釜川三ツ釜とヤド沢の滝

スポンサードリンク


三ツ釜とヤド沢の滝
【新潟県 十日町市 小出】

滝の記録

訪問日 2019年7月27日
活動の形態:3級上沢登り/上級滝めぐり (5人) / 車
装備:8mm×30m(1), 8mm×40m(1), 撮影機材, ドローン, 沢タビ
感動度:かなり~限りなく(25m滝)

用語集

訳のわからない言葉が多い場合はこちらを!


①渓谷と見立てる

人の人生を渓谷と見てみたとき、
ゴーロもあれば、ゴルジュもあり、
樹林帯もあれば、連瀑帯もある。

時に堰堤の建造、
並走する林道開発、
ゴミが捨てられることもあるかもしれない。

その自分の人生という名の渓谷を、
どう彩り、どう美しく、
豊かな理想の世界にしていくのか。

そうやって考えてみると、
「1つの滝活動」というのは、

参加者のそれぞれの人生が「滝」となって、
パノラマ滝を形成する、
その場とも見ることができる。

今回もまた、
豊かな人生渓谷をお持ちの皆さんと、
唯一無二の滝空間を作りたいと願い、
新潟へと向かった。

②好転した空

僕は2年前の黄蓮谷への代替案の時から、
計画に加わっていて、

皆さんの三ツ釜への憧れは、
それよりもずっと前からのことだと言う。

なかなか天気と折り合いが合わなかったヤド沢に、
今年は行けそうだと胸を踊らせる。

けれど、
集合場所の道路ステーションでは、
豪雨に降られ、暗雲がたちこめてしまう。

しかしヤド沢は大丈夫だと信じて、
「ぶーーん」っと西へ。

駐車スペースでは、
快晴が広がっていた!

③川に馴染む

沢へは、背丈の高い、
草々の中に踏み込まれた道を辿って、
数分で降りる。

僕らより先に進んだパーティは2組。

巨岩帯では沢に体を慣らしていく。

やがて淵が現れた際は、
右からも巻くことができるが、
あえて泳いで通過。

見た目ほど難しくはない。

この河川は釜川。

二俣として、左右に分かれて、
右に進むと、一気に内容が濃くなっていく。

④右俣で水と遊ぶ

4mの複瀑。

複瀑の「複」は複雑の「複」で、
僕が複雑な流れの滝を簡易的に
表現するために用いている。

左の壁に取り付いて、
引き剥がされないように粘って、
スタンスを置き換えて斜上。(III+)

ただ、誰もがフリーで来れる
ルートではなかったことと、
登った上がまた微妙な感じだったので、

皆さんは左岸の
残置ロープがあるところから、
通過してきた。

このあたり、今度はもう少し、
チーム全体が動きやすいルートを
見極めていきたい。


3m滝

5mCS滝は高巻き

やがて淵が現れて、

この狭くて深いトイ状小滝の先に、
3m滝が座っている。

ここは僕だけ左のリッジ(岩)を登攀。
(III)

出だしが少し細かいが、
ここは気持ち面によって、
取り付けるかどうかが肝心。

巻きは右岸。


その直後、川は屈曲し、
5m滝が深い淵を形成している。

ここはあっきーさんを先頭に、
泳ぎの後、左の階段状壁を突破。

河原

ここは長ーい淵になっていて、
BALさんを先頭に進んでいく。

とても綺麗で美しいところ。

緑の谷

⑤渓相の変化

この先、沢が狭くなり、
つっぱりムーブ主体で上流へ切り抜けていく。

僕はほぼほぼヘツリだけで通した。

(BALさんご提供)

3m滝にへばりつく。
(撮影用…笑)

(BALさんご提供)

大きな岩がお邪魔な箇所は、
岩の左側を選択。

途中ザックが引っかかってしまったが、

BALさんがヌメヌメスラブを
慎重に通過してくれて、

僕はザックを引き上げてもらい、
空身で下から通過。

いよいよという感じ。

⑥チャージ系 三ツ釜

桃洞九階的、
奥森吉のスラブを彷彿とさせる滝。

滝近くで、
カメラの水滴を飛ばすシュポシュポを、
川に落としてしまったが、
下流部でアンさんがナイスキャッチしてくれて、
事なきを得る。

滝前では大きく手を広げたり、
閉じたりして、何かを感じようと試みる。

大自然の壮大な空気からは、
チャージと浄化の両側面があるが、
この滝は「チャージより」な感じがした。

⑦登って上段

はてさて、
左岸の突き出た箇所を登っていくが、
終盤から傾斜が急になり、

およよ?

と、自分のスピードが
遅くなっていることに気づく。

剥がれかけて動く薄い岩、
足で踏んでいる動くジャリジャリ。

(BALさんご提供)

BALさんは一気に上まで行ってしまって、
なんとか僕もその後をついて登った。

後続の3名には
途中からロープを掴んでいただく。

そうすると上段の滝前!

ワイド!

一瞬の晴れ間をアイフォンで。

この滝は釜川右俣(千倉沢)とヤド沢が、
どちらも滝として合流していて、
一ノ瀬川と竜喰谷もおんなじ関係性。
(滝の規模感は別物)

踏み跡を辿って、
ヤド沢側へ向かった。

下にはまん丸の釜。

BALさんは接近

これまでは、釜川の右俣。

ここからいよいよヤド沢の冒険が始まる。

スポンサードリンク


⑧ヤド沢へようこそ

ヤド沢の1本目は
埴輪型のホットポールが不思議な滝。

ヌメっているが、左から直登する。

2段7mのナメ美瀑。

流れが綺麗

2段15m滝

上部では、青空が見えた。

15mのでっぱりある滝

ヤド沢のメイン滝の一本で、
光り輝く美しい場だった。

ナメの奥に13mスダレ滝。

このあたりは、 普通に巻くことができる。

⑨「どでん」とした滝

核心の25m、
奥まり、のっぺりとした滝!

この滝を筆頭に、
出っ張った滝や、埴輪の滝、
スダレ滝などカメラを出したい滝は多数。

けれど、今回僕らの人数は5名。

目的は、50m大滝。

この奥まり、のっぺりとした25m滝は、
僕にとってはどストライクの滝で、

これだけ近くに来れたのに
撮影できないせつなさ!


滝に向かって左側には、
トトロのようなリッジがあって、
その左には、クラックが水を落としている。

このクラックがルートのようで、
9~10m登った上部から途端に緩く、
問題は下部。

むしろ、途中までトトロリッジを登って、
水が流れるクラックへの横移動が、
できそうな気がしてきた。

⑩縁起

リッジを登っていくと、
一定の高さとなり、微妙なスタンスの中、
ハーケンを打ち込んで、ランニング支点を取る。

そこからさらに上を目指すが、
思っていたよりも悪く、途中で、
上へのルートがついえてしまう。

ここはルート模索をしながら、
左側に逃げるように進路を選んで、
クラックに左足をかけることができた。

(BALさんご提供)

そんな時、BALさんが、
よく覚えてはいないものの、
プラスの声をかけてくれて、

このルートで行けそうなんだ!

っていうように強く信じることができた。


参加者の5名はもちろんのこと、

滝いろを見てくれる方々、
滝人Collectionの読者さんや、
あっきーさんのインスタのフォロワーさん、
はんぺんさんやアンさんのお仕事の仲間たち、
関わる方その全ての方々。。。

そういった数えきれない方々に、
小さな何かをもたらすかもしれない一歩。


右足を大きく上げて踏み込み、
なんとかつないでいって、
上部の緩い地帯に繋げた。

上部ではまだ滝を登り切っていないが、
引っ張ったらロープがこなかったので、
もう一杯なのかと判断し、

ハーケンでビレイ支点を構築。
(1枚取り、途中でもう1枚から支点を追加)

実際は、40mロープはまだ余っており、
一部キンクしていたため、
僕が誤って判断してしまった。

(BALさんご提供)

皆さんにはアッセンダーや、
フリクションノットで上がってきていただく。

ここから最後の5m分も
ヌメリがあるナメだったので、
慎重に登ってロープを張った。

こうして5名が難所を通過。

⑪大滝に至る

続くトイ状8m滝と、
3段15m滝は右から巻き越して、
それが終わるとはるかな大滝の姿が。

物語はここに束ねられた。

大滝前の平和度は高く、
くつろげる空間なのは、
今回の目的地にふさわしかった。

遠望した時には、
軽く60mはありそうな規模感で、

そこのところは、
上部がナメなので近づくと、
非常に縮こまって見えてしまっている。

黒光る下部の岩盤が強く印象に残った。

⑫たかまかない

今回は大滝を高巻きせずに、
なんとか手前で林道に出れないか模索。


はんぺんさんが
ドローンを使って、偵察。

この辺りは、沢屋にはできない
僕らならではの、アプローチ。

そうすると、場所によっては、
大滝手前の左岸が這い上がれそうなことが判明。


スラブに阻まれて登れなかった場合は、
野宿が確定してしまうが、
戻って左岸に取り付いていく。

120mほど高度を上げることにはなったが、
著しく険しいパートはなく、
尾根につきあがることができた。


そこから林道へは実は谷状の地形があって、
意外なほど深く、藪も半端ではない。

なので、尾根をゆるく登り続けて、
林道に出てしまうことにした。

林道に入ると途中で完全に日没。


完!!!

⑬その後

今回は手ぬぐいを忘れてしまって、
後頭部を蚊やブヨに大量に刺されて、
ボコボコになるという現象が起きました。

その後、
お風呂ニュー・グリーンピア津南
に入って、帰路へ。

終電がなくなったので、BALさんには
自宅付近まで送っていただいてしまいました。


ヤド沢大滝に行く、
遡行グレードは多くのレポでは3級上。

核心は奥まった、
のっぺり25m滝であり、
この滝の存在が遡行グレードを、
1級分上に押し上げてます。

⑭型と空気

自分の人生を渓谷に見立て、
それを豊かにしようと思ったならば、

必ずしも滝ばかり行っていて
素晴らしい渓谷になるとは限らず、
直結はしない
んだけれども、

しかし、行くことで、

どういう渓谷が素晴らしいのかとか、
どういうところに美の法則性があるのかとか、
調和感とか、「正解の型・空気」を、
知ることができます。


今回、皆さんと作れた空間は、
能力と知恵と経験が結集し、
日帰りで大滝の一筆書きが描けた、
広々とした優雅なパノラマ滝でした。

スポンサードリンク