長野の滝

八ヶ岳 権現岳 (左は長野/右は山梨)

下記①~③のいずれかで滝をリサーチできます。

壱 グレード別 長野の滝

Step1 一般的な滝めぐり

(クリックして表示)

番所大滝

白糸の滝

(クリックして表示)

Step2 中級滝めぐり

(クリックして表示)
(クリックして表示)

Step3 上級滝めぐり / 初級の沢

Step4 中級沢登り

(クリックして表示)

スポンサードリンク

弐 長野の滝 感動度分布

長野県の滝 (117)


感動レベル7 1本:澗満滝

感動レベル6.5 1本:米子大瀑布

感動レベル6 1本:天河滝

感動レベル5.5 2本:前川本谷大滝・霧ヶ滝

感動レベル5 4本:天満沢川大滝(25m滝)・小河内沢雨乞い滝醤油樽の滝三本滝

三 長野の滝 水系データベース

①千曲川 (367km)

①-A 相木川 (23.9km 北相木村→小海町)

本流 箱瀬の滝

 
雰囲気は良かったが滝までが遠い。
水系 所在地
千曲川-相木川 南佐久郡-北相木村-下新井 箱瀬の滝

-深沢川 (3.5km)

大禅の滝
松笠型の氷瀑

      
松笠型の氷瀑
水系 所在地
千曲川-相木川-深沢川 南佐久郡-北相木村-下新井 大禅の滝(氷瀑)
相木川-深沢川支流 小禅の滝

①-A1 南相木川 (20.5km)

おみかの滝

   
冬季は狭い雪道を下りていくので運転注意。
水系 所在地
千曲川-相木川-南相木川 南佐久郡-南相木村-和田 おみかの滝

①-B 湯川 (36km 軽井沢→御代田町→佐久市)

竜返しの滝 / 白糸の滝

 
水系 所在地
千曲川-湯川 北佐久郡-軽井沢町-長倉 竜返しの滝 (1100EL) / 支流:白糸の滝 (1277EL)
アクセス/駐車場 備考・理想条件
白糸の滝は人工的に作られ、それが親しまれている。観光滝でアクセスが良い。 竜返しの滝の駐車スペースで冬タイヤのプリウスがスタック!スコップで助けて頂いた。

①-C 犀川 (152.7km SAI)

【梓川】(70km AZUSA 奈良井川合流より上流)

-障子ヶ瀬 (3.3km)

雲間の滝

水系 所在地
梓川-障子ヶ瀬 松本市-安曇 5m滝3段25m滝・8m滝(堰堤と一体化)・40m滝(30m+10mトイ状ナメ)・35m滝2段16m滝雲間の滝(2段65m) / 左岸支流 5m滝

①-C1 小大野川 (12.6km)

番所大滝・善五郎の滝・三本滝

乗鞍の名瀑を連ねる河川
水系 所在地
犀川=梓川-小大野川 松本市-安曇 番所大滝・番所小滝 / 二の滝・2m滝・善五郎の滝 / 白滝三本滝 (日本の滝100選)

①-C2 前川 (14.8km)

前川本谷大滝

大きく美しい滝
水系 所在地
梓川-前川-前川本谷 松本市-安曇 魚止めの滝(+右岸支沢 潜流瀑帯)・前川本谷大滝
前川本谷-ガンガラ沢 6m滝

【犀川】

①-C3 穂高川=中房川 (26.5km Nakabusa)

-糠川 (5.1km Nuka)

--冷沢 (3.4km Hiyashi) ---西股 (2.2km)

冷沢西股の滝

冷沢林道から見下ろせる
水系 所在地
中房川-糠川-冷沢-西股 安曇野市-穂高牧 幅広ナメ滝(1~2m)

-天満沢川 (11.2km Tenma)

天満沢川の滝

水系 所在地
穂高川-天満沢川 安曇野市-穂高牧 5m複瀑(連瀑帯入口), 5m滝(連瀑帯出口), 2連のナメ滝(2m, 4m), 6m滝, 10mナメ美瀑, 2.5mナメ滝, 2条4m滝(崩壊地), 5-6mナメ滝(段々), 前衛4mトイ状滝(もっこり), 25m大滝, 4-5段の美瀑ナメ滝, 窪みある7m斜瀑, クロス岩小滝, 2m斜瀑, 7mトイ状斜瀑, 4.5mナメ滝, L15mナメ滝, 2mナメ滝 / 左俣 3段18m滝(5m,8m, 5mナメ滝, 下からは2段)
アクセス/駐車場 備考・理想条件
松尾寺を右手に見ながら別荘地方面へ向かう。ダートになるのでどこかで駐車。タクシーの場合ダート前が無難。 中盤以降、記録のない谷だったが非常に美しい世界が待っている。大滝は前衛含めて名瀑であり、高巻きも厳しい上級者向け。左俣に入って3段滝のあとすぐ尾根に取り付いたが、ここからだと標高差450mの笹の藪漕ぎ詰めとなり悲惨。もっと沢を登ってから尾根に入りたい。大滝で引き返せば1級上, 詰めると2級上, 未情報では3級程度。

①-D 百々川 (6.9km+灰野川/米子川 Todo) [須坂市:長野]

①-D1 米子川 (13.5km)

米子大瀑布

 
断崖から落ちる2本は絶景
水系 所在地
百々川-米子川-不動沢
百々川-米子川-権現沢
須坂市-米子 米子大瀑布(不動滝権現滝) (日本の滝100選)

①-E 夜間瀬川 (10.3km+角間川/横湯川) [山ノ内町→中野市:北信]

澗満滝

 
もの寂しさはあるが堂々たる姿。
水系 所在地
千曲川-夜間瀬川-角間川 下高井郡-山ノ内町-平穏 両門の小滝澗満滝


②天竜川 (213km)

②-A 上川 (16.1km+ Kamigawa)

-渋川 (13.8km)

--乙女沢 (5.4km)

乙女の滝

 
横谷峡を少しだけ散策
水系 所在地
諏訪湖-上川-渋川(=横谷峡)-乙女沢 茅野市-北山 乙女の滝

-柳川 (20km)

--鳴岩川 (11.3km)

---河原木場沢 (3.2km)

醤油樽の滝

 
北八ヶ岳 西麓の『樽型滝』。沢はナメが多い。
水系 所在地
諏訪湖-上川-柳川-鳴岩川-河原木場沢 茅野市-豊平
(クリック→表示)
一の滝・2段ナメ滝・小滝・釜を持った滝・二の滝・ゴルジュ帯連瀑
醤油樽の滝

②-B 太田切川 (15km)

-中御所谷 (6.3km)

日暮の滝

 
中級沢登りの名渓。下部の日暮の滝も近づくには足が濡れる。
水系 所在地
天竜川-太田切川-中御所谷 伊那郡-宮田村 日暮の滝

--悪沢 (1.65km)

 
もう少し大きいかもです。
水系 所在地
太田切川-中御所谷-悪沢 駒ヶ根市-赤穂 7m滝

--西横川 (2.5km)

西横川の滝

   
終始明るいスラブの谷。30m大滝はなかなかの姿。
水系 所在地
中御所谷-西横川 伊那郡-宮田村
(クリック→表示)
5m滝・くの字3m滝・大岩横3mナメ滝・3m滝・2段5m滝・3m滝・7mナメ滝4連の滝(2m,3m,3m,3m)2段7m前衛滝(4m滝+3mナメ滝)30m大滝(*沢*)18m分岐瀑・3段9mナメ滝・2段13m滝・2条8mナメ滝・12m滝・ナメ滝連瀑・2条5m滝20m滝(階段状)・細身3mナメ滝・3条5m幅広滝
中御所谷-西横川-東横川 15m滝

②-C 小渋川 (35.8km)

②-C1 小河内沢 (8.3km)

小河内沢 雨乞滝

   
リニア開発の迫る名瀑
水系 所在地
天竜川-小渋川-小河内沢 下伊那郡-大鹿村-大河内 2段6m(F1)・2条2m滝・2条4m滝・ゴルジュ連瀑・隠れ小滝・2条9m滝2段稲妻型・3mCS・2m滝・雨乞の滝
小河内沢 支流 20m出合滝 (稲妻型滝上 右岸) / 45m出合滝 (ゴルジュ連瀑上 左岸)
(クリック→表示)
 
水系 所在地
天竜川-小渋川-井戸入沢 下伊那郡-中川村-大草 70m滝

②-D 阿智川 = 黒川 (35.6km)

阿智川は上流域を黒川と名称を変える。

-不動沢 (1km)

姿見不動滝

 
地形図に水線はないが滝マークがある。
水系 所在地
阿知川=黒川-不動沢 下伊那郡-阿智村-清内路 姿見不動滝

②-E 和知野川 (33km)

②-E1 本谷川 (5.3km)

七人滝

    
勢いよく吹き出す凄い滝
水系 所在地
天竜川-和知野川-本谷川 下伊那郡-阿南村-和合 七人滝・小滝

②-F 遠山川 (41.9km)

-柳木瀬川 (2.5km)

信玄滝

    
遠山川水系。落差は15mほどか。
水系 所在地
天竜川-遠山川-柳木瀬川 飯田市-南信濃-南和田 信玄滝


③木曽川水系(193km)

-小野沢 (2km)

小野の滝

JR中央本線の橋脚が滝前に目立つ。開発の犠牲に。
水系 所在地
木曽川-小野沢 木曽郡-上松町-萩原小野 小野の滝

③-A 伊那川 (24.5km)

-今朝沢 (10.2km)

--福栃沢 (2.5km)

福栃沢の滝

  
水系 所在地
伊那川-今朝沢-福栃沢 木曽郡-大桑村-長野 2段のナメ滝・3.5mスラブ滝4m滝+α(小劇場)・ナメ滝(亀型)・12m滝・3m滝・2段7m滝4段50m大滝・4m滝・20mナメ滝
今朝沢-福栃沢 支流 左岸 15m滝 / 左岸 25m滝
  
水系 所在地
伊那川-今朝沢 支流 木曽郡-大桑村-長野 45m級段瀑(ダム湖へ) / 左岸 細い20m滝(1300HM)

③-B 蘭川 (18km ARARAGI)

-男墫川 (4.6km Otokodaru) / --石栃沢(2.2km)

蘭川 男滝・女滝

  
おとこだる川。お手軽。逆光が眩しかった。
水系 所在地
蘭川-男墫川 木曽郡-南木曽町-吾妻 男滝
蘭川-男墫川-石栃沢女滝

③-C 坪川 (TSUBO 7km)

田立の滝

  
絶景に震えた滝。田立駅から歩いて雪の中軽登山靴で突撃。
水系 所在地
木曽川-坪川 木曽郡-南木曽町-田立 田立の滝(洗心滝・霧ヶ滝天河滝) (日本の滝100選)

四 個人的滝巡り度

現状の訪瀑度合い

23%

今後の課題:米子周辺, 王滝川, 大田切川本谷

年度別訪瀑回数

2022年:1回 (天満沢川)
2021年:1回 (福栃沢)
2020年:1回 (障子ヶ瀬 雲間)
2018年:1回 (信玄)
2017年:1回 (西横川)
2016年:3回 (おみか+大禅+軽井沢, 小野, 小河内沢)
2015年:1回 (善五郎+前川本谷+醤油樽+乙女)
2014年:2回 (七人+姿見不動, 澗満滝)
2013年:2回 (田立・米子大瀑布+番所+三本)

スポンサードリンク


滝いろへ戻る