので、
水圧に負けずに基部に乗り移り、
スラブ登りで乗り越える!

1.5m マントル岩の滝は絶妙な強度で登れない...

再びゴルジーな雰囲気になってくる

屈曲部に滝の存在を感じさせる
飛沫と光線と音が飛び込んできた。

⑤ 10m大滝

大滝...

実はそこは本流 大水量の流れが、
みちみちと埋め尽くしている隅っこになっており、
いわゆる「滝壺」という雰囲気ではない。

逆光には苦しめられたが、
光線が入ってくれたりして、
これはこれでこの滝の雰囲気を出していたかもしれない。

振り返って

⑥ 巻いて下山

僕には登攀ラインは見出せなかった。

強いていうなら、左岸の倒木上の
ルンゼの斜上が考えられるが、
滝の登攀とは言いにくい。

完全に引き返すことも考えたが、
一部引き返しにも悪い箇所がある。

そんな中右岸上に高巻きルートを見出し、
実行に移した。このルートは
獣道感もあり完璧だったと思う。

上流部で日原林道に向けて脱出を始める。

林道にて装備解除!

特に温泉はないので入らず、
立川駅にて一風堂を食して終了。

完!

【ログ】

大滝は滝マークのところではなく、
ログ上の青い点の塊の場所。

タイム

9:26 橋 → 釣り師
9:56 とろ場
10:04 2段6m支流
10:22 美しいゴルジュの中
10:32 Uターン
10:35 激流渡渉した1mナメ滝 (未カウント)
10:46 三角岩の入り口
11:10 美しい瀞入口
11:25 1m滝 (未カウント)
11:32-35 瀞奥2段小滝
11:46 3条1m滝
11:48 支流2段7m+釣り人2名に会う
12:22 1.5m マントル岩
12:24 滝壺広い1m滝
12:34 巨岩インゼル1.3m滝
12:41 K氏沈没の躍動する激流(1.3m)
13:06 2条1.5m赤岩の滝
13:22 3条2m滝
13:32 小滝連瀑(3段3m)
14:03-17 10m滝前

スポンサードリンク