季節ごとの滝風景と動き方

春夏秋冬...

日本列島に繰り返し訪れる、
春・夏・秋・冬の時の中で、
移り変わる滝の様子を並べてみます。

スポンサードリンク

(注1)地域・その年の積雪量・
気象状態等で滝の様子は大きく異なります。

(注2)ここでとりあげた滝の半分は
到達するためには実力が必要です。

1月の滝

本格的な冬シーズンが始まります。
北関東では氷瀑巡りも行えます。
スタッドレスタイヤが必要です。

グミの滝
2016年。

安倍大滝
2013年。

雲竜瀑
2014年。

2月の滝

氷瀑が観れる季節です。

暖かい地域では
2月でも雪が降っていません。

御滝
2016年。

中止の滝
2014年。

轟九十九滝
2013年。

~春~

3月の滝

個人的に稼働が少ない月の1つです。

黄金の滝
2015年。

火打沢大滝
2014年。

4月の滝

地域によっては雪は減ってきますが、
まだ気温は冷たく、毎年活動量が少ないです。

寂光滝
2013年。

天狗滝
2016年。

小菅 雄滝
2014年。

5月の滝

南関東・紀伊半島では
本格的な滝シーズン到来です。
雪解け水によって水量が多い滝も多いです。

昇竜滝
2016年。

伊勢沢大滝
2013年。

夢幻滝
2015年。

~夏~

6月の滝

後半は1年で一番日が長く、
豪雪地帯以外の多くの地域で活動できます。

雄滝
2015年。

五色滝
2013年。

7月の滝

気温も暖かくなり、日も長く、
最高の滝シーズンです。

天女滝
2015年。

世附 大棚
2014年。

ハナゲの滝
2015年。

8月の滝

気温が一番高く、
地域によっては暑く感じることも。
東北や北海道・豪雪地帯の滝を見に行けます。
梅雨が終わり雨が少ないので水量不足の滝も。

惣滝
2015年。

スポンサードリンク

~秋~

9月の滝

少し涼しくなり、
体の感覚も良くなって、
実は一番活動しやすい時期。

豆焼沢両門滝
2014年。

五老ヶ滝
2015年。

10月の滝

後半になると寒くなってきます。
紅葉のシーズンの始まりです。

法体の滝
2013年。

澗満滝
2014年。

11月の滝

紅葉のシーズンは続きますが、
どんどん活動範囲が狭まり、
だいたい11月で滝の活発なシーズンは終わりとなります。

白猪の滝
2013年。

御来光の滝
2013年。

~冬~

12月の滝

一部のアクティブな方は
12月もがんがん活動します。
1年間で最も日が短いので、
行動できる時間は限られます。
僕にとってはオフシーズンです。

金引の滝
2012年。

華厳の滝
2012年。

鶏淵の滝
2016年。