滝色 滝の総合情報サイト


滝色のある日常

滝めぐりで僕が得ている恩恵というのは、

・凄まじい場 による超常体験
・落ち着く場 による心の解放
・冒険的/アトラクション的な要素
・滝を目指している時、無心になれる感じ
・知っている場所が増え、繋がっていく感覚
・刻々と変化する水をレンズに収める喜び
・上記を通して時に心が高揚し、心が整う

のようなことだったりします。

でもそのために必要なのが実は、日常であったりとか、準備であったりとか、滝への向き合い方全てです。

これからも少しずつですが仲間の皆さんと共に、困難に挑戦し、新しい世界を切り開いていきますが、そういった成果だけではなく、プロセス重視の、「滝道」を実践していきます。

管理人:江戸切子

Basic コンテンツ


かなり昔の記事ですが
初めての方向けのコンテンツです。


Advance コンテンツ

滝めぐりを充実した活動にするために
大切なこと

滝色とは?


(クリック→表示)
滝色」という言葉は、僕が滝巡りを始めて2年目(2010年)に原宿で買ったリバーシブルのマウンテンパーカー(水色)を、「滝色マウンテンパーカー」と呼び始めてから使っています。滝を好きな気持ちで、手にした滝を連想させる色は、滝色なんだと。

色という言葉が意味する範囲は広く、大きく考えてみれば、単に滝風景におけるカラフルさだけではなく、「滝という要素が色」であり、滝のある日常こそ滝色なんだと。そうも考えられます。トータルで見て滝を活かしたバランスの良いライフスタイルを目指しています。


お知らせ

(クリック→表示)
引き続きサイトリニューアルを続けますが、作業量が膨大で時間が全く足りません。

お手伝いしてくれる方を募集します!条件は滝色の理念に共感してくれて、南関東在住でタイピングが早い方(9割ぐらいブラインドタッチできる方)。

WEBサイトのUI設計やデザインセンスに長けていればベストですが、そうでなくても構いません。

バイト代は払えませんが、滝のウェブ運営や滝めぐりの「いろはにほへ」ぐらいまでなら教えられると思います。

メールフォーム

データベースのテーブルの仕組みを変更しました。


サイト横断方法

①滝の世界&レポ

秘境の世界→秘瀑ページ
好きな滝100連発→自推100選

管理人のレポート
データベースから

・都道府県・水系別体系化
・レポート数340本突破
・9段階の感動度分類付き。

②都道府県別の滝

現在では40都道府県ページが出来ました。

神奈川県の滝 ・東京都の滝
埼玉県の滝 ・栃木県の滝

山梨県の滝  ・長野県の滝  ・新潟県の滝

③滝の知識

選ばれた滝や有名な滝といった絞り方。

100選ページ

有名な滝ページ

三大滝ページ

④滝分野

アプローチ論

・ウェア選択の歴史→ウェア

滝巡りのグレード
・滝巡りの難易度を体系化。

・用語と滝道具(修正中)

⑤テーマ別まとめ

適度に楽しみたい人・入門者向け

8拠点別 お手軽滝

季節別の滝風景 (半分は難所)

トピック

・滝の関連書籍→滝の本

・雪山登山での学び→滝と雪山

・車選び(軽自動車編)+α
滝と車

⑥その他

サイトマップ

・プロフ→江戸の切子

・情報のリサーチ→リンク集

・最近の活動
→ページ下の更新履歴より

・連絡→メールフォーム

滝色における滝色


(クリック→表示)

滝めぐりも今年で10年目になりますが、4年目のHP立ち上げ当初は「滝という場の良さ」を伝えたい気持ちが中心でした。

それから6年間。日本中に少しずつ『滝文化』が広まりを見せる中。僕の中では滝という美しく・空気が美味しい・開放的なフィールドにおける、冒険/アドベンチャー要素、また困難に挑戦し、自分の限界を乗り越え成長していくプロセスに面白みを感じています。

また名瀑を正しく巡礼することで得られる莫大なエネルギー、国内多地域の水系が統合され、理解が深まっていくときの知的な喜び体験。それらを幅広く包括しながら実践するのが、『滝色における滝色』であり、2018年現在はそのあたりを主軸でお伝えしています。

所感

ストレッチ

ツイストレッチは一部分しかやらなくなってしまいましたが、ストレッチは習慣化。足がつりにくくなり、ムーブが良くなってきました。

ザイルワーク

知識と技術が整理されてきました。

その他



*レポート 更新履歴*

<注意>
このサイトでは本当にお手軽な観光滝から、
道中で命を落す可能性のあるような
危険な場所まで幅広い滝を紹介しています。
滝へ行く際は充分な装備と心構えが必要です。

当サイトを参考にした結果による
事故やトラブルの責任は一切負えません。
十分お気をつけください。