秘瀑に迫る

このページでは、

秘境の滝という意味を持つ、
秘瀑(ひばく)】に焦点をあてて

その魅力について語ってみます。

スポンサードリンク

その1 秘瀑論

①大いなる矛盾

秘瀑というのは、
みんなが知らないから秘瀑なのであって、

こうしたページで、
多くの人が知ることになれば、

それはもはや秘瀑ではない、
という永遠の命題、大いなる矛盾
はらんでいます。

とはいえ、
それは時代の宿命であり、
仕方がないのかなと思います。

あくまで世間一般という目線
で見た際の秘瀑
であり、

このページで紹介するのは
滝の世界ではよく知られたものがほとんど
だと思います。

②秘瀑の定義

ここでは基本的に
滝壺に行くのが大変な滝を指します。

遠くから見るのは簡単だが、
近くに行くのが大変という場合も
いちよう秘瀑扱いしますが、

このページ・HP滝色では、
準秘瀑」という扱いにしようと思います。

またアプローチを始めてからは
簡単にいけても、

そこに車で行くまでが物凄く大変な場合も
一部主観で「准秘瀑」扱いをします。

③秘瀑の良さ

僕は秘瀑を含めて
色々な滝を訪れたことがあります。

しかし、、、
秘瀑の良さは格別であり、

・入念な準備
・到達までのドキドキ感
・その到達したときの達成感
・誰もいない滝壺でのひととき
仲間と秘瀑で遊ぶひととき
・そして最高の滝(滝が良かった場合)
は言葉で言い表せないほど極上です。

デメリットとしては、
・体力がいること
・危険が伴うこと
などが挙げられると思います。

(秘瀑に行く際は入念な準備が必要であり、
起こる結果は全て自己責任になります。)

その2 秘瀑紹介 2014年頃までに訪れたもの

北海道の秘瀑

社台の滝

ヒグマの生息地、
社台川の奥深くに不気味にそびえる悪魔の顔。

基本的に沢登りとなるが、
終盤の大岩越えは体力を削り、
全体的に物凄く長い道のりが大変。

東北の秘瀑

①【松見の滝

青森県。100選。
奥入瀬のエリアにあり、
2〜3時間歩かなければならない。

途中で道を間違えて
粘土質の川を素足で渡ることになってしまった。

②【茶釜の滝

秋田県。100選。
2つのルートがあるが両方簡単ではない。

絶壁にかけられた鉄梯子を登りきると、
壮観な姿を見せる。

③【蔵王不動滝

宮城県。一般的には三階の滝と一緒に遠望
(遠くから眺める)

現在はルートが崩壊しており、
最終エリアは沢登りとなる。

関東の秘瀑

①【早戸大滝

神奈川県丹沢。100選の滝。
秘瀑の登竜門。山あり、沢ありのコース。

②【伊勢沢大滝

神奈川県丹沢。沢登りで訪れる。
急流の突破というかなり痺れるポイントあり。

③【雨棚

神奈川県丹沢の滝。

④【速滝

東京奥多摩の滝で基本沢登り。
要所要所に巻きがあって、
お手頃の滝ではない。

⑤【雨乞い滝

東京奥多摩の滝。
普通に沢登りなので
簡単に行くことはできない。

⑥【常布の滝

草木の生い茂り方が半端ではなく、
ルートが非常に分かりづらくなっている。
道を見つける力が求められる。

⑦【野門沢布引滝

栃木県。旧栗山村。
三段で圧倒的なスケールで落ちる秘瀑だが、
今ではレポートも豊富で最後の巻きだけが難所。

⑧【豆焼沢両門滝

埼玉県。奥秩父の秘瀑。
直登も高巻きも厳しく、体力も必要な難攻滝です。

甲信越の秘瀑

①【精進ヶ滝

山梨。滝壺に行くには大高巻きが必要。
ルートは不明瞭でなかなかに危険。

②【両門の滝

山梨。約5時間の沢登り。
体力、バランス感覚が必要で、
唯一の難所は魚止め滝の突破。

③【澗満滝

長野。展望台から見えるので准秘瀑。
展望台から道無き道を進み、
滑落の恐怖に打ち勝ちながらのトラバースが必要。

東海地方の秘瀑

①【風折滝

三重。途中に数カ所の難所と
ヒルの襲撃が待つ蓮川流域の名瀑。

近畿の秘瀑

①【岩屋谷雄滝

奈良。山を越える体力。危険な下降。
不明瞭なルートなど総合的な難易度はかなり高いですが、
苦労に見合う素晴らしい滝です。

四国の秘瀑

①【轟九十九滝

徳島県。駐車場からは簡単。
駐車場に行くまでのドライブが地獄。

そんな滝です。

②【御来光の滝

愛媛県。超遠望は簡単だが、
滝壺に行くのは大変な難攻滝。

高巻きの道がメインなので、
沢登り要素は薄いが沢装備がベター。
特に体力と基本的な
ルートファインディング力
(正しい道を見つけ切り開く力)は必須。

スポンサードリンク