100選の滝

スポンサードリンク

2つの百選

このページでは、
「新日本観光地100選(瀑布部門)と
「日本の滝100選」に選ばれている滝を整理します。

その1 新日本観光地100選 (1950年)

第二次世界大戦後の、
昭和25年に毎日新聞社が企画し、
同年10月11日に決定。

ジャンルは瀑布(滝)部門の他に、
海岸・山岳・湖沼・温泉・渓谷・河川・平原・建造物・都邑がある。

それぞれの部門の
トップ10が100選として選ばれた。

瀑布部門1〜10位

1位 赤目四十八滝 (三重)

2位 袋田の滝 (茨城)

3位 白糸の滝 (静岡)

4位 浄蓮の滝 (静岡)

5位 関之尾滝 (宮崎)

6位 秋保大滝 (宮城)

7位 養老の滝 (岐阜)

8位 箕面の滝 (大阪)

9位 黒山三滝

10位 奈曾の白滝

以下の100選に選ばれていないのは、

9位の黒山三滝と、
10位の奈曾の白滝の2つだけです。


その2 国の名勝の滝&渓流

特別名勝

奥入瀬渓流 青森県

御岳昇仙峡

名勝

奈曽の白瀑谷

秋保大滝

袋田の滝及び生瀬滝

華厳瀑及び中禅寺湖

白糸の滝

称名滝

米子大瀑布

阿寺の七滝

赤目の峡谷

神庭瀑

尾鈴山瀑布群

スポンサードリンク


その3 日本の滝100選 (1990年)

現在の滝の世界で最もスタンダードな
指標になっている選ばれた100本の滝。

素晴らしい滝が多いのは事実ですが、
選考の際には知名度やバランス、
選考委員の出身地で選ばれたりなど、

純粋に日本を代表する滝100本かといえば、
けしてそうとは言えません。

日本にはここにはない素晴らしい滝が
数多く野に埋もれており、

そこに滝という
フィールドの奥深さ
があります。

ちなみに管理人が自分で選んだのは

自推100選

以下は選ばれている100選を地域別に

北海道 6本

東北 15本

青森県 2本

岩手県 1本

秋田県 4本

宮城県 2本

山形県 3本

福島県 3本

関東 10本

東京都 1本

神奈川県 2本

洒水の滝

埼玉県 1本

群馬県 3本

常布の滝

吹割の滝

栃木県 2本

華厳の滝

茨城県 1本

袋田の滝

甲信越 9本

山梨県 3本

長野県 3本

新潟県 3本

北陸 3本

富山県 1本

石川県 1本

福井県 1本

東海 11本

静岡県 3本

浄蓮の滝

白糸の滝 &...

音止の滝

愛知県 1本

三重県 3本

赤目四十八滝

岐阜県 4本

養老の滝

スポンサードリンク

近畿 14本

滋賀県 1本

京都府 1本

大阪府 1本

箕面の滝

奈良県 4本

中ノ滝

笹の滝 (未訪瀑)

和歌山県 3本

兵庫県 4本

中国 7本

鳥取県 2本

岡山県 1本

広島県 1本

島根県 2本

山口県 1本

四国 8本

徳島県 3本

高知県 3本

愛媛県 2本

九州 17本

大分県 4本

佐賀県 2本

熊本県 4本

宮崎県 4本

真名井の滝

鹿児島県 2本

大川の滝 (未訪瀑)

沖縄県 1本

マリュドゥの滝 (写真無し)