バムバムコウ沢の滝

スポンサードリンク


いぼ石の滝【東京都 西多摩郡 檜原村 馬場】

用語集

訳のわからない言葉が多い場合はこちらを ↓↓↓

滝の記録

訪問日 2022年7月16日

活動の形態:1級沢登り (単独)/ バス

装備:8mm×30(1本), ミラーレス一眼(広角), フェルト足袋

感動度:けっこう~まあまあ

① 朝活

この日は単独で奥多摩へ

参議院選挙が終わり、国が動き始めた。

四谷拠点で動きが早く、武蔵五日市駅へ向かう。

いぼ石の滝で有名なこの沢は、
「バムバムコウ沢」という謎の名前がついており、
いったバムバムとはなんなのか?
を突き止めるのが目的。

バスで馬場で下車。

いぼ石の滝へは歩いて3分程度。

② いぼ石の滝

河原で入渓準備を済ませた後、撮影。

右側に見える大きな石が「いぼ石」

これから滝を登ろうかというタイミングで、
大型犬を連れた方々が数名現れた。

下段はII級+で登ると、
下から見えづらかった次の段。

意外と立っている。。

右側から取り付くが外傾しているのと、
上部では高さが出るのでなかなか悪い。

クライミングの練習不足が問題なのだが、
ガバ系のホールドに対する保持力もだいぶ甘くなっている。

3点支持を確実にして登り切った。
(III~III+ / 空四若草+)

その上には幅広の4m滝があり、
これを越えていぼ石の滝は終了。

3段16mとする。

③ 蜘蛛と光芒

その後滝場はなくなり、森の風景。

遡行者はまずいないので蜘蛛の巣が多い。
多すぎる。バムバムとはスパイダーなのか?

そんな仮説を立てながら進むと林道が現れてしまった。

内容がしょぼすぎて、
さらに先に進むか躊躇。

それでも人工物の用水路みたいな場所を越えて上流へ。

1ヶ所トイ状の4m滝を発見した。

他は特に見どころなく、水枯れ。

森の中に光芒が見えて、これは美しかった。

④ 詰めと謎の林道

右岸から脱渓を試みて、
尾根の反対からの下山を狙う。

そうしたら、地形図にない林道が見えてきて、
等高差 110m程度の詰めで終了。
これは、先ほどの林道の延長戦で降ったら合流。

指定介護老人福祉施設 桧原苑の横を通って、
桧原街道に出たのち再びいぼ石の滝で着替えを狙う。

⑤ バムバムの正体

そうしたら大型犬のスイム、家族連れの水遊びと、
夏のアクティビティでごった返していた。

100%着替えることはできなかったが、
20分程度で装備を切り替え。

あまりいいとこ無かったバムバムコウ沢に比べて
秋川の豊富な水の流れには癒された。

街道へと上がり、
駐車場を統括する土産物屋さんにて聞き込みを開始。

バムバムコウとは一体...?

そうしたら、すぐに意図が通じて、下記のことが判明

バス停の馬場は「ばば」ではなく「ばんば」と読む
ばんば地区の秋川の対岸にある沢なので「ばんば むこう」沢
・それが書き言葉としては「バムバムコウ」となっている

⑥ その後

じゃがいもアイスを購入。

食べながら、本宿のバス停を徒歩で目指した。

吉祥寺滝は「きっしょうじ」と読むらしい。
(この日は工事のため近寄れず)

本宿 → 武蔵五日市 → 四谷 (特快)と進み、
自宅に戻って来れたのがお昼の12時前。

数時間でデータベースと写真の統合を終え、
夕方からは仕事に取り掛かることができた。

完!

ログ

POINT

バムバムコウ沢を遡行する必要はない。

本来やるべきことを見失わずに滝の課題も解決する。

そんな活動を続けていきたい。

スポンサードリンク