社台の滝

社台の滝
—【北海道 白老郡 白老町 社台】—

スポンサードリンク

コメント

あの夏の日
僕は就職が決まった友達を北海道に誘い出し、
4日目のこの日の計画までこぎつけることに成功した。

彼は知るよしもなかった。
この場所が、通常の北海道観光では
ありえない体力コースであること、

そしてこの場所が別名
ヒグマの巣窟」と呼ばれていることを・・・

滝の記録 〜社台川で遊ぶ〜

訪問日 2013年8月23日
活動の形態:中~上級滝巡り/レンタカー
感動度:限りなく

①秘瀑中の...

社台の滝は
アプローチの長さやヒグマの生息などから、
訪れるのが大変な
秘瀑中の秘瀑となっています。

②事前準備

アプローチの開始点は社台川にそった
国有林内の林道なので
該当の森林管理局に
入林申請書を出した方がいいです。
(胆振東部森林管理署)

ゲートのカギの番号を教えてもらえます。

あとはヒグマ対策を万全にする必要があります。

③アプローチ開始

ゲートを越えて二つ目の待避所で車を止め
沢装備をして出発しました。

その先は工事をしていて
ダンプカーが出入りしていました。

④序盤 〜沢歩きと堰提越え〜

越えるべき堰堤は4つ。

ルートは沢登りです。

最初の大きいのは林道に出て巻き、
それ以降は普通に越えられます。

下の写真は堰提を越えた先の様子です。

⑤中盤 〜沢歩き・ナメ・カーテン岩〜

同じような様相が続きますが、
社台川名物のカーテン岩があります。

ここまでで2時間以上要しました。

カーテン岩が来れば
もう終盤だと思い込んでいて、
地形図でもそういう感じだと見ていたんですが、

ここからがかなり長く感じました。

⑥終盤 〜コケROCKを進む〜

終盤はコケむした大きな岩がごろごろある
いわゆる上流部となります。

このエリアはルートをみつつ岩を越えていくので、
距離のわりに時間がかかります。

しかも距離自体も
かなりの長さがあります。

苦戦する友達を鼓舞しつつ、
じわりじわりと沢をつめ登りました。

⑦悪魔の顔

うんざりする長さとの格闘中、
ふた筋の滝が。

滝の姿を確認してから近くまで
さらに15分ほどかかり、
さらに近くへは単独で行ってきました。

所要時間は3時間45分程度でした。

水量は多くなく、
あまり「滝」という感じがしませんでした。

しかし、
その強烈な岩壁は圧巻でした。
(穴ぼこが悪魔の顔のようです。)

落差は70m以上。

凄いものに遭遇して呆然としていました。

⑧一人では来れない

正直この滝には
一人で来れませんでした。

体力と滝への情熱は必要ですが、
技術面ではさしたる問題はありません。
(たくさんの大岩を越えるのはやや難所)

ただ、ヒグマの恐怖があるので、
「人数の確保」というのが
精神衛生上も実際の安全面からも大切です。

しかし、友達の体力は
真下についた時点で限界に達し、
それ以上進んだ僕も、
離れすぎると危険なので最接近できなかったです。

また大きなハチが
黒いリュックから離れなくなり、
ハチとの格闘が始まってしまったことが残念です。

そこらへんは悔やまれますが、
そもそも一人では行けなかったので
見れただけでも良かったです。

後ろを振り返るとこんな感じです。

帰りは雨がふり、
若干増水した沢下りが大変でした。

秘瀑に触れ、思い出に残る沢旅が出来ました。

⑨その後

友達はこの日で東京へ。

夜のうちに道の駅「よってけ島牧」
まで行きたかったのですが、

疲労のため途中のコンビニで休憩。

夜が明けてから賀老の滝を目指しました。


滝色へ戻る