東京の滝

下記①~③のいずれかで滝をリサーチできます。

概要

東京都の滝は
『奥多摩』に集中しています。

40mを越えるような滝はほとんどなく、
小規模から中規模の滝が数多くあります。

具体的な水系と市区町村

多摩川の上流域になります。

多摩川の上流域、奥多摩町と、
大支流 秋川が流れる檜原村

東京の滝といえば、
この2つの市区町村がほぼ全てです。

壱 グレード別 東京の滝

Step1 一般的な滝めぐり

(クリックして表示)
(クリックして表示)

Step2 中級滝めぐり

(クリックして表示)
(クリックして表示)

Step3 上級滝めぐり / 初級の沢

(クリックして表示)
(クリックして表示)

スポンサードリンク

弐 東京の滝 感動度分布

東京都の滝 (146)


感動レベル5 1本:百尋

感動レベル4.5 3本:速滝海沢大滝カロー大滝

感動レベル4 3本:鷹ノ巣谷大滝雨乞滝天狗滝・沖の滝

三 東京の滝 水系データベース

多摩川水系 (138km)

山梨→東京→東京-神奈川

全区間の85.7%は東京都。
下流部は神奈川と県境。

A 奥多摩湖の支流

A1 峰谷川 (4.1km+ボウズ谷)

A1-1 雨降川=長久保沢 (2.5km)

雨乞滝 ~巨樹と滝~

   
ここまで個性的な滝前の木は少ない。
水系 所在地
峰谷川-雨降川長久保沢 西多摩郡-奥多摩町-留浦不動滝・小ゴルジュの滝・長久保沢雨乞滝
峰谷川-雨降川-棚沢 棚沢の滝

B 奥多摩湖~日原川間

B1 水根沢 (6km)

水根沢の滝

気分によって泳ぎ度を選べる。
水系 所在地
多摩川-水根沢 西多摩郡-奥多摩町-水根 2連瀑(1m+3m)・2条3m滝・2mcs・3m滝・トイ状4m滝・2段8m滝半円の滝(*沢*)
(クリックして表示)
   
上流から目指したが到達困難。
水系 所在地
多摩川-小中沢 西多摩郡-奥多摩町-境不動滝・不動の上滝

C 日原川 (20km にっぱら)

(クリックして表示)
雪に阻まれて撤退。
水系 所在地
日原川-唐松谷 西多摩郡-奥多摩町-日原 唐松谷F1
(クリックして表示)
   
コンデジ紛失も雪の上に落ちていた!
水系 所在地
日原川-マミ谷 西多摩郡-奥多摩町-日原F1

C3 巳ノ戸谷 (2.4km みのと)

巳ノ戸谷の滝

滝もよく、沢登り中級者には楽しめる沢
水系 所在地
多摩川-日原川-巳ノ戸谷 西多摩郡-奥多摩町-日原 巳ノ戸大滝(*沢*)
(クリック→表示)
忌山の悪場(2m・3m・3m・4m・8m・3m・6m)・4m釜滝・端正な6m滝幅広4m苔滝・5m滝・3m滝・2段6m滝 //支流 五平窪 スダレ状15m滝 / 孫七窪 2段15m滝 / 蛸口窪 出合滝 / 忌山の悪場内支沢 2段20m滝

C4 小川谷 (8.2km)

(クリックして表示)
鍾乳洞近くで河原に降りて近づくとある小滝。
水系 所在地
日原川-小川谷 西多摩郡-奥多摩町-日原 4m滝

-カロー谷 (2.7km)

カロー大滝

少し雨が降った後。右岸の張り出しも良く満足。
水系 所在地
小川谷-カロー谷 西多摩郡-奥多摩町-日原 7m布状の滝7m滝・2段5m滝・カロー大滝(水量多めの時)

C5 鷹ノ巣谷 (2.7km)

鷹ノ巣谷 大滝

鷹ノ巣谷の大滝はもっと行かれても良い名瀑
水系 所在地
日原川-鷹ノ巣谷 西多摩郡-奥多摩町-日原 鷹ノ巣谷の滝 (*沢*)
(クリック→表示)
2段4m滝・トイ状5m滝・8×12m滝・2条の滝・トイ状小滝・小滝(堰堤と一体化)・3m斜滝・2段4m滝・3段の連瀑・3段12m滝・鷹ノ巣谷大滝 / 水ノ戸沢:2m滝・4m滝・小ゴルジュ2段の滝・2条の滝・幅広滝

C6 川乗谷 (6km)

百尋の滝・聖滝

     
聖滝のゴルジュと途中の滝々、そして貫禄の百尋。
水系 所在地
日原川-川乗谷 西多摩郡-奥多摩町-氷川聖滝・2条の滝・5m滝(竜王橋下)・直滝(下百尋)長滝・3m滝・2連の滝・百尋の滝 (+火打石谷横ガ谷 15m滝 / ウスバノ細滝)

-逆川 (2.6km)

逆川の滝

面白いが登攀スキルは必要。
水系 所在地
川乗谷-逆川 西多摩郡-奥多摩町-氷川 逆川の滝群(*沢*)
(クリック→表示)
2段10m滝・3mcs・3m滝・2m滝・4m滝・3m滝・2条3m滝・7mナメ滝・3m滝・3段10m滝・4m滝・10m大滝・8m滝・3m滝 / 逆川左俣:3連のナメ・25m大滝 / 大ダワ沢:5m滝 / 逆川右岸支流:5m滝

D 日原川~平井川間

D1 海沢川 (6km)

2度の探訪

 
原点の場所の1つ。
水系 所在地
多摩川-海沢川 西多摩郡-奥多摩町-海澤 三ツ釜の滝ネジレの滝・海沢大滝

-井戸沢 (2.05km)

 
水系 所在地
多摩川-海沢川-井戸沢西多摩郡-奥多摩町-海澤 3段F1(天狗岩の滝)

D2 入川谷 (5.4km)

新緑の速滝

   
居心地の良い上段滝前。
水系 所在地
多摩川-入川谷西多摩郡-奥多摩町-小丹波 銚子滝・外道滝・速滝
多摩川-入川谷-布滝沢 布滝
(クリックして表示)
棒ノ嶺下山後に。
水系 所在地
多摩川-大丹波川 西多摩郡-奥多摩町-大丹波 魚止の滝
多摩川-大丹波川-権次入沢 5m滝

E 平井川 (16.5km)

あきる野市と福生市の境界線で多摩川に合流。

(クリックして表示)

雨乞と白岩

 
和風テイスト
水系 所在地
多摩川-平井川-タルクボ沢 西多摩郡-日の出町-大久野 入口の滝・雨乞橋の滝・雨乞の滝白岩の滝

F 秋川 (37.6km)

F1 本流(南秋川)

(クリックして表示)
雪積もる中眺める。
水系 所在地
秋川-南秋川-三頭沢 西多摩郡-檜原村-数馬 三頭大滝
(クリックして表示)

秋川に降りるまでの遊歩道がよく滑る。
水系 所在地
南秋川-左岸支沢 西多摩郡-檜原村-数馬 竜神の滝

F1-3 矢沢 (4.9km)

-軍刀利沢 (1.6km)

軍刀利沢の滝

沢初級者でも楽しめるはず。
水系 所在地
南秋川-矢沢-軍刀利沢 西多摩郡-檜原村-南郷 軍刀利沢の滝(*沢*)
(クリック→表示)
2m滝・2段7m滝・5m滝・3mCS・S字8mナメ滝・2段15m大滝・5mナメ滝・シャワー7m滝・4m滝・6m滝(残置)・6m滝(右にロープ)10mナメ滝・黒光るナメ滝・四角いCS滝

吉祥寺・中山

南秋川および秋川の本流瀑
水系 所在地
南秋川本流 / 秋川本流 西多摩郡-檜原村-本宿 / 西多摩郡-檜原村-下元郷 吉祥寺滝 / 中山の滝

F2 北秋川 (10.4km)

F2-1 滝の沢 (1.1km)

1 花水の滝

   
4月に水は足りない。
水系 所在地
秋川-北秋川-滝の沢 西多摩郡-檜原村-樋里花水の滝

F2-2 神戸川 (5.5km)

(クリックして表示)
水系 所在地
神戸川=赤井沢-左岸支流 西多摩郡-檜原村-神戸 7mナメ滝(細い)
神戸川=赤井沢-クドレ沢 2段4m滝(橋下)・4m滝・2段6滝

神戸岩の滝

   
神戸岩のゴルジュは面白く真夏は泳ぎも可。
水系 所在地
北秋川-神戸川 西多摩郡-檜原村-神戸神戸岩の滝 (3mナメ・2連CS・4m滝)

-水ノ戸沢 (3.5km みのと)

サカサオッパの滝

サカサオッパ手前は少し急登。
水系 所在地
神戸川-水ノ戸沢 西多摩郡-檜原村-神戸 5mナメ2段5m滝2段6m不思議な滝8mナメ滝
水ノ戸沢-右岸支流 2段6m滝・ナメ滝連瀑・サカサオッパの滝

F2-3 八割沢 (1.7km)

沖の滝 ~驚異の大岩壁~

この滝の左岸巻きは東京最難で断念。右岸から稜線へ。
水系 所在地
秋川-北秋川-八割沢 西多摩郡-檜原村-三都郷 1条1m小滝・2段3mCS滝・3段2.5m滝 / 左岸支流(右俣):沖の滝

F2-4 千足沢 (2km)

天狗と綾 ~4度訪問(09,16,17,18)~

年による表情の違いを実感。
水系 所在地
秋川-北秋川-千足沢 西多摩郡-檜原村-三都郷 小天狗の滝天狗滝(最上段 2条5m滝含む)綾滝

F2-5 茅倉沢 (1.4km)

(クリックして表示)
 
水系 所在地
秋川-北秋川-茅倉沢西多摩郡-檜原村-三都郷 茅倉の滝

F2-6 セト沢 (3.3km)

ほっさわの滝

2018年の氷瀑は85%程度の状態を見ることができた。
水系 所在地
秋川-北秋川-セト沢 西多摩郡-檜原村-本宿 忠助淵・払沢の滝 (日本の滝100選)

F3 養沢川 (7.3km ようざわ)

御嶽山の滝

 
滝見ハイキングコース。
水系 所在地
秋川-養沢川-御岳沢青梅市-御岳山 御岳山の滝 (七代の滝綾広の滝)

F3-2 大岳沢 (4.3km)

大岳沢の大滝

 
東京の跳ね滝
水系 所在地
秋川-養沢川-大岳沢 西多摩郡-檜原村-大嶽 大岳沢大滝

F4 盆堀川 (8km)

F4-1 刈寄川 (3.5km) -逆川 (3.2km)

金剛の滝

 
狭いトンネルを潜って滝前に!
水系 所在地
盆堀川-刈寄川-逆川 あきる野市-小和田 金剛の滝(雌滝・雄滝)

G 浅川 (30km)

日野市で多摩川に合流する支流。

G1 南浅川 (10.6km)

- 前ノ沢 (2.7km)

 
高尾山上り下りのどちらかはびわ滝コースで。
水系 所在地
浅川-南浅川-案内川-前ノ沢 八王子市-高尾町 びわ滝
 
水系 所在地
多摩川-谷沢川(等々力渓谷)湧水 世田谷区-等々力 不動の滝

 
(未カウント)
水系 所在地
名主の滝公園内 北区-岸町 女滝・独鈷の滝・湧玉の滝・男滝

四 個人的滝巡り度

現状の訪瀑度合い

72.5%

今後の課題:
・日原上流 唐松谷
・小川谷 マイモーズ
・秋の徳兵衛

年度別訪瀑回数

2018年:2回 (払沢等・八割沢+つづら岩)
2017年:3回 (オッパ・つづら岩・カロー)
2016年:2回 (つづら岩・水根沢)
2015年:3回 (巳ノ戸・軍刀利・鷹ノ巣)
2014年:1回 (唐松など)
2013年:3回 (高尾・金剛など・長久保)
2011年:1回 (百尋)
2010年:1回 (海沢)
2009年:1回 (天狗・綾・払沢)


スポンサードリンク